お酒好き女子にオススメ とっておきの「二日酔い対策」4選

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-20 00:06
投稿日:2019-02-19 06:00
 二日酔いって本当にツラいですよね。吐き気、頭痛、胸焼けの症状に苦しみながら出勤とか、考えただけでもぐったりです。でも、大丈夫!飲み会時のちょっとした工夫で、二日酔いを予防することはできるんです。

今すぐできる!知っておきたい二日酔い対策4選!

チェイサーとして水や炭酸水を(写真:iStock)
チェイサーとして水や炭酸水を (写真:iStock)

 早速、今すぐできる二日酔い対策を見ていきましょう。翌朝、キレイにいるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. お酒を飲む前に「水分補給」をしておく

 カラカラの喉をビールで潤す。幸せな瞬間であることは間違いありません!でも、胃の中が水分不足の状態だとアルコールの分解が行われにくくなり、二日酔いを起こしやすい状態にしてしまうので、注意が必要です。

 そのため、飲み会の前には水分補給をするのが鉄則!お酒の利尿作用による脱水予防にも役立ちますよ。

2. お通しの枝豆は食べておくべき

 ほとんどの居酒屋メニューにある枝豆ですが、「見飽きた」なんて言わずに、食べておくべきの一品。枝豆にはアルコールの代謝を促すビタミン類やタンパク質が豊富に含まれているので、肝臓の負担を減らしてくれます。

 他には、ネバネバ食材の長芋や納豆、チーズなどの乳製品も二日酔い予防に効果的な食材。美容効果もあるので、食べて損することはありません!

3. ロックで飲む時にはチェイサーを用意

 焼酎やウィスキーをロックで飲む女性も多いですが、どんなにお酒に強い体質であっても過信は禁物!特に濃いお酒を飲む時には、チェイサーとして水や炭酸水をセットで頼むと安心です。

 チェイサーを一緒に飲むことで血液中のアルコール濃度を下げることもできますし、口の中もさっぱりします。

4. ラムネをバッグに忍ばせておく

 お酒を飲みすぎると、体は一時的に低血糖の状態に陥ります。実はこれも二日酔いの大きな原因。そんな低血糖状態に効くのが、まさかの「ラムネ菓子」!

 ラムネの主成分は「ブドウ糖」ですが、肝臓の働きを高めてアルコールを素早く分解させる働きがあるので、理にかなった二日酔い対策方法なのです。

 ちなみに、締めにラーメンを食べたくなるのも、体が糖質である炭水化物を求めているからなのだとか。でも、飲み会後にラーメンをわざわざ食べに行くくらいなら、ラムネ菓子をバッグに忍ばせて帰り道に食べた方がダイエット面から見ても良いと思います。

お酒を明日に残さない!二日酔い対策をぜひ試してみて♪

二日酔いなしの爽やかな目覚めで一日をスタート(写真:iStock)
二日酔いなしの爽やかな目覚めで一日をスタート (写真:iStock)

 どんなに懲りても二日酔いを繰り返してしまう「お酒好き女子」の切なさ、よく分かります!でも、飲み会時のちょっとした工夫で二日酔いのリスクを格段に減らすことができるので、ぜひ明日からの飲み会で試してみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM