“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-05-12 06:00
投稿日:2021-05-12 06:00
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花の名前がわからない」「長持ちさせるにはどうしたらいいの?」など、いずれもお母様がご家族からいただいた花を大切に思う内容でございますが、その中でも一番多いのが「カーネーション花鉢の管理方法」。

 大切なお子さん、ご主人様からせっかくいただいたお花を1日でも長く見ていたいと思うのは当然でございます。ワタクシ開運花師ではございますが、本業の花屋として、今回はそんなお悩みにお応えさせていただきたく存じます。

 ということで、今回は「間違いだらけのカーネーション鉢の管理」の解説でございます。

カーネーション鉢、本当は長期間楽しめます!アナタへのアドバイス

今年のカーネーション、コロナの影響で仕入れ価格を見たら卒倒しそうなほど高騰
今年のカーネーション、コロナの影響で仕入れ価格を見たら卒倒しそうなほど高騰

 母の日が1週間もすぎると、「すぐに萎(しお)れちゃうカーネーション鉢」についてのご相談が多くなってまいります。

 本来であれば、環境がよければ来年も楽しめるカーネーションの花鉢、現物を持ってご来店なさる方もボチボチいらして、お伺いすると管理方法にだいぶ問題がおありのご様子。

 ちょっとした勘違いが失敗の原因でございます。カーネーションに限らず、ほとんどの花鉢について言える内容も一部ございますので、ご参考になれば幸いでございます。

1. 包装ラッピングは外してくださいませ

 意外と多い間違いはこれ。「あまりに綺麗なのでもったいない」とおっしゃって、ラッピングをそのままにしておくこと。見栄えがよくなるように一生懸命ラッピングをがんばった花屋としては、そう思っていただくと大変に嬉しいです。

 ですが、蒸れてカビが生えれば腐る原因にもなり、お花のためにはあまりよろしくはないので、いただいてから2、3日程度でラッピングは取り外すことを、オススメいたします。

2. 置き所は絶対室外で!

お日様大好きなカーネーションは外に置いてあげて(写真:iStock)
お日様大好きなカーネーションは外に置いてあげて (写真:iStock)

 アナタが一番滞在している場所で、お花をいつも見ていたい気持ちはよくわかります。しかし、これがカーネーションに限らず、花鉢の寿命を短くするかしないかの大きな分かれ道なのでございます。

 カーネーションは本来、おひさまが大好き。太陽の光を好む植物はおひさまの光を浴びることで、蕾が次々と咲いていきます。おまけに高温多湿が苦手なカーネーションは、室外の心地よい風を浴びることも大好きでございます。

 萎れたカーネーションの鉢を持ってご相談にいらしたお客様の多くは、ご家族からせっかくいただいた感謝の気持ちを大事にしすぎて、室内にて管理をしていた方がほとんど。これは多くの花鉢に言えることでございますが、本来ならば室外が好ましいものは、やはり室外でなければ元気がなくなってしまうのでございます。

 もしも、アナタが「どうしよう……」と悩んでいらっしゃるのであれば、カーネーションに限らず、いただいた花鉢は萎れきってしまう前に、いったんお外に出してみてはいかがでしょうか。だいたいはこれだけで大復活してまいりますので、諦めてしまう前にやってみる価値はございますわよ。

3. 水やりはたっぷり!

お水はたっぷりと(写真:iStock)
お水はたっぷりと (写真:iStock)

 実はカーネーション、お水をガブガブ飲みます。西日の当たらない室外で管理する場合、毎朝、ジャンジャンお水をあげても大丈夫。

 室外であれば、大好きな太陽光と心地よい風が、水を飲んだカーネーションを大きく育ててくれるのでございます。

4. 肥料は夏までにあげて

 環境とお食事状況がよければ、秋まで咲き続けるカーネーション。お花が咲き続けるからには、当然ご飯が必要です。お花にとってのご飯は肥料でございますが、アナタがいただいたカーネーションにも肥料をあげれば、どんどん大きくなっていくはずでございます。

 肥料のタイミングは、固形や顆粒タイプの置肥を株元に1カ月に一度。浸透しやすい液体肥料なら、2週間ごとが目安。

 ですが、それも夏までのお話。夏場の肥料は逆効果でございます。夏は水を切らさず、肥料は切って日陰に避難でございます。

5. さわってフカフカの緑のツボミは咲きません

 実は、カーネーションの蕾のすべてが咲くというわけではございません。よく見てみると、カーネーションは咲いている花以外にも意外とたくさんの蕾が茎に付いております。

 母の日。花屋の店頭には、「お父さんと子供チーム」「カップルチーム」「お父さん単独プレー」など、さまざまなお客様がカーネーションをご購入にやってまいります。どれにしようか選んでいる時の会話の内容は、不思議と皆さま同じでございます。相談の結果、最後に選ばれるカーネーション鉢の決定要因は「ツボミがたくさんあるから」。

 ワタクシがご接客させていただきますと、「お姉さん、このツボミちゃんと全部咲くよね?」と、聞かれるのではございますが、そんなときは食い気味に「否!」とお答えさせていただいております。

 悲しいお知らせではございますが、触ってフカフカなツボミは中身が入っていないので、いくら待っても咲きません。そんなツボミは取りのぞいてしまったほうが見栄えもよく、咲く可能性のあるツボミも大きく育ちますので、取り除くことをオススメいたします。

6. 思い切ってバッサリ刈り込んで夏越しの準備

これくらいバッサリ全体を切れば夏越しが期待できますわよ
これくらいバッサリ全体を切れば夏越しが期待できますわよ

 5月によく咲いたカーネーションは、水やりや肥料などの管理がよければだいたい6月までは次々と咲き続けます。ですが、お花が終わったその後は、思い切ってバッサリ切ってくださいませ。これは、「夏越し」のための準備でございます。

「咲かないで萎れてきた」と、ご相談にいらっしゃるお客様に「どうせならバッサリ切ったほうがいいですよ」とご説明すると、大概「もったいない」とおっしゃる……。

 しかし、大胆にカットすることで株の中の風通しがよくなり、夏越しがしやすくなって、また再びツボミを持ち、秋に咲く可能性がございます。目安は上から3分の1くらい、あるいは半分いっちゃっても大丈夫。

 死にかけたカーネーションはバッサリ切ることで、みるみるうちに花芽が出てきて、秋になると笑っちゃうくらいに咲くので、お試しあれ。

おわりに

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」(写真:iStock)
カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」 (写真:iStock)

 2021年の「母の日」に、カーネーションをいただいたアナタ。

 実は、今年のカーネーションの切り花や鉢は、コロナの影響をまともに受けて全国的に大変な品不足のため高騰し、見たこともない金額での取引がされました。

 どこのお花屋さんも品不足で大苦戦した2021年に、ご家族からカーネーションをいただいたアナタはとてもラッキー! きっと、いいことありますわよ。

 カーネーションの花言葉「無垢で深い愛」の言葉通り、あなたの大切な家族の愛でアナタの心が満たされますことを……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...