「ドラゴン桜」キンプリ高橋・平手ら“生徒役が弱い”は覆せたか

こじらぶ ライター
更新日:2021-06-19 06:04
投稿日:2021-06-19 06:00

「#ドラゴン桜」が世界トレンド1位に!

阿部(左)が主演を続投した令和版「ドラゴン桜」。平手(右)ら生徒役が弱いと嘆いた前作ファンはどうなった…!?/「ドラゴン桜」公式Twitter(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
阿部(左)が主演を続投した令和版「ドラゴン桜」。平手(右)ら生徒役が弱いと嘆いた前作ファンはどうなった…!? /「ドラゴン桜」公式Twitter(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 阿部寛(56)主演の日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)が快進撃を続けている。初回で世帯視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録すると、以降も14%前後と高水準を維持し、今月13日放送の最新第8話でも14.6%と初回に次ぐ高視聴率をマークした。同回では若年層をターゲットとする個人視聴率で9.3%を獲り、こちらは初回の8.8%を上回った。放送後には毎週のようにTwitter上で「#ドラゴン桜」が世界トレンド1位にもなるなど大きな反響を呼んでいる。

 通例では大人世代が視聴する伝統枠の日曜劇場だが、「ドラゴン桜」は大人にも若年層にも訴求する近年では稀有なドラマになっている。その要因は「日曜劇場ファン」(中高年)、「前作ドラゴン桜ファン」(20〜30代前後)、「生徒役と同世代の若年層」の“全方位”の心をもれなく掴んできたからだろう。

放送前は若手キャストに手厳しい声が…

 ただし、2005年放送の前作ドラゴン桜のファンからは、放送前の今作キャスト発表時には「生徒役が前作に比べ弱い」と手厳しい声も聞かれた。

 前作は生徒役に当時20歳前後だった山下智久(36)、小池徹平(35)、新垣結衣(33)、そして今作にも出演している長澤まさみ(34)ら華やかな人気若手俳優を擁した上で画期的な勉強法を交え、主に彼らと同世代の視聴者から支持を集めヒット作となった。

阿部寛&長澤まさみとの“化学反応”に期待した起用

華やかな前作から今作でも弁護士となり出演している長澤/(C)日刊ゲンダイ
華やかな前作から今作でも弁護士となり出演している長澤 /(C)日刊ゲンダイ

 今作にもKing & Princeの高橋海人(22、※高ははしごだか)や元欅坂46の平手友梨奈(19)、「こども店長」で一世風靡した加藤清史郎(19)らが出演しているが、前作の生徒役と比べるとゴールデン帯でのドラマ出演経験が少なく役者としてはお茶の間への浸透度は決して高くなかった。

 しかし今作プロデューサー、飯田和孝氏は1000人規模のオーディションでの生徒役選考について、「(ただの演技力だけではなく)生徒らしい一生懸命さが偽りなく見えるかという“純粋さ”」と「阿部さんや長澤さんと向き合ったときに成り立つか」を重要視したと語っている(「MANTANWEB」2021年5月9日配信)。

 これまで日曜劇場で「半沢直樹」シリーズなどを手掛けてきた福澤克雄氏演出のもと、飯田氏の狙い通り、上記3名に加え南沙良(19)、鈴鹿央士(21)、志田彩良(21)、細田佳央太(19)ら今作生徒役キャストは回を増すごとに成長し好演を見せている。

 まず1、2話では舞台となる龍海学園の経営改革についてなどを半沢テイストをふんだんに交え描き、若者向けと思われがちな学園ドラマに中高年の「日曜劇場ファン」を取り込んだ。

 3話以降はいよいよ東大を目指す「東大専科」での授業が始まった。勉強内容は難解な問題ではなく「基本のキ」から、効率的に楽しく理解していけるポイントを押さえたものになっており、若年層の視聴者はもちろん、大人世代も「そんな考え方があったか」と唸らせられるものばかりだ。初めは半沢テイストに戸惑っていた前作ファンも「ついにドラゴン桜らしい勉強がはじまった!」と歓喜した。

桜木健二の名セリフを振り返る

 このドラマの最も分かりやすい見せ場は阿部演じる弁護士・桜木健二の悪を正す勧善懲悪シーン、あるいは生徒を導く説得シーンだ。

「普通の家庭、普通の両親、普通の学校に行っているということ。その普通が幸運なんだ」

「親ってのは化け物だ。誰よりも長くよくお前のことを思っている。そいつに理解させるためには、親子の縁を切るくらいの覚悟が必要なんじゃないのか?」

 といった熱い名言が次々と飛び出し、生徒と同じ若年層にも親である大人世代にも刺さっている。

成長を見守る“オヤゴコロ”に火が付いた?

キャスト発表時には弱いと言われた生徒役の面々は週を追うごとに成長している/(C)日刊ゲンダイ
キャスト発表時には弱いと言われた生徒役の面々は週を追うごとに成長している /(C)日刊ゲンダイ

 阿部の凄みある演技にも生徒役の面々は時に涙を流し、時に奮い立って行動に移し全力で応えてきた。それが劇中の役柄としての成長でもあり、演じ手の役者としての成長にも見える。その姿が、年代を問わず見る者の心を動かし、その生徒を応援したいという気持ちを生み出している。

 キャスト発表時には「生徒役が弱い」と嘆いていた前作ファンも、「生徒全員の推しになった」「みんながみんな可愛く見えてきた」と今ではすっかり今作の生徒一人一人に思い入れが沸いているようで、「みんな頑張っているから全員合格して欲しい」と願うようになっている。「みんな顔も名前も覚えたし、今後大きく羽ばたいてまた共演するとこ見たい」と期待する声もある。

 今作が日曜劇場でありながら若年層含め“全方位”のファンを掴み大ヒットに繋がったのは、阿部の力強い存在感に「純粋な演技力」で応え続けている生徒役の魅力によるところも大きいだろう。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

エンタメ 新着一覧


Snow Man渡辺翔太「弊社の誤爆」発言が物議?WEST.の中間淳太ファンは怒りも真相は…
 Snow Manの渡辺翔太(31)が、16日に行ったインスタライブの発言が物議を醸している。イタリアミラノで開催するス...
2024-06-18 17:03 エンタメ
本田翼のファミレス写真に人影が写りこんでいる? 「誰と食べてるの?」「男か?」と興味津々の声
 女優の本田翼(31)が6月15日、ファミリーレストランに行った際の写真5枚をインスタグラムに投稿した。  1枚目と2...
2024-06-18 17:03 エンタメ
香川照之の干され状態いつまで?“激変”話題も私生活でも悪役に徹した代償
 香川照之がテレビから姿を消して早2年。2022年8月に、銀座のクラブホステスへのセクハラスキャンダルがきっかけで、レギ...
堺屋大地 2024-06-18 06:00 エンタメ
脱いでも凄い滝藤賢一。山本耕史と西島秀俊で3大ムキムキボディ俳優認定
 昭和24年1月、ついに家庭裁判所が発足。多岐川(滝藤賢一)は寅子(伊藤沙莉)たちに家裁の「五つの性格」について聞かせる...
桧山珠美 2024-06-17 17:15 エンタメ
エイベックス夏フェス「a-nation」復活で気になる「大トリは誰?」…帰宅客続出問題の解決策は
 エイベックスが主催する夏フェス「a-nation」が、今年は開催されることが6月14日にイベント公式インスタグラムで発...
2024-06-17 17:03 エンタメ
企業の社長サンたちが日曜朝に見ているTBS「がっちりマンデー」ダントツ視聴率のヒミツ
 日曜朝、橋下徹がどんなに息巻いても、中山秀征がさんざんおちゃらけても、まったく歯が立たない絶対人気の長寿番組が、TBS...
2024-06-16 17:03 エンタメ
ヘイセイ有岡“8年愛結婚”を機にMCの頭角現す?試されるアイドルの底力
 6月7日、俳優の松岡茉優(29)&Hey! Say! JUMP有岡大貴(33)が結婚を発表しました。2人の交際は過去に...
“狂犬”と化した粗品に聞く耳なし? 宮迫博之との舌戦で悪評ふんぷん…干される可能性も
 お笑い芸人「霜降り明星」の粗品(31)の言動が話題になっている。  きっかけは4月12日放送の「酒のツマミになる話」...
2024-06-14 17:03 エンタメ
1月に宮沢氷魚と事実婚&妊娠発表の黒島結菜 インスタのサブスク開始は吉と出るか?
 女優の黒島結菜(27)が6月12日夕方、「インスタグラムを充実させたく サブスクリプションはじめました~っ!」とストー...
2024-06-13 17:03 エンタメ
寅子の同級生・崔香淑が「香子ちゃん」として出現!気になるのは…
 家事審判所と少年審判所の合併の話し合いはまったく進展しない。しかし多岐川(滝藤賢一)には今一つやる気が感じられない。 ...
桧山珠美 2024-06-12 16:00 エンタメ
渡部建を“腫れ物”扱いするテレビは古い! めちゃ美味しい“食材”なのに
 2020年6月に複数の女性との不倫スキャンダルが勃発し、活動自粛していたアンジャッシュ・渡部建。活動再開後、徐々にメデ...
堺屋大地 2024-06-12 06:00 エンタメ
田中みな実“整形疑惑”の小顔に…Perfumeあ~ちゃんも劇的変化した「整体」のヤバイ効果
〈やってないんですよ〉  8日放送の番組「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)で自身の“疑惑”についてこう否定...
2024-06-11 17:03 エンタメ
太陽とシスコムーンとの共通点にザワッ Z世代に人気のIS:SUEがたまらん
 6月7日、太陽とシスコムーンの楽曲がサブスク解禁され、40代を中心としたお祭り状態になっていましたね。懐かしすぎて私も...
よねと轟の新「相棒」爆誕!男と女“くっつく思考”に冷や水を浴びせた
 花岡(岩田剛典)が違法である闇市の食べものを一切拒否して栄養失調で亡くなったと聞き、衝撃を受ける寅子(伊藤沙莉)。花岡...
桧山珠美 2024-06-10 16:20 エンタメ
皇室と週刊誌の“不幸な関係”はどんどん進む…悪いのはどっちなのか?
 この国の皇室とメディアは以前から不幸な関係にあるが、それが最近さらに悪化してきているように思う。それを感じさせたのは週...
2024-06-09 17:03 エンタメ
テレ朝・大下容子アナと「新しい地図」 NHK「ワルイコあつまれ」での異例コラボが大好評
 4日放送「ワルイコあつまれ」(NHK)に新しい地図の香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎とテレビ朝日の大下容子アナが出演し、話題...
2024-06-09 17:03 エンタメ