同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-22 06:00
投稿日:2021-02-22 06:00
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の話。実は今、“ネオぶりっ子”という、男女から好かれる新しいぶりっ子が増えているのです。そこで今回は、ネオぶりっ子とぶりっ子の違いや、男女からモテるコツをご紹介します!

ネオぶりっ子って何?

みんなのハートをがっちりキャッチ(写真:iStock)
みんなのハートをがっちりキャッチ (写真:iStock)

 ネオぶりっ子とは、自称モテタレントの「ゆうこす」さんこと、菅本裕子さんが生み出した言葉で、男性からモテて、女性からも嫌われないぶりっ子のことをいいます。

 幼い頃からぶりっ子だった彼女は、元アイドルでもあり「相手にモテる」ための知識に精通しています。そんな彼女は、実際にネオぶりっ子として多くの男女の心を掴み、愛されています。

「ネオぶりっ子」と「ぶりっ子」の4つの大きな違い

ネオぶりっ子は褒め上手(写真:iStock)
ネオぶりっ子は褒め上手 (写真:iStock)

 それではまず、ネオぶりっ子と従来のぶりっ子を比較しながら、違いをチェックしていきましょう!

1. ネオぶりっ子は「ポジティブ」・ぶりっ子は「ネガティブ」

 昔のぶりっ子が、モテるためにライバル女子の悪口を言ったり、男性と女性の前での態度が違うのが特徴だとしたら、ネオぶりっ子はポジティブで積極的なのが特徴。相手がどうしたら喜ぶかを探して行動し、自分から先に相手を好きになろうと努力します。

2. ネオぶりっ子は「相手中心」・ぶりっ子は「自分中心」

 ネオぶりっ子は、とことん相手の気持ちに立って考えます。男性が好む、話を聞いてくれる女性、男心がわかる女性になろうと努力します。要は、常に相手の気持ちを中心に行動しているのが、ネオぶりっ子なのです。

 一方、昔のぶりっ子は自分を可愛く見せる仕草や服装の研究は熱心に行いますが、相手の気持ちよりも「自分をよく見せたい」「自分がモテたい」という自分中心の考え方を優先させます。

3. ネオぶりっ子は「男女同じ態度」・ぶりっ子は「男女で態度が違う」

 昔のぶりっ子が女性から嫌われる一番の原因に、「男女の前で態度が違う」という点があります。女子の前では悪口を言って横柄な態度をしているのに、男性が来た途端、声を変えてか弱いフリをしていれば、女性に嫌われますよね……。

 その点、ネオぶりっ子は男性の前でも女性の前でも、常に同じ態度です。また、ポジティブなため、人の悪口を言いません。普通の、「いい人」なのです。これなら、モテたい気持ちを全面に出していても、女性から嫌われる理由がないですよね。

4. ネオぶりっ子は「褒める」・ぶりっ子は「褒められようとする」

 昔のぶりっ子は自分中心なので、相手を褒めるより「自分が褒められたい」と考えます。そのため、自分よりも可愛い子が来ると不機嫌になることすらあります。

 一方、ネオぶりっ子は、相手中心のポジティブシンキングの持ち主なので、常に相手の良い点を探しています。どんな人のことも長所を見つけて褒め、好きになることができるため、男女問わず好かれるのです。

男女からモテる「ネオぶりっ子」になる4つのコツ♡

リアクションは大きく!(写真:iStock)
リアクションは大きく! (写真:iStock)

 続いては、具体的にどのような行動や思考になれば、ネオぶりっ子になれるのかをチェックしていきましょう!

1. 条件なしに相手をまず好きになる

 人の表情や選ぶ言葉、仕草などには本音が出ます。どんなに態度を取り繕っても、「相手を嫌い」という気持ちは伝わってしまうのです。誰からも愛されるネオぶりっ子になるには、嫌いな相手だとしても、まず条件なしに相手のことを「好き」になりましょう。

 その上で、ほんの小さなことでも良いので、相手の良い点を探してみてください。そうすると、「相手を好き」という気持ちが仕草や言葉からも伝わり、「いい子だな」と思われ、モテるようになります。

2. モテるための努力を周りにも見せる

 従来の「モテる」という言葉のイメージは、「可愛いフリをする」でした。でも、ネオぶりっ子になるためにはフリをするのではなく、その努力の過程までありのままを周りにオープンにすることがポイントです。

 努力して痩せたり、可愛く見えるメイクを研究したり……そういった姿は「もとから可愛いフリ」をするのではなく、「努力して可愛くなっている」という印象になり、男性からも女性からも好感を抱かれるようになります。

3. どうしたら「居心地がいい」と思ってもらうかを意識する

 ネオぶりっ子になるためには、男女問わず、目の前にいる人に「居心地がいい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?を、意識することが大切です。年上には敬語を使って相手を立てる、悩んでいる人には共感して言葉を遮らないようにするなど、相手によって考えてみましょう。

4. リアクションは大きめに

 たとえば、相手が面白い話をした時、くすっと笑うよりも思い切り楽しそうに笑ってもらったほうが嬉しいですよね。また、何かをしてくれた時も、大袈裟に感謝されたほうが人は嬉しいものです。

 このように、相手の言動に対してのリアクションは大きめにして、相手を気持ちいい気分になってもらえるように心がけると、ネオぶりっ子により近づくことができますよ。

「ネオぶりっ子」になって誰からも愛されよう♡

女子からの人気もばっちり!(写真:iStock)
女子からの人気もばっちり! (写真:iStock)

 ぶりっ子が、女性からウザいと思われる時代は終わりました。これからは、ポジティブで明るく、前向きなネオぶりっ子を目指してみてください。ネオぶりっ子と言っても、その努力をみていくと、人としての人間力を磨くことにもつながるはず。

 相手を中心に考えていても、すべてはあなたに返ってきます♡ ネオぶりっ子になって、ハッピーな毎日を楽しんでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ