美人なのにモテない“非モテ美人”の特徴&脱出する方法5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-12 06:00
投稿日:2020-11-12 06:00
 誰もが羨む“美人”を見ると、「きっとモテるんだろうな」と誰もが思うもの。しかし、美人なのになぜかモテない「非モテ美人」もいるんです。本来であれば、美人というだけでモテるはずなのにモテないのには、それなりの理由が隠れています。そこで今回は、非モテ美人の特徴や、非モテから脱出する方法を見ていきましょう。

「非モテ美人」に見られる5つの特徴

美人でも汚部屋住民だったら…モテるわけがないよね(写真:iStock)
美人でも汚部屋住民だったら…モテるわけがないよね (写真:iStock)

 美人は、それだけで得をするもの。男性に優しくされたり、ご馳走してもらえる機会も多いでしょう。しかし、中には美人にも関わらず、男性とご縁がない人もいます。実は、そんな女性には共通の特徴が見られるんですよ。

1. 容姿は良いけど清潔感がない

 美人であれば、「それだけでモテるだろう」と思われがち。しかし、男性だって容姿だけを見て女性を判断している訳ではありません。

 実は、非モテ美人の中には身なりに清潔感がない人が少なくないようです。単に、「ファッションやメイクに興味がない」という人もいますが、容姿に自信があるゆえに、身なりに気を使わなくなってしまう人もいます。

2. 自己中で周りの空気が読めない

 誰だって自分が美人と自覚していれば、自信を持つでしょう。もちろん、自信を持つこと自体は悪いことではありません。

 しかし、自信から自分よがりな行動に出てしまっては、周りを不快にさせてしまいます。周りの人の意見を聞かずに自分の考えだけを通そうとして、「私はそうは思わない!」なんて発言してしまえば、"空気の読めない女"として敬遠されることになるでしょう。

3. 表情が乏しい

 モテる女性は、何よりも笑顔が多いという特徴があります。この笑顔は、男性にとっては心惹かれるポイントともいえるでしょう。

 それに対して非モテ美人は、表情が乏しく無表情の人が多いです。物心ついた頃から「美人だね」とチヤホヤされてきたことから、愛想を振りまく必要がなかったことも原因のひとつかもしれません。しかし、これでは何を考えているのか分からず、男性からは「近づきにくい」と思われてしまうでしょう。

4. 品がない

 どんなに美人でも言葉遣いが汚かったり、ファッションに品がなければ、モテることはありません。この品がないことが原因で、非モテになっている人もいます。

 美人の人は、「容姿がいいから、何をしても許される」と思っているかもしれませんが、やはり男性は見た目だけでなく、中身も見ているもの。美人でも、女性らしさがなければ魅力的に映らないでしょう。

【あわせて読みたい】育ちが良さそう!思わずドキッとさせられた品のある女性たち

5. 自信があるゆえにプライドが高い

 美人というと、「プライドが高い」というイメージを持つ人が多いでしょう。実は、この「プライドが高い」というのも、非モテ美人の特徴のひとつです。

 男性から「綺麗な人だな」と思われることはあっても、プライドが高く、お高くとまって見える女性は、恋愛対象としては見られにくいでしょう。また、たとえ好意を抱いていても、近寄り難くアプローチできずに諦めてしまう男性も少なくありません。

モテるにはどうすれば良い? 非モテ美人から脱出する5つの方法

常に笑顔を!(写真:iStock)
常に笑顔を! (写真:iStock)

 自分に自信がある女性の中には、「どうして、私は美人なのにモテないの?」と不満を持っている人もいるでしょう。確かに、美人であればモテる可能性は高いです。しかし、美人でもモテるためには、努力をしたり、意識を変えることが必要ですよ。

1. 常に笑顔を意識する

 美人だからといって、どんな表情でも魅力的に映るわけではありません。月並みですが、やはり男性の心を掴むためには、笑顔が必須!

 笑顔は周りの空気を明るくするだけでなく、あなた自身も気持ちが明るくなってくるはず。そうなれば、周りに男性だけでなく、自然と人が集まってくることになるでしょう。自ずと出会いも増えてくるはずです。

2. 清潔感ある身だしなみを心がける

 モテる女性は、何よりも身だしなみに気を使っています。清潔感がある身だしなみは、年齢問わず多くの人に好印象を与えることができます。つまり、それだけ身だしなみは重要ということです。

 必ずしも、高級なものを身につけなければならないというわけではありません。美人ということに頼らず、どんなものを身につけたら可愛く見えるのか?など、自分に合った服装や髪型などを研究してみると良いでしょう。

3. 女性らしさを心がける

 女性らしい言動や行動は、男性にとってドキッとするもの。それまで好意を抱いていなかった女性であっても、ふとした女性らしいしぐさや言葉遣いを見て、心惹かれることがあるんです。

 しかし、逆に「綺麗な人だな」と思っていた人のガサツな言動や行動を目にした瞬間、一気に冷めてしまうことも。どんなに美人でも、女性らしい言動が男性の心を掴むきっかけになることを心に留めておきましょう。

4. 空気を読みながら、コミュニケーションをとる

 子供の頃から、「美人さんだね」なんてチヤホヤされてきた人は、いつも会話の中心に自分がいたはず。それゆえに、周りの空気を読むことが苦手かもしれません。

 しかし、大人になれば子供の頃のようにはいきません。その状況に合わせて空気を読み、コミュニケーションをとることが必要。空気を読むことが苦手な人は、思ったことをすぐに発言せず、「この発言は、この場にふさわしいか?」と考えてみましょう。

5. 自信があっても表に出さない

 同性から嫌われている美人もいます。そんな女性の多くは、「私は美人だから」という態度を出してしまっているのではないでしょうか。これでは、男性から見ても良い印象にはならないでしょう。

 モテたいと思うのであれば、その自信を表には出さないこと。「能ある鷹は爪を隠す」といいますが、自信がある部分は特別な相手だけに見せれば十分なはずです。

非モテ美人にならないためには、努力が必要!

いつまでも「非モテ」美人じゃもったいない!(写真:iStock)
いつまでも「非モテ」美人じゃもったいない! (写真:iStock)

 美人となれば、それだけで得をすることが多いはず。しかし、中には男性からのアプローチを受けられない女性もいます。

 確かに、「美人=高嶺の花」と思われることはあれど、美人の中にはモテる人もたくさんいます。逆に、美人なのにモテない「非モテ美人」になってしまうのは、それなりの理由があるのかもしれません。ぜひこの記事を参考に、非モテ美人から脱出してくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ