運命の人って? ビビッとこなくても実はそばにいたりする

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-03-26 06:13
投稿日:2019-02-20 06:00
 若いころにデキ婚や電撃婚をするならまだしも、恋愛経験を積めば積むほど「男性をどう選んだら良いのかが分からない」と臆病になってしまうものですよね。
 幸せな結婚生活を送っている友人に聞きたいことはひとつだけ。「運命の人ってどうやって分かるの?」ということではないですか?

自分の勘も相手の勘もあてにならない

運命の人は自分で作る(写真:iStock)
運命の人は自分で作る (写真:iStock)

「出会った瞬間にビビッときた!運命の人って分かった!」そんな運命的な出会いに憧れる女性は多いでしょう。でも、あるデータによると、そんなビビビ婚で結婚したカップルの離婚率は、そうではない人と比べて1.6倍も高いそう。

 つまりは、自分の勘も相手の勘もあてにならないということなんです。まさに「恋は盲目」ですね。

 では、どうやったら「運命の人」を見極めることができるのでしょうか。

運命の人がそんな人だったら疲れませんか?

 その人のことを考えるだけで胸が苦しくなったり、その人の言動1つにいちいち心が揺れて振り回されたり、と、多くの女性がそんな経験をしたことがあるでしょう。それをきっと、恋だとか、愛だとか、そんな言葉に置き換えるはずです。

 でも、よく考えてみましょう。「運命の人がそんな人だったら疲れませんか?」

 一時的にお付き合いをするのではなく、今後結婚して家庭を持ち、もしかしたら子供が生まれ、よぼよぼになるまで連れ添う相手なのです。いちいちジェットコースターのようなドキドキ感を持っていられますか?いやいや、疲れますよね。

ドキドキ感がなく物足りない、でもなぜか安心する

安心感が一番(写真:iStock)
安心感が一番 (写真:iStock)

 実は、運命の人はその真逆の特徴を持っています。

 ドキドキ感が足りない、なんか物足りない、なんか違う……?でも、なぜか安心する、なぜか飽きない。そんな気持ちにさせてくれる人は、運命の人候補だと思って良いと思います。逆に、付き合って1年も2年も経っているのに未だ胸が苦しい恋愛をしているのであれば、相手がいわゆる「悪い男」の可能性もありますよ。よく見つめてみましょう。

運命の人は自分が作るもの

 占い師に「この人は相性が良い」と言われたから結婚した。「良い人じゃん!」と友達に太鼓判を押されたからお付き合いを始めた。など、他人任せにしても誰も責任を取ってくれません。

 結局のところ「運命の人」は自分が作るものだと思うのです。育った環境も考え方も違うのですから、「ここが足りない」と思ってしまうのは当たり前。それを許せるかどうかという話なのです。

 友人が結婚相談所で知り合った、年収以外はタイプではない男性。最初は「かっこ悪い、ダサい」なんて言っていたのに、3ヶ月後「星野源に見えてきてなんか素敵!」とウキウキしていました。私は驚愕しました。女性は、脳みその仕組みまで都合良く変えることができるんだ!って。

「運命」というスピリチュアル的な言葉に頼らなくても、サインはいつだってすぐそばにあるのです。まずは、そばにいる男性のことをじっと見てみましょう。運命の人にするべきか、しないべきかが分かるはずですよ。

ラブ 新着一覧


FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ