年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク

内藤みか 作家
更新日:2021-05-06 06:00
投稿日:2021-05-06 06:00
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオトナメッセージへの好感度が爆上がりしているのです。特に年下男子が年上女性からのオトナLINEに陥落しています。どのようなメッセージが好印象なのでしょうか。

綺麗な日本語が愛される

美しい日本語のLINEが人気(写真:iStock)
美しい日本語のLINEが人気 (写真:iStock)

 私自身、もはやアラフォー通り越してアラフィフになってしまったのですが、20代男子とLINEをすると「すごく文章が素敵なので、もっとやり取りしたいです」と絶賛されています。これは私が物書きで文章が上手だからというわけではなく、ごく普通の日本語を使っているだけなので、誰でもできることです。

 たとえば、外が快晴だった場合、「今日はいいお天気ね」と普通に書きますが、それだけでも上品な文章ですね、とすごく喜ばれてしまうのです。若い女の子だと「いい天気だねー!」などと元気のいいタメ口を送ってくるそうで、男性はそれを乱暴に感じてしまうのだとか。

もうスタンプはいらない

 今までの社会は、インスタ映えにも近い、見た目に華やかなLINEがモテる傾向にありました。「これ食べたよ」「ここに行ったよ」などという楽しげな報告が画像と一緒に送られてきたり可愛いスタンプが連打されてきて、それに「いいね」と反応するような感じだったのです。

 けれどあまり外出しない社会になり、そうした賑やかなメッセージは時代にそぐわなくなってしまいました。面白楽しいスタンプも、うまくマッチしなくなってきたのです。そしてあまり変わりばえしなくなった日常の中で、男性たちは美しい日本語に強い憧れを持つようになっています。

どうして綺麗な日本語が好きなの?

「すてき!」よりも「すてきね!」(写真:iStock)
「すてき!」よりも「すてきね!」 (写真:iStock)

 20代の男性たちは、なぜ綺麗な日本語に好感を抱くようになったのでしょう。それは彼らの周囲の20代女性たちの日本語が、くだけていてあまり綺麗に感じないからだそうです。確かに、とても楽しそうな文体ではありますが、美しい日本語かというとそうではないでしょう。

 なので、若い男性たちにとって、綺麗な日本語、たとえば「です」「ます」などをきちんと使いこなす存在は、もはや希少なものとなっていて、実際にそうした言葉を使ってメッセージをしてくるオトナの年上女性がいると、ときめいてしまうのです。そしてそうした日本語を目にすると、とても気持ちが落ち着くのだとか。

綺麗な日本語に見えるテク

 ではどうしたら綺麗な日本語に見えるのでしょうか。それにはちょっとしたコツがあります。とても大切なのは語尾です。「です」「ます」などのしっかりとした文末も大切ですが、さらに好印象にするには最後に「ね」を付けることなのです。たとえば普段「すてき!」と書くところを「すてきね!」と書いたほうがより柔らかく美しくなるのです。

 急に美しい日本語を使いこなすようになるのは難しくても、最後に「ね」を使うことだけ意識するだけでも、男性の印象は変わります。語尾が柔らかくなると、優しい印象を男性に与えることができるのです。

控えめがアピールになる時代

相手を思いやる言葉に癒しを感じる男性多数(写真:iStock)
相手を思いやる言葉に癒しを感じる男性多数 (写真:iStock)

 気軽に出歩き、誰かと会うということが難しい状況の時は、メッセージの重要度はかなり高くなります。乱暴な言葉や派手なスタンプで相手を驚かせる女性よりも、まろやかな言葉で相手を和ませられる女性のほうが優位に立つようになってきています。

 また、丁寧な日本語を使う女性は、控えめな印象を相手に与えることができます。何かと不安な毎日のなか、「私を見て!」とばかりにスタンプをたくさん送ってくる女性よりも「この間カゼっぽいと言っていたけど大丈夫だったの?」と相手を気遣うことができる言葉を送る女性のほうが、男性の心をほっとさせ、彼らのほうから「もっとお話ししたいです」と言いたくなるのです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「不倫の第一歩」突然の雨、幼稚園、職場…当事者たちが振り返る瞬間5つ
 いけない恋愛だと分かっていながらも不倫に足を踏み入れてしまう男女。そもそもの出会いやきっかけはなんなのでしょうか? 不...
恋バナ調査隊 2024-03-04 06:00 ラブ
彼の“最初で最後の女”になれる♡ 結婚相手に「童貞クン」を選ぶメリット
 彼氏が童貞だと知ったらあなたはどう思いますか?「女性に慣れていないから不安」「今までの反動で結婚してから浮気しそう」な...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
「良好だけど円満ではない」冷え切っていても妻を抱く48歳男の虚無感
「冷酷と激情のあいだvol.184〜女性編〜」では、結婚8年目を迎えた夫が「40代の女性は性欲が旺盛」と思い込んでいるこ...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
私は家政婦兼風俗嬢?「40女は性欲旺盛」を信じる夫に疲れた43歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
なぜ妻が妊娠中に女遊びしたの? サイテーな夫たちの言い訳と末路
 妻の妊娠中に女遊びをする男性は多い模様。妻としては「一番大変な時期にどういうつもり?」と怒りたくなるでしょう。  身...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
電車同様、彼氏の乗り換えにもコツが必要!?  男女の“つら修羅場”回避術
 彼氏がいながらも、他に好きな人ができる場合もあるでしょう。今回はそんなときの“彼氏を乗り換えるコツ”をご紹介。 電車の...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
体の相性が良すぎるって何で判断するの? 運命の相手を感じた男女の話
「体の相性がめちゃくちゃいい!」なんて声をたまに耳にしますが、なにをもって「相性が良い」と感じるのか疑問を抱いている人も...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
春のアプリデビューで幸せを掴む人、掴めない人に3つの違い
 すっかり世の中に浸透した感のあるマッチングアプリ。もうすぐ春なので、マッチングアプリデビューする人も少なくありません。...
内藤みか 2024-02-29 06:00 ラブ
既婚者合コンの怖~い話 行かなきゃ良かったを回避するためにすべきこと
 すでに結婚している男女が交流する“既婚者合コン”に興味がある人もいるのではないでしょうか? 「友達がほしい」「社会と...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
婚活は「同時進行」が当たり前 運命の出会いに制限かける必要はない!
 あなたはどんな婚活の仕方をしていますか? 「彼がダメだったら次の出会いを探そう」と、1人ずつに丁寧に向き合っている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
夫の無題外泊=浮気とは限らないらしいけど、その言い分信じていいの?
 夫が無断外泊したら「女と遊んでるんだ」と浮気を疑ってしまいますよね。ですが、必ずしも浮気とは限らないようです。  事...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
男女カップルに聞いた! 自宅のお風呂に一緒に入るのはアリorナシ?
 あなたは彼氏と一緒にお風呂に入りますか? 恥ずかしさから抵抗がある人もいれば、一緒に入ることが当たり前になっている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ