射精だけがすべてではない…トラウマを乗り越えた女性の告白

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-07-29 06:00
投稿日:2021-07-29 06:00
 近頃は、セックスはコミュニケーションであり、“挿入”と“射精”ばかりがセックスではないということもよく言われています。が、実際のところ、男性側が達さずに終了してしまい、なんとなく気まずかったり、消化不良の気持ちになった経験のある女性も、少なくはないのではないでしょうか。
 嶺石筋子さん(42歳、専業主婦)も、初体験の相手とのセックスで、そんな思いを抱いたひとり。しかも、その経験が筋子さんを意外な性癖へと目覚めさせることになるのです――。

精液が出る=ひと仕事成し遂げたという達成感

パートナーとの性行為がきっかけで「認められたい」と思うように(写真:iStock)
パートナーとの性行為がきっかけで「認められたい」と思うように (写真:iStock)

「初体験の相手は、18歳の頃に初めてお付き合いした8歳年上の彼でした。20歳までは挿入はしないと誓っていましたが、そういうわけにもいかず、夏ごろ彼の誕生日に。わたしのほうが初めてだったこともありましたが、彼はなかなかイクことができず、そんなものなのかなとも思ったんですが……。

 その後も彼は、ずっとセックスではイケず、ほとんど性行為でもイクことはありませんでした。今になってみると膣内射精障害で、遅漏になっていたのではないかと思います。」

 ただでさえ不安も多く、自信を持って臨むことが難しいセックスのおぼえはじめ。自分になにか問題があるのかと悩み、性行為自体が苦痛と感じるようになったばかりでなく、「認められたい」という欲望ばかりが強くなっていったという筋子さん。

 だからこそ、射精を成功させた時には、大きな喜びを得たといいます。

「初体験からしばらくの間、パートナーが性行為で精液を出すことことが出来なかったので、手や口を使って出してもらうことが多くて。出るイコールひと仕事成し遂げた、みたいな達成感を覚えるようになりました。

 例えると、二人三脚で挑んだマラソンで、ゴールが見えたような感じ。もしくは、溜まっていた膿が大量に出たような達成感ですね」

精液そのものに感じる魅力

一度として同じものが出ることがない(写真:iStock)
一度として同じものが出ることがない (写真:iStock)

 やがて射精によって放出される“精液”そのものにも、惹かれるようになったという筋子さん。“精液”に、いったいどんな魅力を感じたのでしょうか。

「テストの点数というか、通知表というのか、はっきりと『気持ち良かった』『絶頂を迎えた』または『何かに反応があった』ということが、形になって現れたものだからでしょうか。『子種』というくらい、凄いものが凝縮して形成されていて、一度として同じものが出ることがないのも、魅力を感じる点です。

 出るところも、出た後も好きで、コンドームの中に出した場合も、必ず5分間は観察してしまいます(笑い)。

 お腹の上に出してもらうのも、どんなものがどのくらいの量が出たのか分かるので好きですし、飲みやすい人のものは、最後に口に出してもらいテイスティングしてしまいます。お掃除フェラも好き。」

 ところが、初体験の相手だった年上の恋人と別れてからも“射精”と“精液”への偏愛は残ることに……。

「結婚してからは夫一筋です。けど、夫は特にわたしが精液を飲んでも、喜ぶわけでもなく、どちらかと言えばあまり好ましく思っていないようでもあります。

 でもわたしは、達成感と好きな人から作られたものという、プレミア感がたまらなく好きなんです。」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク