紫陽花は憂うつな気分を吸い取る…嫁が義母に贈った意味は?

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-08 06:00
投稿日:2019-06-08 06:00
 梅雨は紫陽花の季節。小さな花をたくさん集めて丸く咲く紫陽花(あじさい)は、雨に濡れると美しく輝き、憂うつなはずの重い気分も吹き飛ばしてくれるってもんでござんす。

紫陽花の活用方法を解説します

(写真:aribaba)
(写真:aribaba)

 これからの季節、ワタクシの住む神奈川でも鎌倉は紫陽花がお目当ての観光客で街は溢れかえるんでございます。

 鎌倉のお花屋さんの友人がつぶやいておりました。

「なんか、北鎌倉の駅のホームからどんどん人が湧いてくる」と。

 ワタクシも紫陽花は大好きなお花の一つでござんす。切り花であれば周年お花屋さんでは手に入りますのよ。

 秋とは全然関係ないけれど、「秋色アジサイ」なんて名前のシックにもほどがあるロマンチックな色の紫陽花は、ワタクシ、悶絶絶叫しながらアレンジや花束にバンバン使っておるんでございます。

 最近の母の日はカーネーションに次ぐ定番アイテムにもなり、種類はホントに豊富で美しい。

 そんな紫陽花マニアのワタクシに向かって、悩めるお客様からお電話が……。

お客様  「斑目さん 聞いてくださる?」

ワタクシ 「どうしました?」

お客様  「お嫁さんから母の日に紫陽花をいただきましたの」

ワタクシ 「それは素敵でござんすね」

お客様  「確か花言葉は『心変わり』でしたわね。よりによって、そんなお花をくださるなんて……私に死ねってことかしら?」

ワタクシ 「はっ!?」

お客様  「しかもラッピングは紫と青い色でございましたのよ!……私に死ねってことかしら?」

ワタクシ 「……」

 う~~ん、謎のお電話。

 そもそもアジサイは漢字でどう書きます? 紫陽花の中に高貴な色「紫」と「陽」の字が入っているではござらんか? 縁起が悪いわけがない!!

 確かに、色が移ろうことから「移り気」という花言葉もありますが、たくさんの花が固くまとまって咲くことから「一家団らん」や「団結」などの素敵な花言葉もございます。花のエネルギーは格別!であるからそれを利用したおまじないや占いもたくさん有るのでございます!

 というわけで、今回はそんな猛烈エネルギーを放つ紫陽花の活用方法を解説させていただきます。(前置きが長~い)

紫陽花はおまじないのアイテム!

(写真:aribaba)
(写真:aribaba)

金運も魔除けも血の病も、紫陽花で撃退!

 紫陽花を使ったおまじないは、飾る日の違いが地方によりさまざまですが、いずれも金運・魔除け・血の病(婦人病)のおまじないでございます。

 金運に関してはワタクシのお店でも「金運紫陽花リース」なんてものもご注文いただいてお作りしておりますのよ。

 ですが今回は「婦人病と魔除け」に効く飾り方をチェックしてくださいませ。

 飾り始める日は地方により異なりますが、6月の6のつく日、6月16日でも、26日でもいいでござんす。

(このコラムが掲載されるのは6月6日は過ぎておるからじゃ)

 肝要なのは、半紙で生の紫陽花を包み紅白の水引で結んでトイレに逆さにして吊るすこと 。これですな。

 ドライになってもそのまま飾って効力は1年間。1年後に川に流す……は無理なので「ありがとね」の御礼を言ってごみ箱に捨てましょ。

 これは婦人病の予防と年をとってからオシモのお世話にならなくてもよくなる……なんておまじないでござんす。

 も~そんなんだったら、トイレどころかワタクシ、毎日頭から吊るしっぱなしでもいいんじゃないか?と思うくらいでございます。OH!ビバ!紫陽花!!

紫陽花のお困り相談にお答えいたします

(写真:aribaba)
(写真:aribaba)

 よく聞くお困り相談ですが、

「摘んだ紫陽花は花瓶に入れてもすぐにグッタリしちゃうのね」。

 紫陽花はお水をグングン吸うことから、飾ると「悩みを吸い取ってくれる」ともいわれておるんでございます。悩みも吸い取ってくれて魔除けにもなる紫陽花はやはり、ぜひおうちに飾りたいですよね~。

 フレッシュな紫陽花を絶対に失敗しない飾り方、ございますわよ!!

 グッタリに対抗するには…いっそ水の中にズッポリ!!

 これです。

 これが一番簡単でござんす。その際ツボミは避けて。劣化が早いですからね。ちょいと深めのガラスのお皿や陶器のお皿に色とりどりの紫陽花を一輪ずつ、浮き葉のように浮かべるのも素敵。

 風水的にも、お花にはたっぷりのお水を使うことはテッパンでござんす。お部屋の中に飾れば魔除けに、お玄関に飾れば金運に……といろいろ飾るのも良いかも。毎日水換えは絶対!だけど面倒~~。

 いいえ、手を洗うついでにできることですよ。

 開運の近道は何事においても心を配ること。これでござんす。

(写真:aribaba)
(写真:aribaba)

 長~~い前置きにご紹介しました、お姑さんに紫陽花を差し上げたお嫁さん。

「まさかの本陣に魔除けを置く?」ではなくて(笑)、お義母様に婦人病予防とオシモのおまじない、一家だんらんの気持ちも込めて差し上げた、心優しいお嫁さんだとワタクシ思っておるんでございます。

 紫陽花のおまじない。実践されるあなたに効力があることを遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...