逆効果! LINEの危険度別「やめた方がいい恋の駆け引き」

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-25 06:02
投稿日:2020-10-25 06:00
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり、押したり引いたりしてみたり……。でも、恋の駆け引きはとても難しくリスクがつきもの! 実はそれ、逆効果かもしれないんです。
 そこで今回は、やめた方がいいLINEでの恋の駆け引きをご紹介します。余計なリスクを避けて、恋を成就させてくださいね♡

【逆効果LINE】危険度★☆☆ 空気を読まないと危ないパターン

手の内を見せすぎるハートの多用

 LINEでハートを送りすぎると、明らかに好意があると思われます。人は、相手の気持ちが好きか嫌いかわからない状態の時に、一番惹かれるもの。手の内を見せすぎると、魅力が半減するかもしれません。また、「ほかの人にも使ってそう」「ぶりっ子」と思われる可能性も大です。

謙虚なことをアピールしすぎる

「遠慮しない子」と思われそうで、ついつい謙虚さをアピールしてしまうことってありますよね。でも、断りすぎは逆効果。甘え下手なのか、嫌がっているのかがわからないからです。少しくらい甘えちゃった方が、可愛いと思われやすいですよ。

自分からLINEを送らない

 あくまで「追われる側」をキープしたいがために、自分からはLINEを送らないという女性も多いでしょう。でもあまりやりすぎると、「嫌われているのかな」と、脈なしに思われてしまうのがオチ。特に、草食系で打たれ弱い男性は、すぐに諦めてしまうでしょう。

敬語だらけのLINE

 長くLINEをやりとりしているのに、真面目な人柄に見せようとして、いつまで経っても敬語なのも少し危険です。相手がLINEで少しずつタメ口を使うようになってきたら、敬語とタメ口を織り交ぜながら会話してみましょう。

 いつまでも敬語だと「距離が縮まらない」と思われてしまうかもしれません。

【逆効果LINE】危険度★★☆ 駆け引きしすぎパターン

 続いては、危険度が高い、恋の駆け引きをしすぎのLINEパターンをご紹介しましょう。

ほかの男性の存在を匂わせる

 嫉妬心を煽ろうとして積極的に男性の影をチラつかせて駆け引きしていますが、かなり危険ですね。押しの弱い男性なら、本命がいるんだなとすぐに引いてしまうかもしれません。成功率はあまり高くない駆け引きです。

未読スルーで焦らす

 順調にLINEをやりとりしていたはずなのに、突然未読スルーにされると焦ってしまいますよね。これも、相手の性格によっては「嫌われた」と思われて、諦められてしまいます。未読スルーにするなら、未読時間を短くするなど、かなり慎重に行うべきです。

あえて誘いを断る

 せっかくデートに誘われたなら、行くべきでしょう。恋の駆け引きは、顔の見えないLINEよりも、会ってした方が空気を読みながら駆け引きできます。何回もデートに行っている状態で時々断るくらいが、ちょうど良いでしょう。

【逆効果LINE】危険度★★★ ドン引きされるパターン

 最後に、絶対にやらない方がいい、ドン引きされる駆け引きLINEをご紹介します。

誤送信で匂わせ

 誤送信で匂わせる。一見、高度なLINEテクニックのようですが、あざと過ぎますし、バレバレです。計算高い女だと思われて、ドン引きされてしまうのがオチでしょう。

自虐LINEで返信強要

「そんなことないよ!」と返ってきても、そう言うしかないだけで本心はドン引きしてるはず。もしくは、「怖い」と思われてブロックされる可能性もありますね。

毎日LINEする

 出会ったばかりで毎日LINEするのは、重すぎます。挨拶やどうでもいいことで毎日LINEがくれば、相手も脈ありでない限り、高い確率でウザがられてしまうでしょう。

LINEでの恋の駆け引きは一歩間違えると逆効果!

駆け引きする前にやることがあるかも(写真:iStock)
駆け引きする前にやることがあるかも (写真:iStock)

 ご紹介した中に、前にやってしまった経験のある駆け引きLINEはありましたか? もちろん成功することもありますが、リスクが高いことは理解しておくべきでしょう。恋の駆け引きをしなくても、あなたの魅力が伝わることが一番! 素敵な恋が成就するよう願っています♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ