お酒好き女子にオススメ とっておきの「二日酔い対策」4選

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-20 00:06
投稿日:2019-02-19 06:00
 二日酔いって本当にツラいですよね。吐き気、頭痛、胸焼けの症状に苦しみながら出勤とか、考えただけでもぐったりです。でも、大丈夫!飲み会時のちょっとした工夫で、二日酔いを予防することはできるんです。

今すぐできる!知っておきたい二日酔い対策4選!

チェイサーとして水や炭酸水を(写真:iStock)
チェイサーとして水や炭酸水を (写真:iStock)

 早速、今すぐできる二日酔い対策を見ていきましょう。翌朝、キレイにいるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. お酒を飲む前に「水分補給」をしておく

 カラカラの喉をビールで潤す。幸せな瞬間であることは間違いありません!でも、胃の中が水分不足の状態だとアルコールの分解が行われにくくなり、二日酔いを起こしやすい状態にしてしまうので、注意が必要です。

 そのため、飲み会の前には水分補給をするのが鉄則!お酒の利尿作用による脱水予防にも役立ちますよ。

2. お通しの枝豆は食べておくべき

 ほとんどの居酒屋メニューにある枝豆ですが、「見飽きた」なんて言わずに、食べておくべきの一品。枝豆にはアルコールの代謝を促すビタミン類やタンパク質が豊富に含まれているので、肝臓の負担を減らしてくれます。

 他には、ネバネバ食材の長芋や納豆、チーズなどの乳製品も二日酔い予防に効果的な食材。美容効果もあるので、食べて損することはありません!

3. ロックで飲む時にはチェイサーを用意

 焼酎やウィスキーをロックで飲む女性も多いですが、どんなにお酒に強い体質であっても過信は禁物!特に濃いお酒を飲む時には、チェイサーとして水や炭酸水をセットで頼むと安心です。

 チェイサーを一緒に飲むことで血液中のアルコール濃度を下げることもできますし、口の中もさっぱりします。

4. ラムネをバッグに忍ばせておく

 お酒を飲みすぎると、体は一時的に低血糖の状態に陥ります。実はこれも二日酔いの大きな原因。そんな低血糖状態に効くのが、まさかの「ラムネ菓子」!

 ラムネの主成分は「ブドウ糖」ですが、肝臓の働きを高めてアルコールを素早く分解させる働きがあるので、理にかなった二日酔い対策方法なのです。

 ちなみに、締めにラーメンを食べたくなるのも、体が糖質である炭水化物を求めているからなのだとか。でも、飲み会後にラーメンをわざわざ食べに行くくらいなら、ラムネ菓子をバッグに忍ばせて帰り道に食べた方がダイエット面から見ても良いと思います。

お酒を明日に残さない!二日酔い対策をぜひ試してみて♪

二日酔いなしの爽やかな目覚めで一日をスタート(写真:iStock)
二日酔いなしの爽やかな目覚めで一日をスタート (写真:iStock)

 どんなに懲りても二日酔いを繰り返してしまう「お酒好き女子」の切なさ、よく分かります!でも、飲み会時のちょっとした工夫で二日酔いのリスクを格段に減らすことができるので、ぜひ明日からの飲み会で試してみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「稼ぐ派vs節約派」の主張 どっちの方がお金が貯めやすい?
 あともう少し、自由に使えるお金がほしいと思った時、あなたは「稼ぐ派」ですか?「節約派」ですか? 今回はそれぞれの意見を...
12月5日~12月11日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
青空猫集会に突撃!サービス満点“たまたま”の完璧ポージング
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...