逆効果! LINEの危険度別「やめた方がいい恋の駆け引き」

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-25 06:02
投稿日:2020-10-25 06:00
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり、押したり引いたりしてみたり……。でも、恋の駆け引きはとても難しくリスクがつきもの! 実はそれ、逆効果かもしれないんです。
 そこで今回は、やめた方がいいLINEでの恋の駆け引きをご紹介します。余計なリスクを避けて、恋を成就させてくださいね♡

【逆効果LINE】危険度★☆☆ 空気を読まないと危ないパターン

手の内を見せすぎるハートの多用

 LINEでハートを送りすぎると、明らかに好意があると思われます。人は、相手の気持ちが好きか嫌いかわからない状態の時に、一番惹かれるもの。手の内を見せすぎると、魅力が半減するかもしれません。また、「ほかの人にも使ってそう」「ぶりっ子」と思われる可能性も大です。

謙虚なことをアピールしすぎる

「遠慮しない子」と思われそうで、ついつい謙虚さをアピールしてしまうことってありますよね。でも、断りすぎは逆効果。甘え下手なのか、嫌がっているのかがわからないからです。少しくらい甘えちゃった方が、可愛いと思われやすいですよ。

自分からLINEを送らない

 あくまで「追われる側」をキープしたいがために、自分からはLINEを送らないという女性も多いでしょう。でもあまりやりすぎると、「嫌われているのかな」と、脈なしに思われてしまうのがオチ。特に、草食系で打たれ弱い男性は、すぐに諦めてしまうでしょう。

敬語だらけのLINE

 長くLINEをやりとりしているのに、真面目な人柄に見せようとして、いつまで経っても敬語なのも少し危険です。相手がLINEで少しずつタメ口を使うようになってきたら、敬語とタメ口を織り交ぜながら会話してみましょう。

 いつまでも敬語だと「距離が縮まらない」と思われてしまうかもしれません。

【逆効果LINE】危険度★★☆ 駆け引きしすぎパターン

 続いては、危険度が高い、恋の駆け引きをしすぎのLINEパターンをご紹介しましょう。

ほかの男性の存在を匂わせる

 嫉妬心を煽ろうとして積極的に男性の影をチラつかせて駆け引きしていますが、かなり危険ですね。押しの弱い男性なら、本命がいるんだなとすぐに引いてしまうかもしれません。成功率はあまり高くない駆け引きです。

未読スルーで焦らす

 順調にLINEをやりとりしていたはずなのに、突然未読スルーにされると焦ってしまいますよね。これも、相手の性格によっては「嫌われた」と思われて、諦められてしまいます。未読スルーにするなら、未読時間を短くするなど、かなり慎重に行うべきです。

あえて誘いを断る

 せっかくデートに誘われたなら、行くべきでしょう。恋の駆け引きは、顔の見えないLINEよりも、会ってした方が空気を読みながら駆け引きできます。何回もデートに行っている状態で時々断るくらいが、ちょうど良いでしょう。

【逆効果LINE】危険度★★★ ドン引きされるパターン

 最後に、絶対にやらない方がいい、ドン引きされる駆け引きLINEをご紹介します。

誤送信で匂わせ

 誤送信で匂わせる。一見、高度なLINEテクニックのようですが、あざと過ぎますし、バレバレです。計算高い女だと思われて、ドン引きされてしまうのがオチでしょう。

自虐LINEで返信強要

「そんなことないよ!」と返ってきても、そう言うしかないだけで本心はドン引きしてるはず。もしくは、「怖い」と思われてブロックされる可能性もありますね。

毎日LINEする

 出会ったばかりで毎日LINEするのは、重すぎます。挨拶やどうでもいいことで毎日LINEがくれば、相手も脈ありでない限り、高い確率でウザがられてしまうでしょう。

LINEでの恋の駆け引きは一歩間違えると逆効果!

 ご紹介した中に、前にやってしまった経験のある駆け引きLINEはありましたか? もちろん成功することもありますが、リスクが高いことは理解しておくべきでしょう。恋の駆け引きをしなくても、あなたの魅力が伝わることが一番! 素敵な恋が成就するよう願っています♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ