高齢化社会を実感…60半ばのおじいちゃまからの“交際希望”

コクハク編集部
更新日:2019-02-25 13:21
投稿日:2014-11-29 06:00
まだまだ元気なおじいちゃんに困惑(写真:iStock)
まだまだ元気なおじいちゃんに困惑 (写真:iStock)

 知り合いがココで結婚したという、お見合いおばさんが主催するパーティーに参加しました。

 案内された席には、息子の代打で父親登場かと思わざるを得ない68歳のおじいちゃん。わが身の市場価値の低さを痛感しました。

 のっけから92歳のお母さんの介護話に、早期退職して間もなく乳がんで妻を亡くした話、その後は持病トーク。

 さらに後から遅れて60代半ばのおじいちゃんに、アラフォー女子の4人で1卓。女性側は2人とも160センチの大柄、スポーツ好き。対するおじいちゃん組は時代のせいで背も小さい。加齢臭を超えて老人臭の域。

 その晩、2人のおじいちゃんから「交際希望」との意向が届き、まだ結婚する気があることにドン引き。近所のお姉さま方に報告すると、「話を聞く限り、古い家があるだけで資産はないね。昔の人は素材がいいから、あなたより長生きするわよ」とのご意見。

「青酸化合物疑惑のオバサンぐらい割り切れれば。でも、そこまで相手に妥協できないのよね」と同年代の女友達とぼやいていました。
(つづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM