男性が彼女を“愛おしい”と感じる6つの瞬間&彼女の特徴

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-06 06:00
投稿日:2021-07-06 06:00
 付き合った頃は愛されている実感があったのに、「付き合いが長くなるにつれて、彼氏が冷たくなった」と悩んでいる人は多いですよね。でも、中には付き合ってからも、彼女のことを「愛おしい!」と思い、ラブラブな関係を続けているカップルもいます。そこで今回は、男性が彼女を「愛おしいと感じる瞬間」をご紹介します! また、愛おしいと思われる彼女の特徴も一緒にチェックしていきましょう。

男性が彼女を愛おしいと感じる瞬間6つ

笑いのツボが合うって大事(写真:iStock)
笑いのツボが合うって大事 (写真:iStock)

 それではさっそく、男性が彼女に対して「愛おしい」と感じる瞬間を見ていきましょう。「最近、こんなシチュエーションなかったなぁ」と思った人は、ぜひ今日から意識してみると良いかもしれません。

1. さりげない気遣いを感じた時

 彼女が体調を心配してくれたり、落ち込んでいる時に励ましてくれたりと、男性の状態を気にしてさりげない気遣いを見せてきた時、男性は彼女からの愛情を感じて「愛おしい!」と思うようです。小さな気遣いでもいいので、日頃から彼の気持ちや健康状態を観察してあげることが大切ですね。

2. 笑いのツボが同じだった時

 男性は、彼女と一緒に「楽しいことを共有したい」という願望を持っている人が多いです。そのため、テレビを見ていたり、面白いことが起きたりした時に、同じタイミングで笑えると「彼女と一緒にいて楽しい」と、特別な存在に感じるのだとか。

 確かに、いつも同じことで笑えたら、一緒にいて居心地がいいですよね。これこそ、仲良しカップルの秘訣なのかもしれません。

3. 頼ってくれた時

 多くの男性は、女性の前では「男らしくいたい」「彼女を守りたい」という気持ちを持っています。そのため、必要な時に男性として頼られると、とても嬉しく「愛おしい!」と感じるそう。反対に、頼ってくれなかったり、違う人に頼ったりしているのを見ると、男性としての自信がなくなって悲しい気持ちになるようですよ。

4. 可愛く甘えてきた時

 彼女が可愛く甘えてくる瞬間、多くの男性は愛おしいという気持ちを強く感じます。そっと体を寄せてきた時や、歩いていて手をつないできた時、彼は「愛されている」と感じて、自分からも同じように大きな愛情を与えたくなります。

 ただし、欲しいもののおねだりや、疲れた時に甘えてくるなど、イラッとされて逆効果になってしまうシチュエーションもあるので、注意が必要ですね!

5. 美味しいご飯を作ってくれた時

 彼女が美味しいご飯を作ってくれる時は、男性にとって最高に幸せで、彼女に対しての愛おしさが溢れる瞬間です。若い頃は恋愛に刺激を求める男性もいますが、30代を超えると「癒し」を求めるようになります。料理上手な彼女を見て、思わず結婚した時のことを想像してしまうのかもしれませんね。

6. いつもと違う一面を見せてくれた時

 心理学で、人が“変化の差の大きさ”に強く反応することを表す「ゲイン・ロス効果」というものがあります。わかりやすく言うと、ギャップを見せるのが効果的だということ。

 いつもは強がっている彼女の涙、普段ボーイッシュな彼女がデートで着るワンピース、ギャルっぽいのに礼儀作法が完璧など、特に良い方向へのギャップを見た時に、男性は愛おしさを感じるそうですよ。

愛おしいと思わせる彼女の特徴4つ

一途な愛情にキュン(写真:iStock)
一途な愛情にキュン (写真:iStock)

 彼氏が「愛おしい」と思う瞬間を多く生み出し、彼にいつまでも大切にされる彼女には、ある4つの特徴があります。そこで、そんな女性たちの持つ特徴をチェックしていきましょう。

1. 性格が少し抜けている

 いつまでも彼氏に愛おしいと思ってもらえる女性は、完璧でスキがないタイプよりも「どこか抜けていて危なっかしい性格」の人が多いです。これは、男性の守りたいという本能にも関係しています。「俺がいなくても大丈夫」と思わせるのか、「俺がいないとこの子はダメ」と思わせるのか、それがひとつの分かれ目のようですよ。

2. 恥じらいをもっている

 付き合った当初、どんなに愛おしいと思っても、裸で部屋をうろついたり、平気でオナラをしたりするような女性になってしまっては、彼が愛おしいと思えなくなるのも無理ありません。長い付き合いになっても恥じらいを捨てず、照れたりいじらしい態度をとったりする女性のほうが、いつまでも大切にされるようです。

3. 小さなことでも喜べる

 コンビニで買ったプリンが美味しかった、時間通りの電車に乗れた、育てていた花が咲いたなど、小さなことでも思い切り喜べる女性は、男性からいつまでも愛おしいと思われやすいです。文句ばっかりの彼女といるよりも、いつも感謝の心をもった彼女といるほうが楽しいですよね。だからこそ、愛情も長続きするのでしょう。

4. 一途な性格

 根本的な問題として、彼女に「彼氏のことを愛している」という気持ちがなければ、彼からも愛おしいと思われる機会は減ってしまうでしょう。そのため、浮気性な女性よりも、一途な性格の女性のほうが、男性に愛おしいと思われる回数も多いようです。

愛おしいと思われる彼女になって幸せを手に入れよう♡

愛おしいと思われる存在に(写真:iStock)
愛おしいと思われる存在に (写真:iStock)

 何年経っても彼氏に愛おしいと思われたいなら、この記事でご紹介したシチュエーションや、愛される女性の特徴を参考にしてみてください。長年付き合っているカップルの場合、初めこそ恥ずかしいかもしれませんが、一度変わったら、彼と新しい関係を築き直せるかもしれません♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...