同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-22 06:00
投稿日:2021-02-22 06:00
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の話。実は今、“ネオぶりっ子”という、男女から好かれる新しいぶりっ子が増えているのです。そこで今回は、ネオぶりっ子とぶりっ子の違いや、男女からモテるコツをご紹介します!

ネオぶりっ子って何?

 ネオぶりっ子とは、自称モテタレントの「ゆうこす」さんこと、菅本裕子さんが生み出した言葉で、男性からモテて、女性からも嫌われないぶりっ子のことをいいます。

 幼い頃からぶりっ子だった彼女は、元アイドルでもあり「相手にモテる」ための知識に精通しています。そんな彼女は、実際にネオぶりっ子として多くの男女の心を掴み、愛されています。

「ネオぶりっ子」と「ぶりっ子」の4つの大きな違い

 それではまず、ネオぶりっ子と従来のぶりっ子を比較しながら、違いをチェックしていきましょう!

1. ネオぶりっ子は「ポジティブ」・ぶりっ子は「ネガティブ」

 昔のぶりっ子が、モテるためにライバル女子の悪口を言ったり、男性と女性の前での態度が違うのが特徴だとしたら、ネオぶりっ子はポジティブで積極的なのが特徴。相手がどうしたら喜ぶかを探して行動し、自分から先に相手を好きになろうと努力します。

2. ネオぶりっ子は「相手中心」・ぶりっ子は「自分中心」

 ネオぶりっ子は、とことん相手の気持ちに立って考えます。男性が好む、話を聞いてくれる女性、男心がわかる女性になろうと努力します。要は、常に相手の気持ちを中心に行動しているのが、ネオぶりっ子なのです。

 一方、昔のぶりっ子は自分を可愛く見せる仕草や服装の研究は熱心に行いますが、相手の気持ちよりも「自分をよく見せたい」「自分がモテたい」という自分中心の考え方を優先させます。

3. ネオぶりっ子は「男女同じ態度」・ぶりっ子は「男女で態度が違う」

 昔のぶりっ子が女性から嫌われる一番の原因に、「男女の前で態度が違う」という点があります。女子の前では悪口を言って横柄な態度をしているのに、男性が来た途端、声を変えてか弱いフリをしていれば、女性に嫌われますよね……。

 その点、ネオぶりっ子は男性の前でも女性の前でも、常に同じ態度です。また、ポジティブなため、人の悪口を言いません。普通の、「いい人」なのです。これなら、モテたい気持ちを全面に出していても、女性から嫌われる理由がないですよね。

4. ネオぶりっ子は「褒める」・ぶりっ子は「褒められようとする」

 昔のぶりっ子は自分中心なので、相手を褒めるより「自分が褒められたい」と考えます。そのため、自分よりも可愛い子が来ると不機嫌になることすらあります。

 一方、ネオぶりっ子は、相手中心のポジティブシンキングの持ち主なので、常に相手の良い点を探しています。どんな人のことも長所を見つけて褒め、好きになることができるため、男女問わず好かれるのです。

男女からモテる「ネオぶりっ子」になる4つのコツ♡

 続いては、具体的にどのような行動や思考になれば、ネオぶりっ子になれるのかをチェックしていきましょう!

1. 条件なしに相手をまず好きになる

 人の表情や選ぶ言葉、仕草などには本音が出ます。どんなに態度を取り繕っても、「相手を嫌い」という気持ちは伝わってしまうのです。誰からも愛されるネオぶりっ子になるには、嫌いな相手だとしても、まず条件なしに相手のことを「好き」になりましょう。

 その上で、ほんの小さなことでも良いので、相手の良い点を探してみてください。そうすると、「相手を好き」という気持ちが仕草や言葉からも伝わり、「いい子だな」と思われ、モテるようになります。

2. モテるための努力を周りにも見せる

 従来の「モテる」という言葉のイメージは、「可愛いフリをする」でした。でも、ネオぶりっ子になるためにはフリをするのではなく、その努力の過程までありのままを周りにオープンにすることがポイントです。

 努力して痩せたり、可愛く見えるメイクを研究したり……そういった姿は「もとから可愛いフリ」をするのではなく、「努力して可愛くなっている」という印象になり、男性からも女性からも好感を抱かれるようになります。

3. どうしたら「居心地がいい」と思ってもらうかを意識する

 ネオぶりっ子になるためには、男女問わず、目の前にいる人に「居心地がいい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?を、意識することが大切です。年上には敬語を使って相手を立てる、悩んでいる人には共感して言葉を遮らないようにするなど、相手によって考えてみましょう。

4. リアクションは大きめに

 たとえば、相手が面白い話をした時、くすっと笑うよりも思い切り楽しそうに笑ってもらったほうが嬉しいですよね。また、何かをしてくれた時も、大袈裟に感謝されたほうが人は嬉しいものです。

 このように、相手の言動に対してのリアクションは大きめにして、相手を気持ちいい気分になってもらえるように心がけると、ネオぶりっ子により近づくことができますよ。

「ネオぶりっ子」になって誰からも愛されよう♡

 ぶりっ子が、女性からウザいと思われる時代は終わりました。これからは、ポジティブで明るく、前向きなネオぶりっ子を目指してみてください。ネオぶりっ子と言っても、その努力をみていくと、人としての人間力を磨くことにもつながるはず。

 相手を中心に考えていても、すべてはあなたに返ってきます♡ ネオぶりっ子になって、ハッピーな毎日を楽しんでくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ