会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法

内藤みか 作家
更新日:2021-05-13 06:00
投稿日:2021-05-13 06:00
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性が今まで通りのペースで彼と会ったり濃厚接触をしたがるせい。彼にずっと愛されるためには、どう接したらいいのでしょうか。

コロナ禍でも愛を示してほしい

愛が冷めたの?(写真:iStock)
愛が冷めたの? (写真:iStock)

 実はコロナ禍であっても、コロナ前と変わらぬペースでのデートを求める女性がとても多いのです。男性が「緊急事態宣言中の営業時短で、夜は店が閉まって食事もできないし」と延期を持ちかけても「どこかは空いてるとこあるはず」「会えるだけでもいいから」などと、頑張ってしまうのです。

 そこにあるのは、恋人がいる女性特有の「私のことを好きなら会いに来るはず」という思い込み。たとえ台風だろうが大雪だろうが、愛しい女性に会いたくてたまらなくなるのが恋する男のサガだと勘違いしているため、感染症を理由に会う回数を減らそうとする男性に対し、「私への愛が冷めたってこと?」という謎のツッコミをしてしまうのです。

今度はいつ会えるの?

コロナでも会いたいって思うはず(写真:iStock)
コロナでも会いたいって思うはず (写真:iStock)

「緊急事態宣言が明けたら会おう」と彼が言い出した途端、「そんなんじゃいつになったら会えるかわからないじゃない」と、不満を口にする女性もいます。感染を抑えるために、不要不急の外出は控えるようにと呼びかけもされていますが、そうした女性たちにとって、恋人と会うことは不要不急ではなく、必要不可欠なものなのです。

 恋人と定期的に会っていないと浮気をされてしまう心配が出てくる、という理由もあるかもしれません。「彼に会っていないと忘れられてしまいそう」という不安や、「できれば今年中に結婚したい」という願望から、マメに会って気持ちをつなぎ止めておきたがるのです。

自爆発言を繰り返し……

 彼はきっと、自分に会いたくて抱きしめたくてたまらないはず。そういう幻想があるので、「次はいつ会えるの?」と彼に何度も聞き続け、とうとう最後には「ごめん、あまり会ってあげられないし、もう別れよう」と言われてしまうのです。

 そして女性は、男性にデートを要求するだけでなく、濃厚接触も同時に求めてきます。キスはもちろん、ベッドでの濃密な関係も続けたがるのです。けれど、あまり乗り気ではない男性側から、「もうこういうことをやめて友達に戻ろう」と言われるケースが多発しています。

どうして会ってくれないの?

仕事だって休めない(写真:iStock)
仕事だって休めない (写真:iStock)

 彼らがあまりデートをしたがらないのは、感染症対策のためでもあるでしょう。感染して仕事を休むわけにいかないというのも理由のひとつですが、大事な恋人を感染させたくないという思いも強いのです。大切だからこそ会わないし、濃厚接触も今はガマンしているのです。

 しかし、こうした愛情は女性たちにはほとんど届きません。男性に「感染症が危ないから、しばらく会えない」と言われても、愛が冷めたかのように感じ、ますます愛情表現を求めます。そしてデートの帰りは彼にハグやキスの接触を求めるのです。コロナも恐れぬその積極性に男性たちは腰が引け、「もう体の関係はやめよう」と女性に提案してしまうのです。

恋人から別れを切り出されないためにはどうしたらいいか

感染状況が落ち着くその日まで(写真:iStock)
感染状況が落ち着くその日まで (写真:iStock)

 恋人から別れを切り出されないためには、どうしたらいいのでしょう。まずは、「会うペースが減ることを受け入れる」ということが必要です。彼のせいではなく、すべてはウイルスのせいなのだと理解できれば、「今はしかたないよね」と自然に考えられるようになるでしょう。

 状態が落ち着けば彼らも恋愛モードになり、恋人に積極的に会おうとしてくるでしょう。その時に、激しく愛し合えばいいのです。恋愛の形が大きく変化していて、今まで通りにはいかなくなっているという流れに気づき、「会えないのはさみしいけれど、お仕事がんばってね」と言える悟りをひらけたら、彼は前にも増してあなたを愛おしく思うようになるでしょう。

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ