ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは

神田つばき 作家・コラムニスト
[PR]
更新日:2021-06-25 16:00
投稿日:2021-06-25 16:00
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差があるから…」と、いつ誘えばいいのか悩み、ますますレス化する傾向に。女性からアプローチするにはどんな方法があるのでしょうか?「うわ、性欲つよっ!」とドン引きされたりしないのでしょうか?

レスの理由を問い詰められるとますます性欲減退する男たち

どうして抱いてくれないの?(写真:iStock)
どうして抱いてくれないの? (写真:iStock)

 セックスがすべてじゃないとわかっていても、セックスレスの悩みは深刻です。

「同じベッドで離れて眠る淋しさは一人で寝るより孤独」(29歳・団体職員)、「女として見てもらえてないのかと自信喪失しています」(24歳・主婦)、「レスから不倫や離婚に走る人もいるけど、夫を愛しているから私は夫に抱かれたい」(35歳・看護師)…

 女性の思いは切実ですが、そのまま放置していてもセックスレスは改善しません。

 そこで「どうしたらセックスできるようになる?」と話し合うのは逆効果。男性は考え事や話し合いをすると、ますますセクシーな気分から遠ざかってしまうのです。でも、72時間に1回精子が満タンになる男性は、刺激されればいつでもセックスできる状態になります。「私はあなたとしたい」という気持ちを自然に伝える方法を、レス経験者の意見も聞いて考えてみました。

レス慣れしてしまった二人のムードを変えられる三つの処方箋

彼に触れている間にそういう流れに(写真:iStock)
彼に触れている間にそういう流れに (写真:iStock)

1. シンプルで自然な「ボディにタッチ」

 いつでもできる自然な解消法に「彼の体への自然なタッチ」があります。

「一緒にベッドに入って、彼のペニスを触っていたらムクムクしてきて、そういう流れになった」という人は多いのです。「朝、彼より先に目を覚まして手を伸ばしてみたら、硬くなっていた。そのまま撫でたり舐めたり……」と、朝立ちを利用するのも有効です。

2. 男の気分がアガる「視覚からの刺激」

 目から入る景色が変われば興奮が高まります。長年セックスを続けている夫婦には旅行好きな人たちが多いという傾向があります。いつもと違う部屋で寝ると、相手の姿も新鮮に見えるものです。ふだんはスウェットにベッドだけど、旅館で浴衣に布団だと興奮する、というのは自然な反応なのです。

3. 「ラブグッズ」でセックスが進化する

ラブグッズで新たな快楽を♡(写真:iStock)
ラブグッズで新たな快楽を♡ (写真:iStock)

 そして最近、セックスレスに悩む女性たちへの処方箋としてちょっとしたブームが訪れているのが、女性向けラブグッズを使ったアプローチです。マンネリカップルやセックスレス夫婦向けにグッズを紹介する記事やSNSでたびたび紹介されていますね。レスが解消した後もラブグッズにハマる人たちは多いのです。それまで知らなかった感じ方や感じさせ方がわかり、女性がセックスに積極的になり、男性もそれを見て興奮するからだと言われています。

「秒でイク」
吸引系ラブグッズって?

「ラブグッズ使ってみる?」と軽いノリで誘ってみよう

 長く付き合っていると、相手のやり方や感じ方に慣れてしまうというか、飽きてしまうことはありませんか? キスして、胸に触って、次はパンツの中に手を入れて、濡れてきたら挿入……と、お互いに相手のやること、反応がわかってしまうのは仕方ないことです。

 そこで、男性対象にツイッターで「妻や恋人などパートナーから『ラブグッズを使ってみたい』と言われたらどう感じますか?」と、アンケートを取ってみました。

 回答259人中、実に243人もの男性が、女性からラブグッズを使ってみたいと言われたら「使ってみようかと思う」と答えています。男性は意外にも、女性がラブグッズを選ぶことに肯定的。レス対策に彼女が買ってきたグッズを使って、以前よりもセックスが楽しくなったというカップルの話を紹介します。

ラブグッズで
パートナーを誘ってみる

ラブグッズの効果を二人で試行錯誤

「今日はあれやらなくていいの?」(写真:iStock)
「今日はあれやらなくていいの?」 (写真:iStock)

「彼とのセックスレス解消にラブグッズが役に立ちました」と話してくれたのは、美丘さん(30歳・OL)。美丘さんがオンラインショップで買ったのは「マイメアリープラス」というクリトリスを吸引し、刺激するラブグッズでした。

 「最初彼は、俺が舐めるんじゃだめなの?と微妙な反応でした。でも、実際に使おうとすると、吸引する強さ・リズム・温度の組合せがあるので、これは強すぎる、これは弱すぎると二人で試行錯誤しました。どうやったら一番気持ちいいか、彼が興味を持って試してくれたのがうれしかったです」

 「AVみたいに男性が一方的に使えばいいというものでもないし、オナニーに用途を限っているわけでもない。彼にはそれが発見だったみたいで、すごく興味を持ってくれたんです。『今日こそセックスしようね』みたいなムードはお互いに疲れちゃいますが、『今日はあれやらなくていいの?』と軽いノリで聞いてくれるようになり、少しずつレスが解消していきました」。

マイメアリープラスが
気になる人はコチラ

ラブグッズで発見したお互いの性癖は…

男性も乳首が感じるなんて!(写真:iStock)
男性も乳首が感じるなんて! (写真:iStock)

 かなえさん(25歳・飲食業)は彼が買ってきたバイブでうんざりした経験がありました。

「大きいだけで気持ち良くないし、痛くなって二度と使いませんでした。でも、その彼とのレスが長くなってしまい、どうしても解決したかった。新しいラブグッズがあれば彼の興味を引けるかなと思って……」

 選んだのが「マイメアリープラス」だったのですが、

「いたずら心で彼の乳首を吸ってみたら、『温かい~、気持ちいい~』って反応して。男性も乳首が感じるなんて知らなかったから新鮮な発見でした。悔しがった彼が今度は私のクリトリスを吸引、いかされまくりました。そんなふうに試合か遊びみたいにして、少しずつレスが解消していったんです」

 と、レスになる前よりも今のほうがセックスを二人で楽しんでいる、と話してくれました。

マイメアリープラスの
口コミレビューが知りたい

異性の体は未知のスペース、探索のためのツールが必要

女性からラブグッズを提案してみては?(写真:iStock)
女性からラブグッズを提案してみては? (写真:iStock)

 女性の体は構造が複雑で男性にとっては未知の領域。「女性がいつしたいか分からない」「どこをどうしたら気持ちいいか分からない」と思うと男性は消極的になり、セックスレスに向かいがちです。

 美丘さんとかなえさんに勧められた「マイメアリー」を買ってみましたが、美顔器のような清潔&おしゃれなルックスで、これなら女性側から提案してもひかれることはなさそうです。女性側から「これ使ってみてもいい?」と提案して、男性のモヤモヤを吹き飛ばしてあげましょう!

マイメアリープラスは
どんな風に届くの?

関連キーワード

エロコク 新着一覧


懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク