彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-15 06:00
投稿日:2021-05-15 06:00
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます。将来を考えているからこそ、「どんなふうに付き合っていけば良いのだろう」と、気になっている女性のために、今回は亭主関白の男性をタイプ別にご紹介! 上手な付き合い方をチェックしてくださいね。

彼はどのタイプ? 4つの亭主関白タイプの特徴

「彼は亭主関白かもしれない……」と思っているなら、普段の彼を観察してみてください。4つの亭主関白タイプを、特徴から見極めましょう。

1.「隠れ亭主関白タイプ」は内弁慶な人が多い

やりたくないことはやんわりと断る(写真:iStock)
やりたくないことはやんわりと断る (写真:iStock)

【特徴】
・断り方は穏やかなものの、やりたくない家事などは絶対にしない
・自分の意見が通らないと、機嫌が悪くなる
・口がうまく、最終的に人を自分の思い通りにしたがる

 このような特徴のある男性は、「隠れ亭主関白タイプ」かもしれません。表では平和主義で穏やかですが、根底にある「自分の思い通りにしたい」という本音が言動に見え隠れしています。

 内弁慶の人が多いので、今は亭主関白に見えないかもしれません。でも、「結婚した途端、偉そうな亭主関白タイプに豹変!」なんて可能性も考えられるでしょう。

2.「マザコン型亭主関白タイプ」は女性への理想が高い人が多い

自分の好みの女にしたい(写真:iStock)
自分の好みの女にしたい (写真:iStock)

【特徴】
・基本的にマザコン気質
・彼女の髪型や服装などを、自分好みにしようとする
・甘えん坊で「自分だけを見て!」と束縛してくる

「マザコン型亭主関白タイプ」の男性は、母親が何でもしてくれる環境で育ってきているため、“女性は自分を甘やかしてくれる存在”という認識になっているかもしれません。「自分に尽くして自分のことだけを見てくれる」という“女性への高い理想”を持っているため、彼女に多くを求めてくる人が多いです。「私はあなたの母親の代わりではない」ということを普段からはっきり伝えておきましょう。

3.「昭和型亭主関白タイプ」は父親が亭主関白だった人が多い

彼の頭の中では…(写真:iStock)
彼の頭の中では… (写真:iStock)

【特徴】
・父親が亭主関白だった
・「女」や「女のくせに」など女性を見下した発言が多い
・母親が専業主婦で、「女性は家庭を守るもの」と思っている

「昭和型亭主関白タイプ」の男性は、“女性は家を守るもの”という、昭和な考え方が根深いのが特徴。特に、父親が亭主関白だった家庭の人が多く、母親が父親に尽くす姿を見て育っているので、「男女の関係性はそうあるべきだ」と思っている節があります。

 結婚前に、「家事は分担したい」と伝えてみましょう。彼の反応から、将来の様子が垣間見えるはずですよ。

4.「プライド型亭主関白タイプ」は自分中心に世界が動いている人が多い

女性店員に偉そうな態度を…(写真:iStock)
女性店員に偉そうな態度を… (写真:iStock)

【特徴】
・女性の店員に偉そうに接する
・“してもらって当たり前”だと思っているので、「ありがとう」という言葉が少ない
・自分の弱い部分を見せたがらない

「プライド型亭主関白タイプ」の男性は、“自分は優れているので、面倒なことや雑用はやらないのが当たり前”と、思っているのが特徴。また、育った環境によっては、“やってもらうのが当たり前”だと思っているので、「ありがとう」という言葉をあまり使わない人も多いようです。

 でも、それはある意味、自信のなさの表れかもしれません。自分の弱みを見せたがらない傾向にあるので、ダメな部分も否定せずに認めてあげて「強がらなくても良いよ」ということを教えてあげましょう。そうすることで、亭主関白度合いが徐々に減ってくるかもしれません。

亭主関白タイプの男性の心理

周りがぜーんぶやってくれる(写真:iStock)
周りがぜーんぶやってくれる (写真:iStock)

 亭主関白タイプの男性は、周囲が思い通りに動いてくれる環境で長く過ごした人が多いようです。そのため、「自分が心地良い環境=周囲の人が思い通りに動いてくれる環境」と勘違いしてしまい、一番身近な彼女や妻にその役割を求めてしまうのでしょう。

 もし、あなたの彼が亭主関白タイプかもと思ったら、彼の言うことを聞きすぎないことで、「自分の思い通りにならない世界がある」ということに気付いてもらえるかもしれません。

亭主関白タイプの男性との上手な付き合い方

ちょっとのことでも笑顔で「ありがとう」(写真:iStock)
ちょっとのことでも笑顔で「ありがとう」 (写真:iStock)

 もしも、あなたの彼が亭主関白タイプなら、以下のポイントを意識して接すると、彼との関係を良好に保ちやすくなりますよ。 

小さなことを可愛くお願いして、思い切り喜び、褒める

「それ取ってくれる?」「これ開けてくれる?」など、彼が抵抗なくできるような、小さなことを可愛くお願いします。そして、やってくれたら思い切り喜び、心からの「ありがとう」を笑顔で伝えましょう。

 これを繰り返すことで、「自分が彼女を幸せにしている」という、彼の自尊心を満足させることができるでしょう。自分が人のために何かをする喜びに気づき、同時に家事などの大変さなども理解してくれるようになるかもしれません。

良い面を見るようにして嫌な話は受け流す

 彼の悪い面ではなく、常に良い面を見るようにする方法もおすすめです。そのうえで、嫌なことを言われた時には「あなたはそう思っているのね」と、相手を変えようとせずに軽く受け流しておくと良いでしょう。

 一つ一つ取り合っていると、あなた自身が疲れてしまいます。彼を立てながらも、手の平で転がすくらいの気持ちでいるのが良いのかもしれませんね。

亭主関白タイプの男性はすぐには変わらない

相手を変えるより自分の見方を変える(写真:iStock)
相手を変えるより自分の見方を変える (写真:iStock)

「男女平等」という考え方が浸透してきた現代でも、亭主関白な男性っているんですよね。でも、相手が変わることを期待してしまうと、撃沈してしまうかもしれません。なぜなら、人の性格や育った環境の影響は、なかなか変えられないからです。

 ぜひ、彼の小言を受け流す心の余裕を持って、彼の良い面をもっとたくさん見つけてあげましょう。相手を変えるより、自分が変わったほうが早いですし、確実です。そうすれば、彼の亭主関白な面の見え方も変わってくるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ
冷たい態度をとる男性に秘められた5つの心理&対処方法
 好意を抱いている男性から冷たくされると、ショックですよね。勇気を出してアプローチしたのにそっけない態度をとられたら、「...
恋バナ調査隊 2021-06-07 06:00 ラブ
腐れ縁からの結婚ってあり…?見極めておくべき7つのポイント
 長く交際している彼氏がいる人の中には、別れては復縁を繰り返している人もいれば、“長い春”のように交際が続いている人もい...
恋バナ調査隊 2021-06-06 06:00 ラブ