コロナ破局や同棲解消が増加中…離れても別れないのはアリ?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-09-29 06:00
投稿日:2020-09-29 06:00
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。その一方で、別れはしないけれども「別居」を選択する人たちも増えているようです。
 結婚している夫婦も、同棲していたカップルも、「別れずに別居」を選択することには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

テレワークで溜まるモヤモヤを今だけでもリセット

あえて距離をとる(写真:iStock)
あえて距離をとる (写真:iStock)

「去年の9月に同棲して、今年1月に結婚したばかりの僕たち。この夏、僕からの申し出で、しばらく別居することになりました。理由は1LDKの間取りの部屋で、お互いテレワークすることにストレスを感じるようになってしまったから。仕事の忙しい僕は日中の物音が気になるようになってしまったし、彼女は料理の頻度が倍近くなり、お互いモヤモヤしてケンカも増えてしまいました。

 まだ賃貸の家だったので、間取りを変えて住み替えることも考えましたが、結婚しているからこそ、一度離れてみようということになりました。離れ離れになっても戸籍は残っているし、無理をして一緒にいることで、嫌いになってしまうのが怖かったから。もちろんお金はかかりますが、二人の将来を考えたらベストだったと思っています。今はお互い自分で選んだ賃貸に住んでいます」(31歳・ITシステム)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦だからこそ、いっそしっかり離れてしまうというのは一つの手です。子どもがいたらそうもいかないかもしれませんが、まだ二人だけなら動きやすいはず。

 お互い「一生一緒」と思うからこそ、わがままになってしまうのが夫婦です。コロナで鬱憤が溜まりやすいのはもうわかりきっていることなので、ここで無理をしてケンカを重ねていくよりも、いっそ離れてしまった方がお互いを大切に思えるはず。夫婦なら、いつかまた二人に戻れるのですから。

カップルは消滅が気になるものの…いい距離感に

お互い優しくなれた(写真:iStock)
お互い優しくなれた (写真:iStock)

「付き合って2年目の彼氏とは、同棲して1年ほど。お互いWEB系の仕事をしていることもあり、無期限テレワークが決定しています。しかし、彼氏とコロナの予防観念が合わず、ずっとモヤモヤしていました。怖がって外出しない私を置いて、友だちに会いに行ってしまう彼氏。そんなことで嫌な思いをするくらいなら、と別居を申し出ました。

 もともと半同棲くらいの暮らしだったので、別居自体はそこまでコスパが悪いという感じでもありません。最初は『このままなんとなく疎遠になってしまったら』と不安に思ったりもしましたが、毎日の動きが分からないことで、彼氏の行動を制限しないで済むようになり、今は予防しながらゆっくり二人で会う時間も作っています。一緒に住んでいた時より、お互い優しくなれました」(26歳・WEB業界)

  ◇  ◇  ◇

 カップルの別居には賛否両論あります。結婚という縛りがない分、離れて住むことで気持ちが離れてしまうかも……という意見もありますが、生活における束縛やイライラがなくなり、お互いに余裕を持てるようになったという人もいます。

 一緒に住み続けても、嫌いになってしまったら元も子もないので、信頼関係があるなら離れてみてもいいのかも。

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ