愛猫と婚活とパートナー…あなたは何を優先し大事にしますか

コクリコ 編集者
更新日:2021-07-11 13:15
投稿日:2021-07-04 06:00

パートナーがますます欲しくなりました

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

「未婚女性がペットを飼うと婚期が遠のくよ」などと、たまに人に言われますが、そんなものはとうに逃しているので、そのことはあまり気にしてないんです。でも猫を飼うようになって、いっそうパートナーが欲しくなりました。

 というのも、生き物をひとりで飼うって大変で。自分が留守にする時、2匹を連れて(計11kg超え!)病院に連れていかなくてはならない時、キャットタワーを組み立てる時・捨てる時、猫砂が1袋5kg×4袋も届いてそれを家に運び込まければならない時。誰かー!!! と叫び出したくなることがあります。先日、オスの天ちゃんが結膜炎になった時も、私が押さえてるから誰か目薬を点してー! と心底思いました。パートナーっていうか人手? 人手が欲しい。

「猫が好きであること」が最優先

 今後、私がパートナーを選ぶ基準は「猫が好きであること」が最優先。「猫は好きなんですけど、猫アレルギーなんです」なんて言ってる人は論外です。私はあなたよりもうちの猫の方が絶対に好きだから。

 また、パートナーになる人は猫アレルギーでないことのほかに、うちの猫がなつくかどうかも大事な気がしています。オスの天ちゃんは人見知りで臆病なので、お客さんが来るとベッドの下やソファの下にもぐって出てきません。

 そしてメスの虹ちゃんは女性のお客さんは大好きだけど、男性があまり得意ではない。大家さん(ガリガリのおじいさん)がうちの網戸を直しにきた時も、脱兎のごとく(猫だけど)ベッドの下にもぐりこんでしまいました。

結婚相手が猫アレルギーで手放すなんて…

お相手が猫アレルギーだったという悲劇(写真:iStock)
お相手が猫アレルギーだったという悲劇 (写真:iStock)

 うちの猫たちを育ててくれたミルクボランティアさんが、独身の女性に保護猫を譲渡するのをためらってしまうのは、以前に譲渡した独身女性のことがあったから。

 その女性は猫を飼い始めてからご結婚が決まって、お相手が猫アレルギーだということで、一度引き取った猫をミルクボランティアさんに返してきたそうなのです。まだその辺に棄てなかったからよかったものの、こういうことをする人がいるから、里親になる条件が厳しくなってくるのですよね。

 私は絶対に猫を手放さない。だから私の環境にパートナーとなる人が自分の暮らしをチューニングしてくれないと困るのです。

 そんなわけで、時間のあるときにその手のアプリでパートナーを探したりもしているのですが、好きなものに「猫」と書いている人にしか興味がわかず。

猫と暮らしている同士の結婚・恋愛は?

お相手の猫も愛せるかしら?(写真:iStock)
お相手の猫も愛せるかしら? (写真:iStock)

 逆にすでに今、猫と暮らしている人は「猫同士の相性はどうだろうか(途中からの猫の多頭飼いは相性が合わなければ、喧嘩が絶えず地獄だそうで)」「うちの猫と同じくらい、あちらの猫も愛せるだろうか」と連れ子再婚のような気持ちになり、ひとりで悶々と考えてしまいます。まだなにも起きてない状況で、勝手に(笑)!

 先方からのメッセージも「コクリコさんが写真をアップされている猫ちゃんかわいいですね」とか「猫ちゃんのお名前はなんとおっしゃるのですか?」など、もはや猫のことしか聞かれず。

 やりとりしている人も「子どもの頃、実家で猫を6匹飼っていました」とか「週末は、近所の野良猫の写真を撮って歩いています」という岩合さん(※)みたいな人ばかりで、婚活をしているのかどうかもわからなくなってきております。

「猫さんとお話する時は、いつも赤ちゃん言葉になってしまいます」という人は、なんだか怖くてそっとブロックしてしまいました。。。

(※編注)…「世界ネコ歩き」でもおなじみの動物写真家の岩合光昭さん

「猫基準」で見事にゴールインした男性の話

結婚だって「猫基準」(写真:iStock)
結婚だって「猫基準」 (写真:iStock)

 猫を2匹飼っている友人(48歳・男性)が最近結婚したので、その決め手を尋ねてみました。その友人いわく、お付き合いし始めた時に「猫、見に来る?」と家に呼び、猫たちと彼女の相性がよさそうだったことと、彼女がたまたまペット可の持ち家マンションに住んでいたことだったとのこと。なんという猫基準。たいへん参考になります!

 なかなか進まぬ婚活ではありますが、もう子どもは生めないので、猫を大事にしてくれ、ともに楽しく暮らせる人が運よく見つかればいいなーと考えています。

 現実はそう甘くはなく、猫つきのおばさんが結婚するのは大変だとは思っていますし、ひとり+猫の暮らしの方がラクであろうとも思っています。

気長に探します

 でも、この先に絶対に訪れる親の死、猫の死をひとりで抱えていくのはつらい。つらい気持ちに少しでも寄り添ってくれる人……見つけられるかな? 気長に探し続けます。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...