コロナ破局や同棲解消が増加中…離れても別れないのはアリ?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-09-29 06:00
投稿日:2020-09-29 06:00
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。その一方で、別れはしないけれども「別居」を選択する人たちも増えているようです。
 結婚している夫婦も、同棲していたカップルも、「別れずに別居」を選択することには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

テレワークで溜まるモヤモヤを今だけでもリセット

あえて距離をとる(写真:iStock)
あえて距離をとる (写真:iStock)

「去年の9月に同棲して、今年1月に結婚したばかりの僕たち。この夏、僕からの申し出で、しばらく別居することになりました。理由は1LDKの間取りの部屋で、お互いテレワークすることにストレスを感じるようになってしまったから。仕事の忙しい僕は日中の物音が気になるようになってしまったし、彼女は料理の頻度が倍近くなり、お互いモヤモヤしてケンカも増えてしまいました。

 まだ賃貸の家だったので、間取りを変えて住み替えることも考えましたが、結婚しているからこそ、一度離れてみようということになりました。離れ離れになっても戸籍は残っているし、無理をして一緒にいることで、嫌いになってしまうのが怖かったから。もちろんお金はかかりますが、二人の将来を考えたらベストだったと思っています。今はお互い自分で選んだ賃貸に住んでいます」(31歳・ITシステム)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦だからこそ、いっそしっかり離れてしまうというのは一つの手です。子どもがいたらそうもいかないかもしれませんが、まだ二人だけなら動きやすいはず。

 お互い「一生一緒」と思うからこそ、わがままになってしまうのが夫婦です。コロナで鬱憤が溜まりやすいのはもうわかりきっていることなので、ここで無理をしてケンカを重ねていくよりも、いっそ離れてしまった方がお互いを大切に思えるはず。夫婦なら、いつかまた二人に戻れるのですから。

カップルは消滅が気になるものの…いい距離感に

お互い優しくなれた(写真:iStock)
お互い優しくなれた (写真:iStock)

「付き合って2年目の彼氏とは、同棲して1年ほど。お互いWEB系の仕事をしていることもあり、無期限テレワークが決定しています。しかし、彼氏とコロナの予防観念が合わず、ずっとモヤモヤしていました。怖がって外出しない私を置いて、友だちに会いに行ってしまう彼氏。そんなことで嫌な思いをするくらいなら、と別居を申し出ました。

 もともと半同棲くらいの暮らしだったので、別居自体はそこまでコスパが悪いという感じでもありません。最初は『このままなんとなく疎遠になってしまったら』と不安に思ったりもしましたが、毎日の動きが分からないことで、彼氏の行動を制限しないで済むようになり、今は予防しながらゆっくり二人で会う時間も作っています。一緒に住んでいた時より、お互い優しくなれました」(26歳・WEB業界)

  ◇  ◇  ◇

 カップルの別居には賛否両論あります。結婚という縛りがない分、離れて住むことで気持ちが離れてしまうかも……という意見もありますが、生活における束縛やイライラがなくなり、お互いに余裕を持てるようになったという人もいます。

 一緒に住み続けても、嫌いになってしまったら元も子もないので、信頼関係があるなら離れてみてもいいのかも。

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ