会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法

内藤みか 作家
更新日:2021-05-13 06:00
投稿日:2021-05-13 06:00
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性が今まで通りのペースで彼と会ったり濃厚接触をしたがるせい。彼にずっと愛されるためには、どう接したらいいのでしょうか。

コロナ禍でも愛を示してほしい

愛が冷めたの?(写真:iStock)
愛が冷めたの? (写真:iStock)

 実はコロナ禍であっても、コロナ前と変わらぬペースでのデートを求める女性がとても多いのです。男性が「緊急事態宣言中の営業時短で、夜は店が閉まって食事もできないし」と延期を持ちかけても「どこかは空いてるとこあるはず」「会えるだけでもいいから」などと、頑張ってしまうのです。

 そこにあるのは、恋人がいる女性特有の「私のことを好きなら会いに来るはず」という思い込み。たとえ台風だろうが大雪だろうが、愛しい女性に会いたくてたまらなくなるのが恋する男のサガだと勘違いしているため、感染症を理由に会う回数を減らそうとする男性に対し、「私への愛が冷めたってこと?」という謎のツッコミをしてしまうのです。

今度はいつ会えるの?

コロナでも会いたいって思うはず(写真:iStock)
コロナでも会いたいって思うはず (写真:iStock)

「緊急事態宣言が明けたら会おう」と彼が言い出した途端、「そんなんじゃいつになったら会えるかわからないじゃない」と、不満を口にする女性もいます。感染を抑えるために、不要不急の外出は控えるようにと呼びかけもされていますが、そうした女性たちにとって、恋人と会うことは不要不急ではなく、必要不可欠なものなのです。

 恋人と定期的に会っていないと浮気をされてしまう心配が出てくる、という理由もあるかもしれません。「彼に会っていないと忘れられてしまいそう」という不安や、「できれば今年中に結婚したい」という願望から、マメに会って気持ちをつなぎ止めておきたがるのです。

自爆発言を繰り返し……

 彼はきっと、自分に会いたくて抱きしめたくてたまらないはず。そういう幻想があるので、「次はいつ会えるの?」と彼に何度も聞き続け、とうとう最後には「ごめん、あまり会ってあげられないし、もう別れよう」と言われてしまうのです。

 そして女性は、男性にデートを要求するだけでなく、濃厚接触も同時に求めてきます。キスはもちろん、ベッドでの濃密な関係も続けたがるのです。けれど、あまり乗り気ではない男性側から、「もうこういうことをやめて友達に戻ろう」と言われるケースが多発しています。

どうして会ってくれないの?

仕事だって休めない(写真:iStock)
仕事だって休めない (写真:iStock)

 彼らがあまりデートをしたがらないのは、感染症対策のためでもあるでしょう。感染して仕事を休むわけにいかないというのも理由のひとつですが、大事な恋人を感染させたくないという思いも強いのです。大切だからこそ会わないし、濃厚接触も今はガマンしているのです。

 しかし、こうした愛情は女性たちにはほとんど届きません。男性に「感染症が危ないから、しばらく会えない」と言われても、愛が冷めたかのように感じ、ますます愛情表現を求めます。そしてデートの帰りは彼にハグやキスの接触を求めるのです。コロナも恐れぬその積極性に男性たちは腰が引け、「もう体の関係はやめよう」と女性に提案してしまうのです。

恋人から別れを切り出されないためにはどうしたらいいか

感染状況が落ち着くその日まで(写真:iStock)
感染状況が落ち着くその日まで (写真:iStock)

 恋人から別れを切り出されないためには、どうしたらいいのでしょう。まずは、「会うペースが減ることを受け入れる」ということが必要です。彼のせいではなく、すべてはウイルスのせいなのだと理解できれば、「今はしかたないよね」と自然に考えられるようになるでしょう。

 状態が落ち着けば彼らも恋愛モードになり、恋人に積極的に会おうとしてくるでしょう。その時に、激しく愛し合えばいいのです。恋愛の形が大きく変化していて、今まで通りにはいかなくなっているという流れに気づき、「会えないのはさみしいけれど、お仕事がんばってね」と言える悟りをひらけたら、彼は前にも増してあなたを愛おしく思うようになるでしょう。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...