年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク

内藤みか 作家
更新日:2021-05-06 06:00
投稿日:2021-05-06 06:00
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオトナメッセージへの好感度が爆上がりしているのです。特に年下男子が年上女性からのオトナLINEに陥落しています。どのようなメッセージが好印象なのでしょうか。

綺麗な日本語が愛される

美しい日本語のLINEが人気(写真:iStock)
美しい日本語のLINEが人気 (写真:iStock)

 私自身、もはやアラフォー通り越してアラフィフになってしまったのですが、20代男子とLINEをすると「すごく文章が素敵なので、もっとやり取りしたいです」と絶賛されています。これは私が物書きで文章が上手だからというわけではなく、ごく普通の日本語を使っているだけなので、誰でもできることです。

 たとえば、外が快晴だった場合、「今日はいいお天気ね」と普通に書きますが、それだけでも上品な文章ですね、とすごく喜ばれてしまうのです。若い女の子だと「いい天気だねー!」などと元気のいいタメ口を送ってくるそうで、男性はそれを乱暴に感じてしまうのだとか。

もうスタンプはいらない

 今までの社会は、インスタ映えにも近い、見た目に華やかなLINEがモテる傾向にありました。「これ食べたよ」「ここに行ったよ」などという楽しげな報告が画像と一緒に送られてきたり可愛いスタンプが連打されてきて、それに「いいね」と反応するような感じだったのです。

 けれどあまり外出しない社会になり、そうした賑やかなメッセージは時代にそぐわなくなってしまいました。面白楽しいスタンプも、うまくマッチしなくなってきたのです。そしてあまり変わりばえしなくなった日常の中で、男性たちは美しい日本語に強い憧れを持つようになっています。

どうして綺麗な日本語が好きなの?

「すてき!」よりも「すてきね!」(写真:iStock)
「すてき!」よりも「すてきね!」 (写真:iStock)

 20代の男性たちは、なぜ綺麗な日本語に好感を抱くようになったのでしょう。それは彼らの周囲の20代女性たちの日本語が、くだけていてあまり綺麗に感じないからだそうです。確かに、とても楽しそうな文体ではありますが、美しい日本語かというとそうではないでしょう。

 なので、若い男性たちにとって、綺麗な日本語、たとえば「です」「ます」などをきちんと使いこなす存在は、もはや希少なものとなっていて、実際にそうした言葉を使ってメッセージをしてくるオトナの年上女性がいると、ときめいてしまうのです。そしてそうした日本語を目にすると、とても気持ちが落ち着くのだとか。

綺麗な日本語に見えるテク

 ではどうしたら綺麗な日本語に見えるのでしょうか。それにはちょっとしたコツがあります。とても大切なのは語尾です。「です」「ます」などのしっかりとした文末も大切ですが、さらに好印象にするには最後に「ね」を付けることなのです。たとえば普段「すてき!」と書くところを「すてきね!」と書いたほうがより柔らかく美しくなるのです。

 急に美しい日本語を使いこなすようになるのは難しくても、最後に「ね」を使うことだけ意識するだけでも、男性の印象は変わります。語尾が柔らかくなると、優しい印象を男性に与えることができるのです。

控えめがアピールになる時代

相手を思いやる言葉に癒しを感じる男性多数(写真:iStock)
相手を思いやる言葉に癒しを感じる男性多数 (写真:iStock)

 気軽に出歩き、誰かと会うということが難しい状況の時は、メッセージの重要度はかなり高くなります。乱暴な言葉や派手なスタンプで相手を驚かせる女性よりも、まろやかな言葉で相手を和ませられる女性のほうが優位に立つようになってきています。

 また、丁寧な日本語を使う女性は、控えめな印象を相手に与えることができます。何かと不安な毎日のなか、「私を見て!」とばかりにスタンプをたくさん送ってくる女性よりも「この間カゼっぽいと言っていたけど大丈夫だったの?」と相手を気遣うことができる言葉を送る女性のほうが、男性の心をほっとさせ、彼らのほうから「もっとお話ししたいです」と言いたくなるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ