相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)

コクハク編集部
更新日:2021-06-14 06:00
投稿日:2021-06-14 06:00
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。

知る人ぞ知る名所へGO!

真っ白な紫陽花たちがお出迎え(C)コクハク
真っ白な紫陽花たちがお出迎え (C)コクハク

 神奈川県相模原市にある「相模原北公園」は実は隠れた紫陽花の名所。

 なんでも200種類1万株の紫陽花が植えられているのだとか。

「アナベル」にはまだ早い

 一番の見どころは、一面に咲く「アナベル」という白い紫陽花。まあるく咲いたアナベルの群生はさぞ圧巻だろう! とわくわくしながら出かけたのです

 あれ……?

ブロッコリーみたいでかわいいよ♡(C)コクハク
ブロッコリーみたいでかわいいよ♡ (C)コクハク

 うん。全然白くない。満開には程遠いな……。

 でも、これはこれでかわいい。柔らかな緑色がちょっとブロッコリーみたいなんて思ったりして。

見ごろは6月下旬

咲いている株もあったんだけどね(C)コクハク
咲いている株もあったんだけどね (C)コクハク

 アナベルは他の紫陽花と比べ開花時期が遅く見ごろは6月下旬なのだそう。リサーチ不足をいかんなく発揮してしまいました。

「アナベル」の花言葉は「ひたむきな愛」「辛抱強い愛情」。わかった。もう少し待ってみるよ!そんでまた来る!

可憐な紫陽花たちの競演

 気を取り直して園内を散策してみます。

ほろよい

「泥酔」じゃこんなキレイな色にならないもんね(C)コクハク
「泥酔」じゃこんなキレイな色にならないもんね (C)コクハク

 酒好きにうれしい名前を冠した紫陽花を発見。

 確かにほんのりとしたピンク色がそれっぽいですね。日本で育成された品種なのだそうです。この名前をつけた人は、お酒のキレイな飲み方をわかってらっしゃるんじゃなかろうか。

初恋

思い出すあの頃(C)コクハク
思い出すあの頃 (C)コクハク

 これまたかわいい名前。

 言われてみれば、花弁の縁の細かい切れ込みが、制服のプリーツスカートの裾みたい。

 初恋かあ……。初めての彼氏を親友に奪われたんですよね。しかもその二人、結婚して今でも幸せに暮らしてるっていう。私の初恋って……。

ヨシコさんとミツコさん

 女性の名前が付いた紫陽花もありました。

 紫色の花弁に白い縁取りが印象的な「フラウヨシコ」さん。

ヨシコと申します(C)コクハク
ヨシコと申します (C)コクハク

 大ぶりのピンク花弁が重なり合う「レディミツコ」さん。

 ヨシコさんは貞淑な、ミツコさんは享楽的なイメージがしますね。しかもなんか二人とも熟女っぽい。

ミツコって呼んで(C)コクハク
ミツコって呼んで (C)コクハク

 生田緑地ばら苑に行った時も思ったけど、ほんと自分の名前の花があるっていいなあ。

 誰か贈ってくれないものだろうか(2回目)。

実は古参の「ウズアジサイ」

ポッと出ではございません(C)コクハク
ポッと出ではございません (C)コクハク

 くるんと丸まった花弁が愛らしいのが「ウズアジサイ」。

 最近よく見かけるな、新しい品種なのかな思っていたら、江戸時代からあるのだとか。おっと、大ベテランじゃないですか! 失礼いたしました。別名「オタフクアジサイ」とも言われているそうです。

おわりに

マンホールにも紫陽花(C)コクハク
マンホールにも紫陽花 (C)コクハク

 気持ちが滅入りがちな梅雨の季節を鮮やかに彩ってくれる紫陽花ですが、実は庭には植えてはいけないという説が……。病院や寺院に植えられていることが多いため「縁起が悪い」とされていたそう。

 また、平成20年には料理に添えられた装飾用の「紫陽花の葉」を食べたことによる食中毒事例が相次いで発生したことも。キレイな花には毒がある……。くれぐれもお気をつけくださいませ。

(編集K)

address:神奈川県相模原市緑区下九沢2368-1

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「3COINS」で毎日をワンランクアップ♡ おすすめアイテム3選
「3COINS」のアクセサリー、キッチン、美容など、ライフスタイルを彩るアイテムがコスパ最高でとってもかわいい♪ 気軽に...
自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...