「ドラゴン桜」キンプリ高橋・平手ら“生徒役が弱い”は覆せたか

こじらぶ ライター
更新日:2021-06-19 06:04
投稿日:2021-06-19 06:00

「#ドラゴン桜」が世界トレンド1位に!

阿部(左)が主演を続投した令和版「ドラゴン桜」。平手(右)ら生徒役が弱いと嘆いた前作ファンはどうなった…!?/「ドラゴン桜」公式Twitter(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
阿部(左)が主演を続投した令和版「ドラゴン桜」。平手(右)ら生徒役が弱いと嘆いた前作ファンはどうなった…!? /「ドラゴン桜」公式Twitter(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 阿部寛(56)主演の日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)が快進撃を続けている。初回で世帯視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録すると、以降も14%前後と高水準を維持し、今月13日放送の最新第8話でも14.6%と初回に次ぐ高視聴率をマークした。同回では若年層をターゲットとする個人視聴率で9.3%を獲り、こちらは初回の8.8%を上回った。放送後には毎週のようにTwitter上で「#ドラゴン桜」が世界トレンド1位にもなるなど大きな反響を呼んでいる。

 通例では大人世代が視聴する伝統枠の日曜劇場だが、「ドラゴン桜」は大人にも若年層にも訴求する近年では稀有なドラマになっている。その要因は「日曜劇場ファン」(中高年)、「前作ドラゴン桜ファン」(20〜30代前後)、「生徒役と同世代の若年層」の“全方位”の心をもれなく掴んできたからだろう。

放送前は若手キャストに手厳しい声が…

 ただし、2005年放送の前作ドラゴン桜のファンからは、放送前の今作キャスト発表時には「生徒役が前作に比べ弱い」と手厳しい声も聞かれた。

 前作は生徒役に当時20歳前後だった山下智久(36)、小池徹平(35)、新垣結衣(33)、そして今作にも出演している長澤まさみ(34)ら華やかな人気若手俳優を擁した上で画期的な勉強法を交え、主に彼らと同世代の視聴者から支持を集めヒット作となった。

阿部寛&長澤まさみとの“化学反応”に期待した起用

華やかな前作から今作でも弁護士となり出演している長澤/(C)日刊ゲンダイ
華やかな前作から今作でも弁護士となり出演している長澤 /(C)日刊ゲンダイ

 今作にもKing & Princeの高橋海人(22、※高ははしごだか)や元欅坂46の平手友梨奈(19)、「こども店長」で一世風靡した加藤清史郎(19)らが出演しているが、前作の生徒役と比べるとゴールデン帯でのドラマ出演経験が少なく役者としてはお茶の間への浸透度は決して高くなかった。

 しかし今作プロデューサー、飯田和孝氏は1000人規模のオーディションでの生徒役選考について、「(ただの演技力だけではなく)生徒らしい一生懸命さが偽りなく見えるかという“純粋さ”」と「阿部さんや長澤さんと向き合ったときに成り立つか」を重要視したと語っている(「MANTANWEB」2021年5月9日配信)。

 これまで日曜劇場で「半沢直樹」シリーズなどを手掛けてきた福澤克雄氏演出のもと、飯田氏の狙い通り、上記3名に加え南沙良(19)、鈴鹿央士(21)、志田彩良(21)、細田佳央太(19)ら今作生徒役キャストは回を増すごとに成長し好演を見せている。

 まず1、2話では舞台となる龍海学園の経営改革についてなどを半沢テイストをふんだんに交え描き、若者向けと思われがちな学園ドラマに中高年の「日曜劇場ファン」を取り込んだ。

 3話以降はいよいよ東大を目指す「東大専科」での授業が始まった。勉強内容は難解な問題ではなく「基本のキ」から、効率的に楽しく理解していけるポイントを押さえたものになっており、若年層の視聴者はもちろん、大人世代も「そんな考え方があったか」と唸らせられるものばかりだ。初めは半沢テイストに戸惑っていた前作ファンも「ついにドラゴン桜らしい勉強がはじまった!」と歓喜した。

桜木健二の名セリフを振り返る

 このドラマの最も分かりやすい見せ場は阿部演じる弁護士・桜木健二の悪を正す勧善懲悪シーン、あるいは生徒を導く説得シーンだ。

「普通の家庭、普通の両親、普通の学校に行っているということ。その普通が幸運なんだ」

「親ってのは化け物だ。誰よりも長くよくお前のことを思っている。そいつに理解させるためには、親子の縁を切るくらいの覚悟が必要なんじゃないのか?」

 といった熱い名言が次々と飛び出し、生徒と同じ若年層にも親である大人世代にも刺さっている。

成長を見守る“オヤゴコロ”に火が付いた?

キャスト発表時には弱いと言われた生徒役の面々は週を追うごとに成長している/(C)日刊ゲンダイ
キャスト発表時には弱いと言われた生徒役の面々は週を追うごとに成長している /(C)日刊ゲンダイ

 阿部の凄みある演技にも生徒役の面々は時に涙を流し、時に奮い立って行動に移し全力で応えてきた。それが劇中の役柄としての成長でもあり、演じ手の役者としての成長にも見える。その姿が、年代を問わず見る者の心を動かし、その生徒を応援したいという気持ちを生み出している。

 キャスト発表時には「生徒役が弱い」と嘆いていた前作ファンも、「生徒全員の推しになった」「みんながみんな可愛く見えてきた」と今ではすっかり今作の生徒一人一人に思い入れが沸いているようで、「みんな頑張っているから全員合格して欲しい」と願うようになっている。「みんな顔も名前も覚えたし、今後大きく羽ばたいてまた共演するとこ見たい」と期待する声もある。

 今作が日曜劇場でありながら若年層含め“全方位”のファンを掴み大ヒットに繋がったのは、阿部の力強い存在感に「純粋な演技力」で応え続けている生徒役の魅力によるところも大きいだろう。

エンタメ 新着一覧


<20>ドン・ファンと大阪の愛人の逢瀬にテレビが密着取材を
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#20 「野崎幸助さんの密着取材ができないかってテレビから相談が来てい...
2021-08-03 17:03 エンタメ
田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き
 連続ドラマから2019年には映画にもなった「おっさんずラブ」の主演で人気は不動のものになったはずが……。  7月20...
2021-08-03 17:03 エンタメ
元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か
 元「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)が過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を揶揄するネタを披露していたことを理由に...
2021-08-03 17:03 エンタメ
郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁
 郷ひろみ(65)が「男の子女の子」でのレコードデビューから8月1日で50周年を迎えた。ストイックで日々トレーニングに励...
2021-08-03 17:03 エンタメ
高まるガード、ハードル、批判…現代の“要塞都市”に住まう大物を追う!
【芸能人必読!「張り込み」取材最前線】#1  ゲーテッドコミュニティーとは周囲をフェンスや塀で囲み、ゲート(門)に警備...
2021-08-03 17:03 エンタメ
五輪選手の刺青 ジム、温泉、ゴルフ場の“タトゥーお断り”も変わっていくのかも
【山田邦子 人生いろいろ】  刺青・タトゥーのオリンピック選手が増えた気がする。もともと鳶や飛脚は江戸の華。昔の東京に...
2021-08-03 17:03 エンタメ
<1>コロナ禍で運動もしないから1日4、5時間サックスを吹いてます
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#1  相撲、演歌、絵画、さらにちゃんこ店の経営と増位山太志郎さんの活躍の場は...
2021-08-03 17:03 エンタメ
斉藤由貴には妖艶オーラが…石田ゆり子では醸し出せない80年代トップアイドルの底力
 7月26日、トークバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)にゲスト出演した女優の斉藤由貴(54)。放送直後...
2021-08-03 17:03 エンタメ
鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感
 東京五輪開催中に2ケタの視聴率をキープは見事といえる。鈴木亮平(38)主演のTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊...
2021-08-03 17:03 エンタメ
小室圭さん“破談なきNY就職”は日本での雑音を避けより高みを目指すための決断
 ニューヨーク州の司法試験を終えたばかりの小室圭さん(29)のスクープが飛び込んできた。NHKが報じた<NYの法律事務所...
2021-08-03 17:03 エンタメ
「ゆーとぴあ」ホープ師匠 み~んないなくなったけれど趣味は「生きること」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】 「ゆーとぴあ」ホープ師匠(お笑い芸人/71歳) 「ゴムパッチン」「よろしく~ね...
2021-08-02 17:03 エンタメ
草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…
【あの人は今こうしている】  新井祥子さん(前草津町議会議員/52歳)  昨年12月、国内外のメディアに大きく取り上...
2021-08-02 17:03 エンタメ
シーナ&ロケッツの初ライブでのバンド名は「鮎川誠&ザ・ミラクルメン」だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#56  スポーツ観戦好きのあたしゃ「一日中オリンピックを見ている」。世界のト...
2021-08-03 15:48 エンタメ
工藤静香が“敏腕プロデューサー”と評価急上昇 Koki,の女優デビュー作が着々
 Koki,(18)の映画デビュー作となるホラー映画『牛首村』(清水崇監督)の収録は大きなトラブルもなく順調に進んでいる...
2021-08-02 17:03 エンタメ
マナー講師の諏内えみさん 男を下げる臭い、箸、爪楊枝、そしておしぼりのマナー
【最低の恋愛 最高の恋愛】  諏内えみさん(「マナースクール ライビウム」代表)  大人のマナーといえば情報番組、バ...
2021-08-02 17:03 エンタメ
宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」
 昨年、40年ぶりにビキニ姿を披露して、変わらぬ美貌と豊満体形で世間を騒然とさせた宮崎美子(62)が、またまた注目を集め...
2021-08-01 17:03 エンタメ