いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選

内藤みか 作家
更新日:2021-04-15 06:00
投稿日:2021-04-15 06:00
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくありません。けれどメッセージで男性をドン引きさせてしまうパターンもあるようです。どのような内容がNGを食らいやすいのでしょうか。

いきなり結婚を迫られる

待って!!ねえ、ちょっと!!(写真:iStock)
待って!!ねえ、ちょっと!! (写真:iStock)

 まずは、いきなり結婚前提で交際を申し込むこと。これが男性にとっては脅威だそうです。「まだ写真でしか相手のことがわからないし、実際に会ってみないとなんとも言えない」というのが、男性側の本音なのです。

 ではどうしてそんなに急いで逆プロポーズのようなことをしてしまう女性がいるかというと、その男性が高収入だったりルックスが良かったりと自分の条件に合っているため。他の女性に持っていかれる前に、と焦っているのです。けれどいきなりガツガツ来られたら男性も怖がってしまうので、彼が会いたい気持ちになり誘ってくるのを待つ心の余裕がほしいところです。

男性にたかろうとする

年収リサーチはマストでしょ(写真:iStock)
年収リサーチはマストでしょ (写真:iStock)

 次に男性が引くのが、ゴチ目的の女性です。「美味しいお寿司に連れて行ってもらいたいな」、「イタリアンをご馳走してくれる?」などと、会う際に高級な料理を要求してくる女性がいるのだとか。アラサー、アラフォーでも「おごってくれるのなら会ってもいいけど」という女性がいるのだとか。

 男性側からすれば、こちらが支払うことを当然のように思っている女性の態度は、面白くはありません。自分ではなく、豪華な食事のほうが目的なのではないかと勘繰ってしまうこともあるでしょう。それに第一印象が今ひとつだった場合は、お互いに長時間食事を共にする意味が見出せないでしょう。初めて会う時はお茶だけにするのがベターかもしれません。

学歴や収入を尋ねてくる

 また、婚活用アプリではない、友達作り用のアプリであっても、結婚前提の交際を求める女性が後をたたないそうです。もし本当に結婚を目的としているのなら、遊び目的の男性も混じるようなアプリではなく、婚活中の人が100%というような本格的なものを選んだほうがいいでしょう。軽く遊ぶつもりの男性に結婚を求めても、うまくいく可能性はあまり高くはないからです。

 そして男性が閉口するのは、親しくなる前から学歴や収入について質問されること。高学歴や高収入の男性は人気がありますが、無遠慮にそこを尋ねるのはやはり失礼というもの。そして質問する女性のほうは自分の学歴や収入について秘密にすることもあるため、どうしてこちらだけが教えなくてはならないんだと男性側は不満に思ってしまうのです。

落ち着いて恋活・婚活を

ダメならダメで、リセットしよう(写真:iStock)
ダメならダメで、リセットしよう (写真:iStock)

 ここまで結婚や交際を急ぐ女性が増えている理由のひとつには、リモートワークの増加による孤独もあるようです。ずっと家にひとりでいて誰とも話をしないのは寂しい、誰かと結婚して家庭を持ちたいと考える人が大勢出てきたのでしょう。また、生活不安もあるため、結婚して余裕ある暮らしを希望しているのでしょう。

 ふたりで一緒に住めば家賃や光熱費を折半できるし、確かに結婚したらオトクな面は色々ありそうです。けれど、交際期間もほとんどないまま急いで籍を入れると、後から「こんなはずじゃなかった」ということが起きるリスクも。まずは週末同棲などで、一緒に暮らしたらどんな感じになるのか試してみてからでも遅くはありません。

 そして、事態が落ち着くまではと婚活を控えている男性もいます。会社から不要不急の外出を控えるようにと言われている人もいるのです。結婚は一生のことなので、気持ちに余裕を持って行動しましょう。いい人がいれば結婚すればいいし、ピンと来る人がいなかったら、無理して急いで結婚する必要もないのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ