100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-24 06:06
投稿日:2020-11-24 06:00
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経験、ありませんか? チャットでのコミュニケーションはその人の一部でしかありませんが、忙しい社会人にとっては、会っている時間よりもLINEしているだけの時間の方が長いもの。空気の読めない発言で、せっかくの恋心が一気に冷めてしまうことも。

30過ぎた男性の「若者言葉」がダサくて幻滅

「男友達に紹介してもらった年上男性は、ベンチャー企業で働く仕事熱心な人。会って話した時は、ちょっと意識高い系だけどいい人だな、と思っていたのですが、LINEでの会話がなんだか噛み合わなくて、萎えてしまいました。

 特に、WEB系の仕事をしているからなのか、若者言葉の乱用がすごくて。”エモい”や”チルい”など、意味を分かってるのか分かってないのが微妙なニュアンスで使ってくるのが逆におじさんっぽいっていうか……。大人なんだから、と冷めちゃいました」(31歳・メディア関係)

 ネットスラングや若者言葉は、さすがに30歳を過ぎた男性に使われるとちょっと引いちゃいますね。しかも用途が合っているのか分からない使われ方をすると、若者のマネをする痛いおじさんに。これはちょっと、100年の恋も冷めそうです。

大人だと思っていた男性の雑なLINEにがっかり

「大学時代にあこがれていた先輩と、久々のサークル飲みで再開。LINEを教えてもらって、ウキウキしながら連絡を取っていたら……。すごく爽やかで優しい人だと思っていたのですが、LINEのノリはまるで大学生。

 “ゆーて”、“オネシャス”、“あざまる!”。どれも友だちならさして気にならないのですが、始めてLINEする歳上の先輩が打ってると思うと、なんだか子供っぽい雑さでちょっと幻滅。話し言葉ならまだいいんですが、LINEだとすごく目についてしまいます。

 あの頃は3歳上ってすごく大人だと思っていたけれど、この歳になってみるとそうでもないんだなあとがっかり」(28歳・物流関係)

 相手はフレンドリーに接しているだけのつもりなのかもしれませんが、LINEのテンションもTPOが大事。距離感の遠かった相手から、雑なノリで接してこられるとなんだか一歩引いてしまいますよね。

直感型タイプとのLINEのやり取り…疲れる!

「もともと真面目な人がタイプだったのですが、最近長く付き合っていた人と別れたので、次は深く物事を考えすぎない人と付き合おう、と決めて、アプリで彼氏を作りました。新しい彼氏は頭はいいものの、だからこそ深く考えない直感型。シンプルでいいかな、と思っていたのですが、LINEも直感で送ってくるのでコミュニケーションが大変……。

 夕飯に行く話をしているのにパンケーキカフェのURLを送ってきたり、会話の最中でも自分が気になった話を急に始めちゃうんです。会話ならいいんですが、これがLINEだと毎回『どういうこと?(笑)』と聞くのも面倒。次のデートに辿り着く前に嫌いになりそう」(32歳・教育関係)

 直感で会話してしまうタイプの人は単純で素直ですが、LINEでのコミュニケーションには向きません。やり取りに時間がかかるので、自分勝手な会話をする人と意思疎通するのは大変……。会っている時はよくても、LINEでは会話できないとなると、面倒に感じてしまう時間の方が長くなってしまいそう。

推敲しない時点でコミュニケーションに難アリ?

 同棲や結婚になるまでは、恋人との毎日のコミュニケーションはLINEで、という人がほとんどだと思います。

 LINEの会話は支離滅裂でも、会って話せば大丈夫という人もいるので、なるべく電話でコミュニケーションするなどの解決方法もありますが……これだけ重要なコミュニケーション方法になったLINEでの会話がしっくりこないのは、女子にとっても死活問題です。

 LINEでの会話は推敲することもできるのに、それでもそのコミュニケーションをしてくるということは、そもそも現実的に少し変わった人である場合であることも多いはず。感じた違和感は事実ですから「たかがLINE」と思っても距離をとってもいい場合もあるでしょう。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ