美人なのにモテない“非モテ美人”の特徴&脱出する方法5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-12 06:00
投稿日:2020-11-12 06:00
 誰もが羨む“美人”を見ると、「きっとモテるんだろうな」と誰もが思うもの。しかし、美人なのになぜかモテない「非モテ美人」もいるんです。本来であれば、美人というだけでモテるはずなのにモテないのには、それなりの理由が隠れています。そこで今回は、非モテ美人の特徴や、非モテから脱出する方法を見ていきましょう。

「非モテ美人」に見られる5つの特徴

美人でも汚部屋住民だったら…モテるわけがないよね(写真:iStock)
美人でも汚部屋住民だったら…モテるわけがないよね (写真:iStock)

 美人は、それだけで得をするもの。男性に優しくされたり、ご馳走してもらえる機会も多いでしょう。しかし、中には美人にも関わらず、男性とご縁がない人もいます。実は、そんな女性には共通の特徴が見られるんですよ。

1. 容姿は良いけど清潔感がない

 美人であれば、「それだけでモテるだろう」と思われがち。しかし、男性だって容姿だけを見て女性を判断している訳ではありません。

 実は、非モテ美人の中には身なりに清潔感がない人が少なくないようです。単に、「ファッションやメイクに興味がない」という人もいますが、容姿に自信があるゆえに、身なりに気を使わなくなってしまう人もいます。

2. 自己中で周りの空気が読めない

 誰だって自分が美人と自覚していれば、自信を持つでしょう。もちろん、自信を持つこと自体は悪いことではありません。

 しかし、自信から自分よがりな行動に出てしまっては、周りを不快にさせてしまいます。周りの人の意見を聞かずに自分の考えだけを通そうとして、「私はそうは思わない!」なんて発言してしまえば、"空気の読めない女"として敬遠されることになるでしょう。

3. 表情が乏しい

 モテる女性は、何よりも笑顔が多いという特徴があります。この笑顔は、男性にとっては心惹かれるポイントともいえるでしょう。

 それに対して非モテ美人は、表情が乏しく無表情の人が多いです。物心ついた頃から「美人だね」とチヤホヤされてきたことから、愛想を振りまく必要がなかったことも原因のひとつかもしれません。しかし、これでは何を考えているのか分からず、男性からは「近づきにくい」と思われてしまうでしょう。

4. 品がない

 どんなに美人でも言葉遣いが汚かったり、ファッションに品がなければ、モテることはありません。この品がないことが原因で、非モテになっている人もいます。

 美人の人は、「容姿がいいから、何をしても許される」と思っているかもしれませんが、やはり男性は見た目だけでなく、中身も見ているもの。美人でも、女性らしさがなければ魅力的に映らないでしょう。

【あわせて読みたい】育ちが良さそう!思わずドキッとさせられた品のある女性たち

5. 自信があるゆえにプライドが高い

 美人というと、「プライドが高い」というイメージを持つ人が多いでしょう。実は、この「プライドが高い」というのも、非モテ美人の特徴のひとつです。

 男性から「綺麗な人だな」と思われることはあっても、プライドが高く、お高くとまって見える女性は、恋愛対象としては見られにくいでしょう。また、たとえ好意を抱いていても、近寄り難くアプローチできずに諦めてしまう男性も少なくありません。

モテるにはどうすれば良い? 非モテ美人から脱出する5つの方法

常に笑顔を!(写真:iStock)
常に笑顔を! (写真:iStock)

 自分に自信がある女性の中には、「どうして、私は美人なのにモテないの?」と不満を持っている人もいるでしょう。確かに、美人であればモテる可能性は高いです。しかし、美人でもモテるためには、努力をしたり、意識を変えることが必要ですよ。

1. 常に笑顔を意識する

 美人だからといって、どんな表情でも魅力的に映るわけではありません。月並みですが、やはり男性の心を掴むためには、笑顔が必須!

 笑顔は周りの空気を明るくするだけでなく、あなた自身も気持ちが明るくなってくるはず。そうなれば、周りに男性だけでなく、自然と人が集まってくることになるでしょう。自ずと出会いも増えてくるはずです。

2. 清潔感ある身だしなみを心がける

 モテる女性は、何よりも身だしなみに気を使っています。清潔感がある身だしなみは、年齢問わず多くの人に好印象を与えることができます。つまり、それだけ身だしなみは重要ということです。

 必ずしも、高級なものを身につけなければならないというわけではありません。美人ということに頼らず、どんなものを身につけたら可愛く見えるのか?など、自分に合った服装や髪型などを研究してみると良いでしょう。

3. 女性らしさを心がける

 女性らしい言動や行動は、男性にとってドキッとするもの。それまで好意を抱いていなかった女性であっても、ふとした女性らしいしぐさや言葉遣いを見て、心惹かれることがあるんです。

 しかし、逆に「綺麗な人だな」と思っていた人のガサツな言動や行動を目にした瞬間、一気に冷めてしまうことも。どんなに美人でも、女性らしい言動が男性の心を掴むきっかけになることを心に留めておきましょう。

4. 空気を読みながら、コミュニケーションをとる

 子供の頃から、「美人さんだね」なんてチヤホヤされてきた人は、いつも会話の中心に自分がいたはず。それゆえに、周りの空気を読むことが苦手かもしれません。

 しかし、大人になれば子供の頃のようにはいきません。その状況に合わせて空気を読み、コミュニケーションをとることが必要。空気を読むことが苦手な人は、思ったことをすぐに発言せず、「この発言は、この場にふさわしいか?」と考えてみましょう。

5. 自信があっても表に出さない

 同性から嫌われている美人もいます。そんな女性の多くは、「私は美人だから」という態度を出してしまっているのではないでしょうか。これでは、男性から見ても良い印象にはならないでしょう。

 モテたいと思うのであれば、その自信を表には出さないこと。「能ある鷹は爪を隠す」といいますが、自信がある部分は特別な相手だけに見せれば十分なはずです。

非モテ美人にならないためには、努力が必要!

いつまでも「非モテ」美人じゃもったいない!(写真:iStock)
いつまでも「非モテ」美人じゃもったいない! (写真:iStock)

 美人となれば、それだけで得をすることが多いはず。しかし、中には男性からのアプローチを受けられない女性もいます。

 確かに、「美人=高嶺の花」と思われることはあれど、美人の中にはモテる人もたくさんいます。逆に、美人なのにモテない「非モテ美人」になってしまうのは、それなりの理由があるのかもしれません。ぜひこの記事を参考に、非モテ美人から脱出してくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ