逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-22 06:00
投稿日:2021-07-22 06:00
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見え見えな「間違いモテ仕草」かも……。逆効果になって恋を逃してしまう前に、この機会に見直してみても良いかもしれません! そこで今回は、間違いモテ仕草とモテるorモテないの境界線をご紹介します。

それもう古いよ…男性が冷める「間違いモテ仕草」4つ

過度のボディタッチは軽く見られちゃう(写真:iStock)
過度のボディタッチは軽く見られちゃう (写真:iStock)

 男性が冷めてしまう「間違いモテ仕草」。さっそくチェックしてみましょう!

1. 谷間を強調

 前にかがんだ姿勢をして、あえて谷間を強調する女性がいますが、これは「間違いモテ仕草」のひとつです。

 実際のところ、男性は目のやり場に困ってしまうほか、「誰にでも胸を見せる軽い女」という印象を持ってしまいます。谷間は、見えそうで見えないくらいがちょうど良いんですよ。

2. アヒル口

 女性が可愛いと思っている「アヒル口」も、男性には不評な間違いモテ仕草。アヒル口は男性からすると、「睨んでいる」「可愛くない」と散々な感想ばかり……。

 さらに、過去に多くの女性の間でアヒル口が広がったため、今やると時代遅れな印象を与えてしまいます。モテたいなら、アヒル口を笑顔に変えるほうが得策でしょう。

3. 天然アピール

 天然かどうかは、意外と周囲の人にわかってしまうもの。計算しながら作り出した天然さをどんなにアピールしても、男性をただイライラさせてしまうだけです。

 また、フォローに困る不思議発言や、おっちょこちょいアピールをすればするほど「イタい女」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

4. 過度なボディタッチ

「男性はボディタッチが好き」と思っている女性は多いですが、実はそうとも限りません。中には「あざとい」と感じる男性も多く、硬派な人ほど引いてしまうのだとか。

 特に、歩く時に腕に胸を押し付けるなどの過激なボディタッチは「軽い女」「簡単に落ちるかも?」と思われるのがオチです。好感度を上げたいなら、気安く触るのはやめましょう。

「間違いモテ仕草」と「愛されるモテ仕草」の境界線3つ

わざとらしさに男性はドン引き(写真:iStock)
わざとらしさに男性はドン引き (写真:iStock)

 さまざまなモテ仕草がありますが、モテるとモテないを分ける境界線はなんでしょうか? 3つの違いをご紹介します。

1. 「わざとらしさ」がないか

 どんなに可愛いモテ仕草でも、下心が見え隠れする“わざとらしさ”があると男性は引いてしまいます。「成り行きで谷間が見えてしまった」「たまたま上目遣いの位置関係になった」という自然な感じを演出できれば、一気にモテる方向に流れが変わりますよ。

2. 「見せる頻度」が適度か

 モテ仕草は、見せる頻度も重要。普段クールな女性がたまに甘えた声を出す、おとなしそうな女性がたまにボディタッチをしてくるなど、「不意をつかれた瞬間」に、男性はドキッとするのです。過度にアピールするほど、引かれてしまうので注意が必要です。

3. 「マナー」を考えているか

 男性の多くは、女性の品の良さを重視しています。たとえば、食事中にモテ仕草だからと髪をかき上げられても、ただ「不潔」としか思われません。自分の見え方ばかりを考えるよりも、マナーを考えて行動したほうがモテにつながるはずですよ。

「間違いモテ仕草」は男性の心を冷めさせる!

普段の仕草を振り返ってみよう(写真:iStock)
普段の仕草を振り返ってみよう (写真:iStock)

 間違いモテ仕草は、モテるどころか、男性の恋心を一気に冷めさせる原因にもなってしまいます。ぜひこの機会に、普段の仕草を見直して、男性の心を掴む振る舞いを身につけてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ