いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選

内藤みか 作家
更新日:2021-04-15 06:00
投稿日:2021-04-15 06:00
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくありません。けれどメッセージで男性をドン引きさせてしまうパターンもあるようです。どのような内容がNGを食らいやすいのでしょうか。

いきなり結婚を迫られる

待って!!ねえ、ちょっと!!(写真:iStock)
待って!!ねえ、ちょっと!! (写真:iStock)

 まずは、いきなり結婚前提で交際を申し込むこと。これが男性にとっては脅威だそうです。「まだ写真でしか相手のことがわからないし、実際に会ってみないとなんとも言えない」というのが、男性側の本音なのです。

 ではどうしてそんなに急いで逆プロポーズのようなことをしてしまう女性がいるかというと、その男性が高収入だったりルックスが良かったりと自分の条件に合っているため。他の女性に持っていかれる前に、と焦っているのです。けれどいきなりガツガツ来られたら男性も怖がってしまうので、彼が会いたい気持ちになり誘ってくるのを待つ心の余裕がほしいところです。

男性にたかろうとする

年収リサーチはマストでしょ(写真:iStock)
年収リサーチはマストでしょ (写真:iStock)

 次に男性が引くのが、ゴチ目的の女性です。「美味しいお寿司に連れて行ってもらいたいな」、「イタリアンをご馳走してくれる?」などと、会う際に高級な料理を要求してくる女性がいるのだとか。アラサー、アラフォーでも「おごってくれるのなら会ってもいいけど」という女性がいるのだとか。

 男性側からすれば、こちらが支払うことを当然のように思っている女性の態度は、面白くはありません。自分ではなく、豪華な食事のほうが目的なのではないかと勘繰ってしまうこともあるでしょう。それに第一印象が今ひとつだった場合は、お互いに長時間食事を共にする意味が見出せないでしょう。初めて会う時はお茶だけにするのがベターかもしれません。

学歴や収入を尋ねてくる

 また、婚活用アプリではない、友達作り用のアプリであっても、結婚前提の交際を求める女性が後をたたないそうです。もし本当に結婚を目的としているのなら、遊び目的の男性も混じるようなアプリではなく、婚活中の人が100%というような本格的なものを選んだほうがいいでしょう。軽く遊ぶつもりの男性に結婚を求めても、うまくいく可能性はあまり高くはないからです。

 そして男性が閉口するのは、親しくなる前から学歴や収入について質問されること。高学歴や高収入の男性は人気がありますが、無遠慮にそこを尋ねるのはやはり失礼というもの。そして質問する女性のほうは自分の学歴や収入について秘密にすることもあるため、どうしてこちらだけが教えなくてはならないんだと男性側は不満に思ってしまうのです。

落ち着いて恋活・婚活を

ダメならダメで、リセットしよう(写真:iStock)
ダメならダメで、リセットしよう (写真:iStock)

 ここまで結婚や交際を急ぐ女性が増えている理由のひとつには、リモートワークの増加による孤独もあるようです。ずっと家にひとりでいて誰とも話をしないのは寂しい、誰かと結婚して家庭を持ちたいと考える人が大勢出てきたのでしょう。また、生活不安もあるため、結婚して余裕ある暮らしを希望しているのでしょう。

 ふたりで一緒に住めば家賃や光熱費を折半できるし、確かに結婚したらオトクな面は色々ありそうです。けれど、交際期間もほとんどないまま急いで籍を入れると、後から「こんなはずじゃなかった」ということが起きるリスクも。まずは週末同棲などで、一緒に暮らしたらどんな感じになるのか試してみてからでも遅くはありません。

 そして、事態が落ち着くまではと婚活を控えている男性もいます。会社から不要不急の外出を控えるようにと言われている人もいるのです。結婚は一生のことなので、気持ちに余裕を持って行動しましょう。いい人がいれば結婚すればいいし、ピンと来る人がいなかったら、無理して急いで結婚する必要もないのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ