デブっちょ勝たん♡ だから猫のダイエットは人間より難しい!

コクリコ 編集者
更新日:2021-07-04 13:22
投稿日:2021-06-27 06:00

保護猫だったのが嘘のような“巨体”ぶり

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 生後3カ月弱でわが家にやって来た2匹の保護猫きょうだい

 来た時は天ちゃん(オス)1.4kg、虹ちゃん(メス)1.2kgで、ちいちゃい! かわいい! と思っていたのですが、2歳になった今、天ちゃんは5.2kg、虹ちゃんはなんと6.0kgとなっています。BIG!

 生猫の標準体重は3~5kgだそうで、個体差が非常に大きいのですが、わが家の2匹は「栄養たっぷり」という感じ……つまり太っています。

 そもそも生まれながらの骨格からして大柄ではあるようなのですが、そこに脂肪がついて、お腹周りはたぷっとして、ちょっと二重あごでもあり、まったく野性味を感じないフォルム。元野良猫とは思えません。ジャンプしたり走ったりは軽快にこなしているように見えるのですが、最近は登ったと思った瞬間にキャットタワーから落下することもあり、「太っている自分をコントロールできてないのかな?」と思うこともあります。

ダイエットフードも療養食もNG(涙)

ダイエットは猫だって難しいのです(写真:iStock)
ダイエットは猫だって難しいのです (写真:iStock)

 太っている猫はかわいい。それを売りにしてSNSに投稿している人もいる。でも人間同様、やっぱり猫も肥満では病気になることがあるそうなのです。これ以上太るのは危険、健康的にやせたほうがいいと、どの動物病院でも言われます。「おいしいものいっぱい食べてるのね~」って看護師さんも必ずおっしゃいますが、これはとても優しく注意されているのです。

 満腹感をサポートするフードや、低カロリーのフードというものが販売されていて、わが家の猫たちもこれらのダイエットフードにトライしてみたのですが、虹ちゃんは先天的に腸に問題があり、ダイエットフードを食べると血便が出てしまい、軟便に苦しむことになりました。

 ダイエット系のフードとは、つまり繊維質を多く含む食材で満腹感をサポートしたり、便通をよくするもの。つまり腸にはよくないのです。

 ということで、虹ちゃんにはダイエットフードは厳禁。腸によいとされる療法食を与えているのですが、これはね……カロリーが高いんですよ。しかも獣医さんによると味もとてもよいそうで(おかあさんも食べてみたけど味の違いまではよくわからず)、とにかく食いつきがいい。もりもり食べて、どんどん大きくなっております。

 ヤメテー(byおかあさんと、おそらく虹ちゃんの叫び)。たとえおいしくないフードでもよく食べる女、それが虹ちゃん。彼女が食欲をなくしたのはただ一度、おもちゃの紐を誤飲したときだけです。

食に興味がなさげなのにデブのなぜ

見てないところで食べてるの?(写真:iStock)
見てないところで食べてるの? (写真:iStock)

 いっぽう天ちゃんはフードにあまり興味がなく、ご飯の時間になってもふた口ほど食べてはどこかに遊びに行ってしまい、ごきげんで帰ってくるとすべて虹ちゃんに食べつくされている始末。天ちゃんがわが家に来る前、ミルクボランティアさんのお宅で育てられていた当時のお食事動画を見ても、いわゆる「遊び食い」というか、隣の子猫ちゃんのお皿に手を突っ込んだり、どっかに遊びに行ったり……。

 フードに興味がないのは生まれつきなのかもしれません。なのになぜか太っているのは、ものすごく代謝が悪いのか、私の見てないところでがっついているからか。

おかあさんは見守り続けている…

 決まった時間になるとフードが自動で出てくる自動給餌機も販売されていて、それを使えば私が外出中も食事ができて便利なのですが、猫だけで自由に食事をさせると虹ちゃんが2匹分食べまくってもっと太る恐れがあるので、これは使えず。

 面倒ですが毎食自分で計量して与え、食べ終わるまで見守り、天ちゃんが食べない分はその都度片づけることにしています。こんなに気をつけているのに2匹とも太っている。

猫も人間も運動だけではやせない…?

野良猫は丸1日食べられない時も(写真:iStock)
野良猫は丸1日食べられない時も (写真:iStock)

 今の体重から1日に必要なカロリーを計算をして、そこからダイエット中の猫に必要なカロリーを導き出し(だいたい普通の猫に必要なカロリー×0.8倍くらいに)、厳密に計量してフードを与えているのに、どうしても太っている。猫はどんなに運動してもそれではやせられないそうなので、食事で調整するしかないのだそう。困った。

 野良猫は丸1日食べ物にありつけないこともあり、野生で生き抜くのはとても厳しいと聞きますが、うちの猫たちなんて外では1日も生きられないと思います。だっておうちにいれば、どんどんご飯が出てくるのだから。

ものすごーく切実なおやつ問題

 お腹が空いたらフードのお皿に手をつっこむ、フードの入っている戸棚の前で鳴く、おかあさんが朝寝坊しているときは髪の毛をもしゃもしゃかじって起こす、などさまざまな方法で食べ物を要求してくる。あまりにしつこく要求してくると、こちらも面倒になっておやつをあげてしまう(←太る原因、絶対これ)。あんなにカロリー計算しているの……バカー!

 猫が太っている原因はほとんど人間のせい。気を引き締めておやつも食事も減らします。でもね、おやつを手にしたおかあさんは、その瞬間、コンサート会場のアイドルみたいに人気者になれるのです。

 猫たちがきゃーきゃー言ってるんです。そのおやつ、ちゅ~るっていうんですけどね。猫に好かれたいという気持ちとやせさせなくてはという気持ちの間で日々揺れております。

 次回へ続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...