同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-22 06:00
投稿日:2021-02-22 06:00
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の話。実は今、“ネオぶりっ子”という、男女から好かれる新しいぶりっ子が増えているのです。そこで今回は、ネオぶりっ子とぶりっ子の違いや、男女からモテるコツをご紹介します!

ネオぶりっ子って何?

みんなのハートをがっちりキャッチ(写真:iStock)
みんなのハートをがっちりキャッチ (写真:iStock)

 ネオぶりっ子とは、自称モテタレントの「ゆうこす」さんこと、菅本裕子さんが生み出した言葉で、男性からモテて、女性からも嫌われないぶりっ子のことをいいます。

 幼い頃からぶりっ子だった彼女は、元アイドルでもあり「相手にモテる」ための知識に精通しています。そんな彼女は、実際にネオぶりっ子として多くの男女の心を掴み、愛されています。

「ネオぶりっ子」と「ぶりっ子」の4つの大きな違い

ネオぶりっ子は褒め上手(写真:iStock)
ネオぶりっ子は褒め上手 (写真:iStock)

 それではまず、ネオぶりっ子と従来のぶりっ子を比較しながら、違いをチェックしていきましょう!

1. ネオぶりっ子は「ポジティブ」・ぶりっ子は「ネガティブ」

 昔のぶりっ子が、モテるためにライバル女子の悪口を言ったり、男性と女性の前での態度が違うのが特徴だとしたら、ネオぶりっ子はポジティブで積極的なのが特徴。相手がどうしたら喜ぶかを探して行動し、自分から先に相手を好きになろうと努力します。

2. ネオぶりっ子は「相手中心」・ぶりっ子は「自分中心」

 ネオぶりっ子は、とことん相手の気持ちに立って考えます。男性が好む、話を聞いてくれる女性、男心がわかる女性になろうと努力します。要は、常に相手の気持ちを中心に行動しているのが、ネオぶりっ子なのです。

 一方、昔のぶりっ子は自分を可愛く見せる仕草や服装の研究は熱心に行いますが、相手の気持ちよりも「自分をよく見せたい」「自分がモテたい」という自分中心の考え方を優先させます。

3. ネオぶりっ子は「男女同じ態度」・ぶりっ子は「男女で態度が違う」

 昔のぶりっ子が女性から嫌われる一番の原因に、「男女の前で態度が違う」という点があります。女子の前では悪口を言って横柄な態度をしているのに、男性が来た途端、声を変えてか弱いフリをしていれば、女性に嫌われますよね……。

 その点、ネオぶりっ子は男性の前でも女性の前でも、常に同じ態度です。また、ポジティブなため、人の悪口を言いません。普通の、「いい人」なのです。これなら、モテたい気持ちを全面に出していても、女性から嫌われる理由がないですよね。

4. ネオぶりっ子は「褒める」・ぶりっ子は「褒められようとする」

 昔のぶりっ子は自分中心なので、相手を褒めるより「自分が褒められたい」と考えます。そのため、自分よりも可愛い子が来ると不機嫌になることすらあります。

 一方、ネオぶりっ子は、相手中心のポジティブシンキングの持ち主なので、常に相手の良い点を探しています。どんな人のことも長所を見つけて褒め、好きになることができるため、男女問わず好かれるのです。

男女からモテる「ネオぶりっ子」になる4つのコツ♡

リアクションは大きく!(写真:iStock)
リアクションは大きく! (写真:iStock)

 続いては、具体的にどのような行動や思考になれば、ネオぶりっ子になれるのかをチェックしていきましょう!

1. 条件なしに相手をまず好きになる

 人の表情や選ぶ言葉、仕草などには本音が出ます。どんなに態度を取り繕っても、「相手を嫌い」という気持ちは伝わってしまうのです。誰からも愛されるネオぶりっ子になるには、嫌いな相手だとしても、まず条件なしに相手のことを「好き」になりましょう。

 その上で、ほんの小さなことでも良いので、相手の良い点を探してみてください。そうすると、「相手を好き」という気持ちが仕草や言葉からも伝わり、「いい子だな」と思われ、モテるようになります。

2. モテるための努力を周りにも見せる

 従来の「モテる」という言葉のイメージは、「可愛いフリをする」でした。でも、ネオぶりっ子になるためにはフリをするのではなく、その努力の過程までありのままを周りにオープンにすることがポイントです。

 努力して痩せたり、可愛く見えるメイクを研究したり……そういった姿は「もとから可愛いフリ」をするのではなく、「努力して可愛くなっている」という印象になり、男性からも女性からも好感を抱かれるようになります。

3. どうしたら「居心地がいい」と思ってもらうかを意識する

 ネオぶりっ子になるためには、男女問わず、目の前にいる人に「居心地がいい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?を、意識することが大切です。年上には敬語を使って相手を立てる、悩んでいる人には共感して言葉を遮らないようにするなど、相手によって考えてみましょう。

4. リアクションは大きめに

 たとえば、相手が面白い話をした時、くすっと笑うよりも思い切り楽しそうに笑ってもらったほうが嬉しいですよね。また、何かをしてくれた時も、大袈裟に感謝されたほうが人は嬉しいものです。

 このように、相手の言動に対してのリアクションは大きめにして、相手を気持ちいい気分になってもらえるように心がけると、ネオぶりっ子により近づくことができますよ。

「ネオぶりっ子」になって誰からも愛されよう♡

女子からの人気もばっちり!(写真:iStock)
女子からの人気もばっちり! (写真:iStock)

 ぶりっ子が、女性からウザいと思われる時代は終わりました。これからは、ポジティブで明るく、前向きなネオぶりっ子を目指してみてください。ネオぶりっ子と言っても、その努力をみていくと、人としての人間力を磨くことにもつながるはず。

 相手を中心に考えていても、すべてはあなたに返ってきます♡ ネオぶりっ子になって、ハッピーな毎日を楽しんでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ