同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-22 06:00
投稿日:2021-02-22 06:00
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の話。実は今、“ネオぶりっ子”という、男女から好かれる新しいぶりっ子が増えているのです。そこで今回は、ネオぶりっ子とぶりっ子の違いや、男女からモテるコツをご紹介します!

ネオぶりっ子って何?

みんなのハートをがっちりキャッチ(写真:iStock)
みんなのハートをがっちりキャッチ (写真:iStock)

 ネオぶりっ子とは、自称モテタレントの「ゆうこす」さんこと、菅本裕子さんが生み出した言葉で、男性からモテて、女性からも嫌われないぶりっ子のことをいいます。

 幼い頃からぶりっ子だった彼女は、元アイドルでもあり「相手にモテる」ための知識に精通しています。そんな彼女は、実際にネオぶりっ子として多くの男女の心を掴み、愛されています。

「ネオぶりっ子」と「ぶりっ子」の4つの大きな違い

ネオぶりっ子は褒め上手(写真:iStock)
ネオぶりっ子は褒め上手 (写真:iStock)

 それではまず、ネオぶりっ子と従来のぶりっ子を比較しながら、違いをチェックしていきましょう!

1. ネオぶりっ子は「ポジティブ」・ぶりっ子は「ネガティブ」

 昔のぶりっ子が、モテるためにライバル女子の悪口を言ったり、男性と女性の前での態度が違うのが特徴だとしたら、ネオぶりっ子はポジティブで積極的なのが特徴。相手がどうしたら喜ぶかを探して行動し、自分から先に相手を好きになろうと努力します。

2. ネオぶりっ子は「相手中心」・ぶりっ子は「自分中心」

 ネオぶりっ子は、とことん相手の気持ちに立って考えます。男性が好む、話を聞いてくれる女性、男心がわかる女性になろうと努力します。要は、常に相手の気持ちを中心に行動しているのが、ネオぶりっ子なのです。

 一方、昔のぶりっ子は自分を可愛く見せる仕草や服装の研究は熱心に行いますが、相手の気持ちよりも「自分をよく見せたい」「自分がモテたい」という自分中心の考え方を優先させます。

3. ネオぶりっ子は「男女同じ態度」・ぶりっ子は「男女で態度が違う」

 昔のぶりっ子が女性から嫌われる一番の原因に、「男女の前で態度が違う」という点があります。女子の前では悪口を言って横柄な態度をしているのに、男性が来た途端、声を変えてか弱いフリをしていれば、女性に嫌われますよね……。

 その点、ネオぶりっ子は男性の前でも女性の前でも、常に同じ態度です。また、ポジティブなため、人の悪口を言いません。普通の、「いい人」なのです。これなら、モテたい気持ちを全面に出していても、女性から嫌われる理由がないですよね。

4. ネオぶりっ子は「褒める」・ぶりっ子は「褒められようとする」

 昔のぶりっ子は自分中心なので、相手を褒めるより「自分が褒められたい」と考えます。そのため、自分よりも可愛い子が来ると不機嫌になることすらあります。

 一方、ネオぶりっ子は、相手中心のポジティブシンキングの持ち主なので、常に相手の良い点を探しています。どんな人のことも長所を見つけて褒め、好きになることができるため、男女問わず好かれるのです。

男女からモテる「ネオぶりっ子」になる4つのコツ♡

リアクションは大きく!(写真:iStock)
リアクションは大きく! (写真:iStock)

 続いては、具体的にどのような行動や思考になれば、ネオぶりっ子になれるのかをチェックしていきましょう!

1. 条件なしに相手をまず好きになる

 人の表情や選ぶ言葉、仕草などには本音が出ます。どんなに態度を取り繕っても、「相手を嫌い」という気持ちは伝わってしまうのです。誰からも愛されるネオぶりっ子になるには、嫌いな相手だとしても、まず条件なしに相手のことを「好き」になりましょう。

 その上で、ほんの小さなことでも良いので、相手の良い点を探してみてください。そうすると、「相手を好き」という気持ちが仕草や言葉からも伝わり、「いい子だな」と思われ、モテるようになります。

2. モテるための努力を周りにも見せる

 従来の「モテる」という言葉のイメージは、「可愛いフリをする」でした。でも、ネオぶりっ子になるためにはフリをするのではなく、その努力の過程までありのままを周りにオープンにすることがポイントです。

 努力して痩せたり、可愛く見えるメイクを研究したり……そういった姿は「もとから可愛いフリ」をするのではなく、「努力して可愛くなっている」という印象になり、男性からも女性からも好感を抱かれるようになります。

3. どうしたら「居心地がいい」と思ってもらうかを意識する

 ネオぶりっ子になるためには、男女問わず、目の前にいる人に「居心地がいい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?を、意識することが大切です。年上には敬語を使って相手を立てる、悩んでいる人には共感して言葉を遮らないようにするなど、相手によって考えてみましょう。

4. リアクションは大きめに

 たとえば、相手が面白い話をした時、くすっと笑うよりも思い切り楽しそうに笑ってもらったほうが嬉しいですよね。また、何かをしてくれた時も、大袈裟に感謝されたほうが人は嬉しいものです。

 このように、相手の言動に対してのリアクションは大きめにして、相手を気持ちいい気分になってもらえるように心がけると、ネオぶりっ子により近づくことができますよ。

「ネオぶりっ子」になって誰からも愛されよう♡

女子からの人気もばっちり!(写真:iStock)
女子からの人気もばっちり! (写真:iStock)

 ぶりっ子が、女性からウザいと思われる時代は終わりました。これからは、ポジティブで明るく、前向きなネオぶりっ子を目指してみてください。ネオぶりっ子と言っても、その努力をみていくと、人としての人間力を磨くことにもつながるはず。

 相手を中心に考えていても、すべてはあなたに返ってきます♡ ネオぶりっ子になって、ハッピーな毎日を楽しんでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ