100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-24 06:06
投稿日:2020-11-24 06:00
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経験、ありませんか? チャットでのコミュニケーションはその人の一部でしかありませんが、忙しい社会人にとっては、会っている時間よりもLINEしているだけの時間の方が長いもの。空気の読めない発言で、せっかくの恋心が一気に冷めてしまうことも。

30過ぎた男性の「若者言葉」がダサくて幻滅

「男友達に紹介してもらった年上男性は、ベンチャー企業で働く仕事熱心な人。会って話した時は、ちょっと意識高い系だけどいい人だな、と思っていたのですが、LINEでの会話がなんだか噛み合わなくて、萎えてしまいました。

 特に、WEB系の仕事をしているからなのか、若者言葉の乱用がすごくて。”エモい”や”チルい”など、意味を分かってるのか分かってないのが微妙なニュアンスで使ってくるのが逆におじさんっぽいっていうか……。大人なんだから、と冷めちゃいました」(31歳・メディア関係)

 ネットスラングや若者言葉は、さすがに30歳を過ぎた男性に使われるとちょっと引いちゃいますね。しかも用途が合っているのか分からない使われ方をすると、若者のマネをする痛いおじさんに。これはちょっと、100年の恋も冷めそうです。

大人だと思っていた男性の雑なLINEにがっかり

「大学時代にあこがれていた先輩と、久々のサークル飲みで再開。LINEを教えてもらって、ウキウキしながら連絡を取っていたら……。すごく爽やかで優しい人だと思っていたのですが、LINEのノリはまるで大学生。

 “ゆーて”、“オネシャス”、“あざまる!”。どれも友だちならさして気にならないのですが、始めてLINEする歳上の先輩が打ってると思うと、なんだか子供っぽい雑さでちょっと幻滅。話し言葉ならまだいいんですが、LINEだとすごく目についてしまいます。

 あの頃は3歳上ってすごく大人だと思っていたけれど、この歳になってみるとそうでもないんだなあとがっかり」(28歳・物流関係)

 相手はフレンドリーに接しているだけのつもりなのかもしれませんが、LINEのテンションもTPOが大事。距離感の遠かった相手から、雑なノリで接してこられるとなんだか一歩引いてしまいますよね。

直感型タイプとのLINEのやり取り…疲れる!

「もともと真面目な人がタイプだったのですが、最近長く付き合っていた人と別れたので、次は深く物事を考えすぎない人と付き合おう、と決めて、アプリで彼氏を作りました。新しい彼氏は頭はいいものの、だからこそ深く考えない直感型。シンプルでいいかな、と思っていたのですが、LINEも直感で送ってくるのでコミュニケーションが大変……。

 夕飯に行く話をしているのにパンケーキカフェのURLを送ってきたり、会話の最中でも自分が気になった話を急に始めちゃうんです。会話ならいいんですが、これがLINEだと毎回『どういうこと?(笑)』と聞くのも面倒。次のデートに辿り着く前に嫌いになりそう」(32歳・教育関係)

 直感で会話してしまうタイプの人は単純で素直ですが、LINEでのコミュニケーションには向きません。やり取りに時間がかかるので、自分勝手な会話をする人と意思疎通するのは大変……。会っている時はよくても、LINEでは会話できないとなると、面倒に感じてしまう時間の方が長くなってしまいそう。

推敲しない時点でコミュニケーションに難アリ?

 同棲や結婚になるまでは、恋人との毎日のコミュニケーションはLINEで、という人がほとんどだと思います。

 LINEの会話は支離滅裂でも、会って話せば大丈夫という人もいるので、なるべく電話でコミュニケーションするなどの解決方法もありますが……これだけ重要なコミュニケーション方法になったLINEでの会話がしっくりこないのは、女子にとっても死活問題です。

 LINEでの会話は推敲することもできるのに、それでもそのコミュニケーションをしてくるということは、そもそも現実的に少し変わった人である場合であることも多いはず。感じた違和感は事実ですから「たかがLINE」と思っても距離をとってもいい場合もあるでしょう。

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ