別れ話を切り出された…対応を誤ると“悪夢”は突然やってくる

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-06-26 06:14
投稿日:2021-06-26 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。彼との関係がしっくりといかない……倦怠期? 嫌われた? と薄々気づいていながら認めたくない気持ちでいる人、いませんか。仲良しだと思っていたのに、突然「別れよう」と言われてしまい、目の前が真っ白になったと泣きながら相談される方もいます。人はどんな形であれいつかお別れが来るものですが、心変わりで関係にピリオドを打たれるのも辛いものです。今回は、そんな悲劇が起こった時にはどう対応するのがいいのか。自分の心を守るためにも知っておいてもいいかもしれません。

男性が別れを決意する3つのケース

離婚話に至るまでには様々な不満が(写真:iStock)
離婚話に至るまでには様々な不満が (写真:iStock)

不満が蓄積して徐々に気持ちが冷めるケース

 お別れに至る理由で一番多いのがこのパターンです。結婚している場合は会話も弾みませんし、子供を交えないと一緒に出かけることもないので、男女としては“終わった関係”にお互いが気づいています。

 たとえ夫婦仲が冷え切っていたとしても、男性の特徴として離婚となると面倒くさいので、別れを決意するのはよほどの場合です。そんな男性たちでさえ“別れ”を口に出す、よほどのケースとは……。

 代表的なものに以下の3つが挙げられます。

・片付けができないゴミ屋敷嫁
・浮気をしていることが発覚した嫁
・自分(夫)の親の悪口を言う嫁

なんか急に嫌になった…(写真:iStock)
なんか急に嫌になった… (写真:iStock)

瞬間的に冷めて生理的に無理になるケース

 既婚男性は女性と違い、結婚後に今さら生理的に冷めることはそれほど多くはありませんが、“瞬間的に冷める”ケースは交際中に多く見られる傾向です。彼女のムダ毛がジョリっと唇にあたった途端、全身がぞわっとして瞬間的に相手を嫌いになってしまった……という男性もいました。

 お口が強烈に臭うのに、絡ませ系のキスをねだる彼女にゲンナリしてデートが嫌になった。ほかの男性の話を自慢げに話す無神経な女性に嫌気が差した……などなど、原因はさまざまですが、身体的な嫌悪で冷めた場合は相手に理由を伝えないのがほとんど。話を聞いても納得のいくような展開にならないのが特徴です。

 こういう時の男性は、別れ話の手前でこんなことを言い出します。

・「ごめん、仕事に集中したい」
・「会う時間がなくて申し訳ない」

ひとりになりたいって言ったのに(写真:iStock)
ひとりになりたいって言ったのに (写真:iStock)

心変わりして好きな女性ができたケース

 これは既婚・未婚男性ともにあるあるです。女性はほかに好きな人ができた場合、夫や彼氏に冷たくなりますが、男性は真逆です。申し訳なさからか、最初は少し優しくなるのでわかりづらいかもしれませんが、心変わり=浮気です。

 男性が相手の女性に本気になると、浮気がバレた時点で開き直ります。隠す必要がなくなると、朝帰りやお泊りも平気になって怖いものなし。ほかに好きな女性ができた男性が、別れたい時に見せがちな言動がこちら。

・「ひとりになりたい」
・昔の話を持ち出して因縁をつけだす

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ