結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-19 06:00
投稿日:2020-11-19 06:00
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありません。しかし、結婚してみなければ分からないことがあるからこそ、後悔してしまうこともあるのが現状。そこで今回は、結婚すると苦労する男性にはどんな特徴があるのか、後悔しない男性の選びのポイントについてご紹介します。

結婚すると苦労する男性6つの特徴! あなたの彼は大丈夫?

「このまま彼と結婚したい」と、思っている女性も多いでしょう。彼氏ができるたびに、結婚を考える女性も多いはず。しかし、「結婚したい」という思いだけで突っ走ってしまうと、相手を見極められずに後々後悔してしまうかもしれません。そうならないためには、冷静に彼を見極めることが必要ですよ。

1. 金使いが荒い

 結婚というと、ラブラブで愛に溢れた生活をイメージしている人も多いでしょう。しかし、実際には現実的な生活が待っています。

 当然ですが、生活をしていく上で欠かせないのがお金。このお金がトラブルとなって、離婚問題に発展するケースが少なくありません。あればあるだけお金を使ってしまう、借金をしてでもやりたいことや欲しいものを得ようとするような男性が相手だと、結婚後に苦労するのは目に見えています。

2. 浮気を繰り返している

 彼との結婚を考えている人の中には、「彼の浮気が心配」と思っている人もいるはず。今までにも、何度か浮気を許してきた経験がある人もいるでしょう。

 そんな女性は、「結婚したら変わるはず」「子供ができれば浮気はなくなるだろう」と安易に考えがちですが、浮気をする男性は結婚したからといって変わることはほとんどありません。現時点で浮気経験があるのであれば、結婚後も変わらないと覚悟していたほうが無難です。

3. 喧嘩のたびに「別れる」という

 どんなに仲が良くても、付き合いが長いカップルでも、時には喧嘩をすることがあります。喧嘩をするたびに、絆を深めてきた人もいるでしょう。

 しかし、喧嘩のたびに「もう別れる」と、簡単に別れを口にするような男性は要注意。結婚後も何かあるたびに、「離婚する」と、簡単に“離婚”という言葉を口にする可能性があります。こういったタイプの男性は結婚の重みを感じていないということですから、安定した生活をキープするのは難しいでしょう。

4. 外面がいい

 あなたの友達や家族とも上手に付き合える男性は、結婚相手として「相応しい人」と感じるでしょう。確かに、誰とでも上手にコミュニケーションをとれる人は魅力的です。

 しかし、外面がいい男性には要注意。外で普段とまったく違う態度や言動をとるような人は、違う顔を持っているかもしれません。結婚後にも周りには良い顔をして、あなたにはきつい態度をとる可能性があります。さらに、外面がいいということは、浮気の心配も出てくるでしょう。

5. 家族との距離感が近すぎる

 結婚となれば、当然家同士の付き合いが出てきます。あなたの家族だけでなく、彼との家族との付き合いも必要となるでしょう。

 一見、家族と仲が良いというのは素敵なことですが、距離感が近すぎる場合には注意が必要です。なぜなら、その距離感であなたも同じように彼の家族と付き合わなければいけなくなるから。休日のたびに家に遊びに行く、遊びに来るようなことになれば、大きなストレスとなるかもしれません。

6. “俺様感”が強い

 男性の中には、亭主関白に憧れている男性もいます。「俺についてこい」という男性は、女性にとっては頼もしい存在に映るでしょう。

 しかし、“俺様感”が強すぎる男性を選んでしまうと、後々苦労することに。家事を一切しない、人の意見を受け入れないといった態度により、衝突することが増えます。頼れる男性でも、思いやりがない男性は要注意です。

結婚後に苦労しない男性を選ぶ3つのポイント

 結婚前に苦労しそうな男性の特徴を知ると、「結婚相手を選ぶ自信がない」と不安になる人もいるでしょう。そんな人は、事前にポイントをチェックしておくと安心ですよ。

1. お金の使い方をチェック

 結婚後のトラブルや後悔となるのが、お金に関すること。夫婦であっても、お金の価値観が異なれば喧嘩は絶えません。

 そのため、まずは彼のお金の使い方をチェックしてみましょう。普段、どんなことにお金を使っているのか、貯蓄をしているのかなどチェックしていくことで、結婚後の不安は解消されるはずです。

2. 女遊びの可能性を考える

 離婚原因として多いのは、男性の浮気。これも、事前にチェックすることができるでしょう。

 もともと女好きな男性は、結婚しても変わることはありません。女好きな男友達がいる場合にも、「友達と飲みに行く」といいながら、女性と遊ぶ可能性があるので注意が必要です。

3. 家族との付き合い方をチェック

 結婚すれば、あなたも彼の家族の一員となります。そのため、彼が家族とどういった付き合いをしているのかを事前にリサーチしておきましょう。 

 家族との連絡頻度、実家に帰る頻度などをチェックすれば、家族との付き合い方や距離感を判断することができますよ。

結婚後に後悔しないためには、あなたの男性選びが重要!

 どんなに交際期間が長くても、結婚してみて初めて気づくことはたくさんあります。誰だって、結婚後に後悔はしたくないはず。「この人と結婚してよかった」と思うためには、結婚前に相手をよく見極めることが大切です。結婚を考えている人は、ぜひこちらを参考に、彼が結婚相手として相応しい相手か見極めてみましょう!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ