射精だけがすべてではない…トラウマを乗り越えた女性の告白

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-07-29 06:00
投稿日:2021-07-29 06:00
 近頃は、セックスはコミュニケーションであり、“挿入”と“射精”ばかりがセックスではないということもよく言われています。が、実際のところ、男性側が達さずに終了してしまい、なんとなく気まずかったり、消化不良の気持ちになった経験のある女性も、少なくはないのではないでしょうか。
 嶺石筋子さん(42歳、専業主婦)も、初体験の相手とのセックスで、そんな思いを抱いたひとり。しかも、その経験が筋子さんを意外な性癖へと目覚めさせることになるのです――。

精液が出る=ひと仕事成し遂げたという達成感

パートナーとの性行為がきっかけで「認められたい」と思うように(写真:iStock)
パートナーとの性行為がきっかけで「認められたい」と思うように (写真:iStock)

「初体験の相手は、18歳の頃に初めてお付き合いした8歳年上の彼でした。20歳までは挿入はしないと誓っていましたが、そういうわけにもいかず、夏ごろ彼の誕生日に。わたしのほうが初めてだったこともありましたが、彼はなかなかイクことができず、そんなものなのかなとも思ったんですが……。

 その後も彼は、ずっとセックスではイケず、ほとんど性行為でもイクことはありませんでした。今になってみると膣内射精障害で、遅漏になっていたのではないかと思います。」

 ただでさえ不安も多く、自信を持って臨むことが難しいセックスのおぼえはじめ。自分になにか問題があるのかと悩み、性行為自体が苦痛と感じるようになったばかりでなく、「認められたい」という欲望ばかりが強くなっていったという筋子さん。

 だからこそ、射精を成功させた時には、大きな喜びを得たといいます。

「初体験からしばらくの間、パートナーが性行為で精液を出すことことが出来なかったので、手や口を使って出してもらうことが多くて。出るイコールひと仕事成し遂げた、みたいな達成感を覚えるようになりました。

 例えると、二人三脚で挑んだマラソンで、ゴールが見えたような感じ。もしくは、溜まっていた膿が大量に出たような達成感ですね」

精液そのものに感じる魅力

一度として同じものが出ることがない(写真:iStock)
一度として同じものが出ることがない (写真:iStock)

 やがて射精によって放出される“精液”そのものにも、惹かれるようになったという筋子さん。“精液”に、いったいどんな魅力を感じたのでしょうか。

「テストの点数というか、通知表というのか、はっきりと『気持ち良かった』『絶頂を迎えた』または『何かに反応があった』ということが、形になって現れたものだからでしょうか。『子種』というくらい、凄いものが凝縮して形成されていて、一度として同じものが出ることがないのも、魅力を感じる点です。

 出るところも、出た後も好きで、コンドームの中に出した場合も、必ず5分間は観察してしまいます(笑い)。

 お腹の上に出してもらうのも、どんなものがどのくらいの量が出たのか分かるので好きですし、飲みやすい人のものは、最後に口に出してもらいテイスティングしてしまいます。お掃除フェラも好き。」

 ところが、初体験の相手だった年上の恋人と別れてからも“射精”と“精液”への偏愛は残ることに……。

「結婚してからは夫一筋です。けど、夫は特にわたしが精液を飲んでも、喜ぶわけでもなく、どちらかと言えばあまり好ましく思っていないようでもあります。

 でもわたしは、達成感と好きな人から作られたものという、プレミア感がたまらなく好きなんです。」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク