私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-14 06:30
投稿日:2021-05-14 06:00
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は本命なのだろうか?」と、心配になる女性も多いでしょう。そこで今回は、男性が“最後の女”と決める瞬間や、最後の女を目指す方法をご紹介します。

男性が「最後の女」と決める5つの瞬間

彼の最後の女になりたい(写真:iStock)
彼の最後の女になりたい (写真:iStock)

 男性にとっての“最後の女”というと、一般的にはやはり結婚相手として選ぶ女性のことを言うでしょう。一生をともにする相手ですから、慎重になってしまうのは当然のことかもしれません。では、男性はどんな瞬間に彼女を“最後の女”と決断しているのでしょうか?

1. 一途に愛されていると感じた時

 どんなにお付き合いが長くなっても、恋人の浮気を心配している人は多いでしょう。

 でも、浮気を心配しているのは女性だけではありません! 男性だって、彼女に浮気されるのは嫌なもの。そのため、ほかの男性に言い寄られてもきっぱり断る彼女の姿を見ると、「俺って一途に愛されているんだな」「この子なら信用できる」と感じ、“最後の女”だと意識する男性が多いようです。

2. 支えになってくれた時

 交際が長くなれば、その間にさまざまなことが起こります。恋人同士の喧嘩だけでなく、仕事でトラブルを抱えたり、人間関係に苦しむこともあるでしょう。

 そんな時、恋人の存在というのは大きなもの。精神的に支えられれば、それだけ彼女の存在は大きくなり、かけがえのない人になります。それがきっかけとなり、「結婚は彼女しか考えられない」と、“最後の女”に決める男性も多いでしょう。

3. 尊敬できる部分に触れた時

 恋人同士は、お互いの愛情があれば成り立ちます。しかし、結婚相手となればそうはいきません。これから先、人生を共にするわけですから、前を向いて成長し合える相手を求める人も多いです。

 そのため、男性は彼女に尊敬する部分に触れた時、“最後の女”を意識する人が少なくありません。仕事に対する向き合い方、人と接する際の対応など、「俺には真似できないな」「自分も頑張らなければ」と思わせてくれた瞬間、結婚相手として考える男性も多いです。

4. 自分の親や兄弟を大切にしてくれた時

 自分の大事な家族に、彼女が優しく接している姿を見て、“最後の女”と決断する男性も少なくないようです。

 恋人同士の関係であれば、二人がうまくいっていれば何も問題はありません。しかし、結婚するとなると、当人同士だけではなく、家族同士のつながりも大切にする必要があります。当然ですが、自分の親兄弟を邪険にするような女性であれば、結婚を考えることはないでしょう。

5. 家庭的な一面を見た時

 現代では、家事が得意な男性も増え、結婚後は上手に家事分担している夫婦も増えています。

 しかし、どんなに時代が変わっても、やはり男性は家庭的な女性に惹かれるものです。家が片付いていたり、手際よく料理を作っている姿を見て、“最後の女”と決断する男性は多いでしょう。

手放したくないと思わせる!「最後の女」を目指す5つの方法

家事はできないよりできたほうがいい(写真:iStock)
家事はできないよりできたほうがいい (写真:iStock)

「今の彼と結婚したい!」と思っているのであれば、彼に「最後の女」だと思わせることが必要でしょう。ぜひ、これからご紹介する5つの方法を取り入れて、彼の心を掴んでくださいね!

1. 家事は最低限できるようにする

 男性の中には、「家事は俺がやるよ」なんて優しい言葉をかけてくれる人もいるかもしれません。しかし、これに甘えていては、最後の女を目指すことは難しいでしょう。万が一、家事が得意で彼好みの女性が現れたら、一瞬で彼を奪われてしまう可能性だってあります。

 彼により愛されるためには「愛されている」と胡坐をかかずに、最低限の家事をできるよう努力することも大切です。

2. 常に笑顔を心がける

 男性にとって最後の女になるためには、居心地の良い相手になることが必要不可欠。そのためには、何よりも笑顔が大切です。

 一緒にいる時、無表情でつまらなそうな顔をしている彼女とは、ずっと一緒にいたいなんて思いません。彼にとって楽しい相手、居心地の良い相手になるために、常に笑顔を心掛けましょう。

3. 女としての努力は忘れない

 交際間もない頃には、メイクやファッション、ヘアスタイルにも気を使うものです。しかし、付き合いが長くなるとおざなりになってしまう人も多いでしょう。

 しかしこれでは、「女」として見てもらえなくなってしまいます。いつまでも愛され、最後の女になるためには、交際期間が長くなっても女としての努力を忘れないことが必要です。

4. 彼の変化を見逃さない

 男性にとって気配りができる女性は、「手放したくない」と思わせるポイントの一つです。

 気配りができる女性を目指すためには、彼のちょっとした変化も見逃さないこと!「疲れているな」「元気がないな」と気づくことができれば、今、彼に何が必要なのか、敏感に判断することができるでしょう。

5. 彼を信頼する

 好きだからこそ彼の浮気を心配してしまい、縛り付けたり、詮索してしまう人もいるでしょう。しかし、束縛のようなことばかりしてしまうと、彼はあなたといることを窮屈に感じてしまい、心が離れてしまうかもしれません。

 そうならないためには彼を信頼することが大切。どんなに付き合いが長くなっても、良い距離感を保つことが最後の女になるポイントです。

「最後の女」と思わせるためには、あなたの努力も必要!

幸せな未来へ…(写真:iStock)
幸せな未来へ… (写真:iStock)

 彼との付き合いが長くなれば、自然と「このまま結婚できるだろう」と思っている人もいるかもしれません。でも、結婚相手として意識されるためには、愛され続ける努力をすることも必要ではないでしょうか。ぜひこの記事を参考に、彼にとっての“最後の女”を目指してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ