逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-22 06:00
投稿日:2021-07-22 06:00
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見え見えな「間違いモテ仕草」かも……。逆効果になって恋を逃してしまう前に、この機会に見直してみても良いかもしれません! そこで今回は、間違いモテ仕草とモテるorモテないの境界線をご紹介します。

それもう古いよ…男性が冷める「間違いモテ仕草」4つ

過度のボディタッチは軽く見られちゃう(写真:iStock)
過度のボディタッチは軽く見られちゃう (写真:iStock)

 男性が冷めてしまう「間違いモテ仕草」。さっそくチェックしてみましょう!

1. 谷間を強調

 前にかがんだ姿勢をして、あえて谷間を強調する女性がいますが、これは「間違いモテ仕草」のひとつです。

 実際のところ、男性は目のやり場に困ってしまうほか、「誰にでも胸を見せる軽い女」という印象を持ってしまいます。谷間は、見えそうで見えないくらいがちょうど良いんですよ。

2. アヒル口

 女性が可愛いと思っている「アヒル口」も、男性には不評な間違いモテ仕草。アヒル口は男性からすると、「睨んでいる」「可愛くない」と散々な感想ばかり……。

 さらに、過去に多くの女性の間でアヒル口が広がったため、今やると時代遅れな印象を与えてしまいます。モテたいなら、アヒル口を笑顔に変えるほうが得策でしょう。

3. 天然アピール

 天然かどうかは、意外と周囲の人にわかってしまうもの。計算しながら作り出した天然さをどんなにアピールしても、男性をただイライラさせてしまうだけです。

 また、フォローに困る不思議発言や、おっちょこちょいアピールをすればするほど「イタい女」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

4. 過度なボディタッチ

「男性はボディタッチが好き」と思っている女性は多いですが、実はそうとも限りません。中には「あざとい」と感じる男性も多く、硬派な人ほど引いてしまうのだとか。

 特に、歩く時に腕に胸を押し付けるなどの過激なボディタッチは「軽い女」「簡単に落ちるかも?」と思われるのがオチです。好感度を上げたいなら、気安く触るのはやめましょう。

「間違いモテ仕草」と「愛されるモテ仕草」の境界線3つ

わざとらしさに男性はドン引き(写真:iStock)
わざとらしさに男性はドン引き (写真:iStock)

 さまざまなモテ仕草がありますが、モテるとモテないを分ける境界線はなんでしょうか? 3つの違いをご紹介します。

1. 「わざとらしさ」がないか

 どんなに可愛いモテ仕草でも、下心が見え隠れする“わざとらしさ”があると男性は引いてしまいます。「成り行きで谷間が見えてしまった」「たまたま上目遣いの位置関係になった」という自然な感じを演出できれば、一気にモテる方向に流れが変わりますよ。

2. 「見せる頻度」が適度か

 モテ仕草は、見せる頻度も重要。普段クールな女性がたまに甘えた声を出す、おとなしそうな女性がたまにボディタッチをしてくるなど、「不意をつかれた瞬間」に、男性はドキッとするのです。過度にアピールするほど、引かれてしまうので注意が必要です。

3. 「マナー」を考えているか

 男性の多くは、女性の品の良さを重視しています。たとえば、食事中にモテ仕草だからと髪をかき上げられても、ただ「不潔」としか思われません。自分の見え方ばかりを考えるよりも、マナーを考えて行動したほうがモテにつながるはずですよ。

「間違いモテ仕草」は男性の心を冷めさせる!

普段の仕草を振り返ってみよう(写真:iStock)
普段の仕草を振り返ってみよう (写真:iStock)

 間違いモテ仕草は、モテるどころか、男性の恋心を一気に冷めさせる原因にもなってしまいます。ぜひこの機会に、普段の仕草を見直して、男性の心を掴む振る舞いを身につけてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼女がほしくなる男性心理!寂しさを感じる時にアプローチを♡
 男性が「彼女がほしい」と思う心理とは、いったいどんなものなのでしょうか? そんな男性の心理や彼女がほしくなるタイミング...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
夫婦円満なのに離婚するのはなぜ? 4つの原因と回避する方法
 離婚率が増えた昨今、離婚そのものにはさほど驚かなくなりましたが、円満に見えていた夫婦の離婚の報告には驚いてしまう人も多...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ