気づいてもらえない…鈍感男性の5つの特徴&気づかせる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-28 06:27
投稿日:2021-05-28 06:00
 気になる男性ができて積極的にアプローチをしているのに、「ぜんぜん私の気持ちに気づいてもらえない」と、やきもきしている女性は多いようです。男性の中には、明らかにアプローチされているにも関わらず、まったく気付かない鈍感な人もいます。今回は、そんな鈍感な男性の特徴や、気持ちに気づかせる方法をご紹介します。

好きなのにイライラしちゃう! 鈍感な男性の5つの特徴

私の気持ちに気づいてよ(写真:iStock)
私の気持ちに気づいてよ (写真:iStock)

 一生懸命「好き」という気持ちをアピールしているのに、気づいてもらえないと悲しいを通り越して、イライラしてきちゃいますよね。そんな鈍感な男性には、どんな特徴があるのでしょうか?

1. 何事もマイペース

 鈍感な男性は何事にもマイペースなのが特徴。自分の気持ちや考えで行動しているため、周りの人の状況や気持ちに気づきにくい傾向にあります。

 また、自分がモテることに気づいていない男性の場合、さりげないアプローチは聞き流してしまうことも。このように我が道をいく人が多いため、アプローチの際にはいかに自分に興味を持たせるかが鍵となるでしょう。

2. ポジティブ

 マイペースな人が多い鈍感男性は自分の気持ちや考えを最優先するため、周りの意見や評価などを気にしません。そのため、落ち込んだりすることが少なく、基本的にポジティブ思考。

 仕事でトラブルがあったり、人間関係で問題があっても、クヨクヨと悩むことがなく、「そのうちどうにかなるだろう」と前向きに考えます。

3. 分け隔てなく誰にでも優しい

 理想の男性と聞かれると、「優しい人」と答える女性も多いはず。実は、分け隔てなく誰にでも優しいのも、鈍感男性の特徴のひとつです。

 温厚な性格の人が多く、相手によって態度を変えることがありません。そんな男女問わず誰にでも優しい彼の姿を見て、「彼の気持ちが分からない」と感じる女性も多いでしょう。

4. 無神経な部分がある

 普段は優しく、前向きで素敵な男性なはずなのに、時として無神経な発言をしてしまうのも鈍感男性の特徴です。

「最近、太ったんじゃない?」「なんか、その服似合っていないね」なんて、悪気なく傷つくことを言ってしまうこともあります。そんな発言から、気持ちが冷めてしまう女性もいるでしょう。

5. 気が利かない

 女性は、男性から気が利く行動をされると嬉しいもの。しかし、マイペースで相手の気持ちや状況を理解することができない鈍感男性は、それができません。女性の気持ちを察することも苦手ですし、髪型やメイクが変わっても気付かない人も多いでしょう。

鈍感な男性に気持ちを伝えるには? 気づかせる5つの方法

さりげなくスキンシップを(写真:iStock)
さりげなくスキンシップを (写真:iStock)

 勇気を出してアプローチしたのに手ごたえがないと、「どうすれば、気持ちに気づいてくれるの?」と、やきもきしてしまいますよね。そんな一筋縄ではいかない鈍感な男性に気持ちを気づかせるには、どうすれば良いのでしょうか?

1. ほかの男性と違うと分かる特別扱いをする

 鈍感な男性に気持ちを伝えるには、特別扱いをして「あれ、これって俺だけ?」と思わせることが効果的。それには、ほかの男性と明らかに接し方を変えることがおすすめです。

「俺にだけ」という特別感を感じることで、気持ちに気づいてもらいやすくなります。

2. スキンシップを増やす

 男性にアプローチする際、もっとも効果的なのは言葉よりもスキンシップ。これは、鈍感な男性にも共通して効果があるでしょう。

 さりげなく肩や背中に触れることで、彼はドキッとするはず。この「ドキッ」が、あなたを女性として意識させるきっかけになるかもしれません。

3. 二人きりの時間を意識的に作る

 男性の心を動かすには、「気付いたら、いつも一緒にいる」と思わせることも効果的です。鈍感な男性でも、一緒にいる時間が長くなれば「そういえば、最近一緒にいる時間が多いな」ということに気づくはず。

 それを叶えるためには、積極的に仲間との集まりに参加したり、彼をお茶に誘うなどのアプローチが必要でしょう。

4. コミュニケーションを積極的にとる

 人との距離を縮めるためには、何よりもコミュニケーションが必要。鈍感な男性だって、コミュニケーションが多い相手のほうが印象に残るはずです。顔を合わせる回数を積極的に増やしたり、自分から積極的に連絡するなどして、少しずつ距離感を縮めていきましょう。

5. ストレートに気持ちを伝える

 鈍感な男性の中には、さまざまな方法を駆使しても、気持ちに気づいてくれない人がいます。そんな場合は、ストレートに気持ちを伝えるしかありません。

 アプローチの際には、「一緒にいると楽しい」というような曖昧な言葉ではなく、「あなたのことが好きです」と、ストレートな言葉を選ぶことが重要です。

鈍感男性は一筋縄ではいかない! 上手にアプローチをしてみて♡

彼の心を動かせるかな?(写真:iStock)
彼の心を動かせるかな? (写真:iStock)

 勘が良い男性であれば、ちょっとした言葉遣いや接し方で「俺に気があるのかも」と気づいてくれます。しかし、鈍感男性となるとそうはいきません。今までの恋愛では有効だったアプローチに効果がないと感じるのであれば、今回ご紹介した方法で彼の心を動かしてみてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ