いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選

内藤みか 作家
更新日:2021-04-15 06:00
投稿日:2021-04-15 06:00
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくありません。けれどメッセージで男性をドン引きさせてしまうパターンもあるようです。どのような内容がNGを食らいやすいのでしょうか。

いきなり結婚を迫られる

待って!!ねえ、ちょっと!!(写真:iStock)
待って!!ねえ、ちょっと!! (写真:iStock)

 まずは、いきなり結婚前提で交際を申し込むこと。これが男性にとっては脅威だそうです。「まだ写真でしか相手のことがわからないし、実際に会ってみないとなんとも言えない」というのが、男性側の本音なのです。

 ではどうしてそんなに急いで逆プロポーズのようなことをしてしまう女性がいるかというと、その男性が高収入だったりルックスが良かったりと自分の条件に合っているため。他の女性に持っていかれる前に、と焦っているのです。けれどいきなりガツガツ来られたら男性も怖がってしまうので、彼が会いたい気持ちになり誘ってくるのを待つ心の余裕がほしいところです。

男性にたかろうとする

年収リサーチはマストでしょ(写真:iStock)
年収リサーチはマストでしょ (写真:iStock)

 次に男性が引くのが、ゴチ目的の女性です。「美味しいお寿司に連れて行ってもらいたいな」、「イタリアンをご馳走してくれる?」などと、会う際に高級な料理を要求してくる女性がいるのだとか。アラサー、アラフォーでも「おごってくれるのなら会ってもいいけど」という女性がいるのだとか。

 男性側からすれば、こちらが支払うことを当然のように思っている女性の態度は、面白くはありません。自分ではなく、豪華な食事のほうが目的なのではないかと勘繰ってしまうこともあるでしょう。それに第一印象が今ひとつだった場合は、お互いに長時間食事を共にする意味が見出せないでしょう。初めて会う時はお茶だけにするのがベターかもしれません。

学歴や収入を尋ねてくる

 また、婚活用アプリではない、友達作り用のアプリであっても、結婚前提の交際を求める女性が後をたたないそうです。もし本当に結婚を目的としているのなら、遊び目的の男性も混じるようなアプリではなく、婚活中の人が100%というような本格的なものを選んだほうがいいでしょう。軽く遊ぶつもりの男性に結婚を求めても、うまくいく可能性はあまり高くはないからです。

 そして男性が閉口するのは、親しくなる前から学歴や収入について質問されること。高学歴や高収入の男性は人気がありますが、無遠慮にそこを尋ねるのはやはり失礼というもの。そして質問する女性のほうは自分の学歴や収入について秘密にすることもあるため、どうしてこちらだけが教えなくてはならないんだと男性側は不満に思ってしまうのです。

落ち着いて恋活・婚活を

ダメならダメで、リセットしよう(写真:iStock)
ダメならダメで、リセットしよう (写真:iStock)

 ここまで結婚や交際を急ぐ女性が増えている理由のひとつには、リモートワークの増加による孤独もあるようです。ずっと家にひとりでいて誰とも話をしないのは寂しい、誰かと結婚して家庭を持ちたいと考える人が大勢出てきたのでしょう。また、生活不安もあるため、結婚して余裕ある暮らしを希望しているのでしょう。

 ふたりで一緒に住めば家賃や光熱費を折半できるし、確かに結婚したらオトクな面は色々ありそうです。けれど、交際期間もほとんどないまま急いで籍を入れると、後から「こんなはずじゃなかった」ということが起きるリスクも。まずは週末同棲などで、一緒に暮らしたらどんな感じになるのか試してみてからでも遅くはありません。

 そして、事態が落ち着くまではと婚活を控えている男性もいます。会社から不要不急の外出を控えるようにと言われている人もいるのです。結婚は一生のことなので、気持ちに余裕を持って行動しましょう。いい人がいれば結婚すればいいし、ピンと来る人がいなかったら、無理して急いで結婚する必要もないのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ