長続きするカップルや夫婦は「一緒にお風呂に入らない」理由

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-06-01 06:00
投稿日:2021-06-01 06:00
 恋人と過ごすバスタイムは、なんだか幸せなイメージがありますね。流行する恋愛映画で、カップルで一緒にお風呂に入っているシーンを見て、憧れたことがある人もいるかもしれません。 
 しかし、本当に長続きするカップルは、恋人と一緒にお風呂には入らないのです。お風呂に入ることで失う幸せとは――?

「お風呂シーン」は男性に現実を突きつける

「恋人とのお風呂」幻想にモノ申す!(写真:iStock)
「恋人とのお風呂」幻想にモノ申す! (写真:iStock)

 たしかに、漫画やドラマ、映画で見るカップルのお風呂シーンには憧れるだけの「多幸感」があります。一緒に身体を洗って、バックハグで湯船に使って……一緒に日常を楽しむ姿に、理想の結婚生活感を見出す人もいるでしょう。しかし、現実のバスタイムはもっと残酷です。

 映像作品の中では、お風呂中でもしっかりメイク済みの女優さんたち。でも、現実で一緒にお風呂に入る時はもちろんすっぴんで、髪の毛もびっしょり。なかなか「かわいい自分を演出」というわけにはいかず、どちらかというと「ありのまま、生まれたままの自分」を晒すことになります。

 もしも男性が「恋人とのお風呂」に幻想を抱いているなら、その憧れを壊すことになってしまいます。仮に「ありのままも受け入れてほしい」と思っているとしても、それを毎日見せる必要はないはず……。熟年夫婦になるまでは、たまの温泉旅行で一緒に貸し切り露天に入るくらいの方が、特別感を保つことができます。

飾らない姿を「日常」にしすぎると…

レスになることも…(写真:iStock)
レスになることも… (写真:iStock)

 一緒に同棲したり、結婚したりすると、すっぴん姿やオシャレをしていない自分を見せることが日常になってきます。それはもちろん当たり前のことですが、はだかの姿を「当たり前」にしてしまうのはまた別の話です。

 日々、目の前ではだかのあなたが、せっせと髪を洗ったりしていることが当たり前になってしまうと、ベッドに入った時にも、特別感がなくなってしまいます。

 日本のカップル・夫婦の「レス問題」は社会現象としても深刻な問題です。相手のことを家族としてしか見られなくなってしまうと、レスに陥りやすくなっていきます。

 一緒にバスタイムを過ごす様子は、理想の家族像としては大切かもしれませんが、お互いのことを異性として大切にしていきたいなら、お風呂に一緒に入るのは熟年夫婦や子持ち家族になってからのお楽しみにしてはどうでしょうか。

衛生面が気になってしまうとトラウマに…

お風呂でムダ毛処理するよね…(写真:iStock)
お風呂でムダ毛処理するよね… (写真:iStock)

 お風呂の時間の使い方は、意外と人によって差が大きいものです。

 洗髪や洗体、時間をかける人はたっぷり時間を使いますし、サラッとしか洗わない人は一瞬で終わらせてしまいます。もちろん、世の中には「湯シャン」など、ボディーソープで体を洗うことが全てではないという考えもあるくらいですから、お風呂で洗う箇所や時間に対する衛生観は、人にとって大きく違ってくる部分なのです。

 もし衛生感覚が違っていたとしても、「もっとちゃんと洗ったほうがいいんじゃないの」とはなかなか言いづらいもの。生理的な部分にトラウマを感じてしまうと、その後のコミュニケーションにも響いてきます。

 女性の場合、お風呂場でムダ毛の処理をする人もいると思いますが、衛生面に関わる部分はあまり深く知りすぎず、気づいたらキレイになっている、と思ってもらっているくらいの方が、お互い気に過ぎないですむことも。

バスタイムは思うより「パーソナルな時間」

お互いのパーソナルな時間を守ろう(写真:iStock)
お互いのパーソナルな時間を守ろう (写真:iStock)

 そう考えると、映画やドラマで憧れる光景と比べて、現実のバスタイムはとってもパーソナルな時間です。

 自分の体型をさらしながら、洗髪中はオールバック状態。メイクも落とした状態で、デリケートゾーンやムダ毛のケアをする時間でもあったりします。これらは自分をケアする自愛の時間ではありますが、やっぱり誰かに見せたい姿ではない、美しくなるための努力の時間なのです。

 ホテルや旅館に泊まった時など、特別な時に一緒に湯船に浸かることは、日常的な姿から離れているのでいいかもしれません。

 長く男女関係が続いているカップルや夫婦ほど、こういう「わきまえ」をしっかり持っていて、はだかを見せる時の特別感を大切にしているものです。

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ