逆効果! LINEの危険度別「やめた方がいい恋の駆け引き」

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-25 06:02
投稿日:2020-10-25 06:00
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり、押したり引いたりしてみたり……。でも、恋の駆け引きはとても難しくリスクがつきもの! 実はそれ、逆効果かもしれないんです。
 そこで今回は、やめた方がいいLINEでの恋の駆け引きをご紹介します。余計なリスクを避けて、恋を成就させてくださいね♡

【逆効果LINE】危険度★☆☆ 空気を読まないと危ないパターン

手の内を見せすぎるハートの多用

 LINEでハートを送りすぎると、明らかに好意があると思われます。人は、相手の気持ちが好きか嫌いかわからない状態の時に、一番惹かれるもの。手の内を見せすぎると、魅力が半減するかもしれません。また、「ほかの人にも使ってそう」「ぶりっ子」と思われる可能性も大です。

謙虚なことをアピールしすぎる

「遠慮しない子」と思われそうで、ついつい謙虚さをアピールしてしまうことってありますよね。でも、断りすぎは逆効果。甘え下手なのか、嫌がっているのかがわからないからです。少しくらい甘えちゃった方が、可愛いと思われやすいですよ。

自分からLINEを送らない

 あくまで「追われる側」をキープしたいがために、自分からはLINEを送らないという女性も多いでしょう。でもあまりやりすぎると、「嫌われているのかな」と、脈なしに思われてしまうのがオチ。特に、草食系で打たれ弱い男性は、すぐに諦めてしまうでしょう。

敬語だらけのLINE

 長くLINEをやりとりしているのに、真面目な人柄に見せようとして、いつまで経っても敬語なのも少し危険です。相手がLINEで少しずつタメ口を使うようになってきたら、敬語とタメ口を織り交ぜながら会話してみましょう。

 いつまでも敬語だと「距離が縮まらない」と思われてしまうかもしれません。

【逆効果LINE】危険度★★☆ 駆け引きしすぎパターン

 続いては、危険度が高い、恋の駆け引きをしすぎのLINEパターンをご紹介しましょう。

ほかの男性の存在を匂わせる

 嫉妬心を煽ろうとして積極的に男性の影をチラつかせて駆け引きしていますが、かなり危険ですね。押しの弱い男性なら、本命がいるんだなとすぐに引いてしまうかもしれません。成功率はあまり高くない駆け引きです。

未読スルーで焦らす

 順調にLINEをやりとりしていたはずなのに、突然未読スルーにされると焦ってしまいますよね。これも、相手の性格によっては「嫌われた」と思われて、諦められてしまいます。未読スルーにするなら、未読時間を短くするなど、かなり慎重に行うべきです。

あえて誘いを断る

 せっかくデートに誘われたなら、行くべきでしょう。恋の駆け引きは、顔の見えないLINEよりも、会ってした方が空気を読みながら駆け引きできます。何回もデートに行っている状態で時々断るくらいが、ちょうど良いでしょう。

【逆効果LINE】危険度★★★ ドン引きされるパターン

 最後に、絶対にやらない方がいい、ドン引きされる駆け引きLINEをご紹介します。

誤送信で匂わせ

 誤送信で匂わせる。一見、高度なLINEテクニックのようですが、あざと過ぎますし、バレバレです。計算高い女だと思われて、ドン引きされてしまうのがオチでしょう。

自虐LINEで返信強要

「そんなことないよ!」と返ってきても、そう言うしかないだけで本心はドン引きしてるはず。もしくは、「怖い」と思われてブロックされる可能性もありますね。

毎日LINEする

 出会ったばかりで毎日LINEするのは、重すぎます。挨拶やどうでもいいことで毎日LINEがくれば、相手も脈ありでない限り、高い確率でウザがられてしまうでしょう。

LINEでの恋の駆け引きは一歩間違えると逆効果!

駆け引きする前にやることがあるかも(写真:iStock)
駆け引きする前にやることがあるかも (写真:iStock)

 ご紹介した中に、前にやってしまった経験のある駆け引きLINEはありましたか? もちろん成功することもありますが、リスクが高いことは理解しておくべきでしょう。恋の駆け引きをしなくても、あなたの魅力が伝わることが一番! 素敵な恋が成就するよう願っています♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ