コーヒーをはちみつシナモンに 女性に嬉しい3つの美容効果

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-08-09 03:02
投稿日:2019-02-18 06:00
 とある整体師さんと話していた時、「私ははちみつシナモンを飲んでいるおかげで、ここ3年風邪を引いていないんです」と“はちみつシナモン”をおすすめされました。
 調べてみると、なんとまぁ!女性に嬉しい効果がたくさん。そこで今回は、美容家も注目するはちみつシナモンの美容効果をお伝えします。

はちみつシナモンの持つ美容効果

はちみつシナモンは美容効果たっぷり(写真:iStock)
はちみつシナモンは美容効果たっぷり (写真:iStock)

 まずは、はちみつシナモンに含有される栄養素から見た美容効果を、チェックしていきましょう。

代謝アップ!ダイエット&冷え改善効果

 実は、はちみつにもシナモンにも血行を良くして体を温める効果があります。体が温まると代謝が上がるので、自然と太りにくい体になるというわけですね。そして、女性の8割が悩んでいるという冷え性にも効果◎です。

 でも、この2つを混ぜるとびっくりするほどに甘いドリンクになります。ついついカロリーが気になりますが、実ははちみつシナモンはコレステロール値を下げることができるという研究結果もあるのだとか。

 年を取るごとに太っていく! と悩む女性の強い味方となってくれますよ。

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

お肌ツルツル!アンチエイジング効果

 ニキビや毛穴の開き、シミやシワ……など、女性の肌悩みは尽きません。

 原因はいろいろですが、ストレスや紫外線により活性酸素が体に溜まることも肌トラブルの大きな原因です。

 でも、はちみつに含まれるビタミンC、シナモンに含まれるポリフェノール類には、強い抗酸化作用があります。体のサビである活性酸素にアプローチしてくれるため、エイジングケアの一環として取り入れるのもおすすめです。

健康を保つ!風邪やインフルエンザの予防効果

 寒い季節になると、ほっこりとしたはちみつレモンやはちみつ柚子茶を飲みたくなりませんか? それ、もしかしたら体が欲しているのかもしれません。

 “元祖スーパーフード”とも呼ばれるはちみつには、強い殺菌作用や炎症を抑える作用があります。さらに、インフルエンザから体を守る成分が含まれている、との報告もあるんですよ。

 スパイス類の中でも免疫力アップ効果に優れたシナモンとの相乗効果で、体調が良い状態を保つことができます。

はちみつシナモンの作り方&注意点

はちみつは大さじ1(写真:iStock)
はちみつは大さじ1 (写真:iStock)

 はちみつ大さじ1とシナモン小さじ1をマグカップなどに入れて、熱湯を注いで混ぜるだけ。それも面倒なら、はちみつとシナモンを混ぜたものを大さじ1程度食べれば良いです。

 食べすぎるとカロリーの摂りすぎになったり、シナモンは肝障害を起こしてしまう可能性があるそうですので、1日大さじ1程度を目安にしてくださいね。

 常温で作り置きも可能。それぞれの賞味期間内に食べるようにしましょう。

【あわせて読みたい】アンチエイジングにも効果 生の野菜&果物がもたらす恵み

心も体もはちみつシナモンでリフレッシュ!

朝一番の「はちみつシナモン」で風邪知らず(写真:iStock)
朝一番の「はちみつシナモン」で風邪知らず (写真:iStock)

 さて、整体師に聞いた「はちみつシナモン」。私は両方好きだったので、その日にスーパーで購入。

 コーヒー好きの私でしたが、それから朝一番に飲むドリンクとして続けています。甘いし、体が温まるし、美味しいのは続けられる一番の理由かも。

 そして気づけば、ここ1年ほど寝込むような風邪を引いていません。ぜひ試してみてください、オススメです。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...