テッパン「夏アイス」5選! 2021.8.5(木)

コクハク編集部
更新日:2021-08-05 06:00
投稿日:2021-08-05 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク

 毎日うだるような暑さが続いてますが、夏バテしていませんか? 筆者は、もしクーラーのない時代に生まれていたら、ソッコー夏バテしていただろうとしみじみ感じています。昨年に続き、旅行はままならず、楽しいことも特にないのですが、唯一アイスを食べているときだけ生きている実感がします! 冷凍室には、常にアイスがギッシリ詰まっているアイス好きの筆者が、夏にオススメのテッパンアイスをご紹介します!

「BOXあずきバー」6本入 356円(税込み=以下同)

あと10箱はイケる!(C)コクハク
あと10箱はイケる! (C)コクハク

 今年の夏だけで、すでに10箱は完食したあずきバー(食べすぎ)。安定のおいしさで、毎日食べても飽きないんです! 井村屋本社も認めるあずきバーの「硬さ」ですが、冷蔵庫から出して5分ほど置けば、ほどよい口当たりになりますよ♪

「スイカ&メロンバー」6本入 213円

店舗によって販売価格は違いますが、6本入って213円はコスパ良すぎでは? 1本35円!?(C)コクハク
店舗によって販売価格は違いますが、6本入って213円はコスパ良すぎでは? 1本35円!? (C)コクハク

 めちゃくちゃ暑い日は、スイカバーで間違いなし! 初めて食べた時の衝撃が忘れられず、永遠にリピートしています。チョコ種入りで、B.B弾のようなチョコが散りばめられているのですが、これがまた名脇役で全体のおいしさを引き立てています。BOXタイプのアイスは、原材料価格の高騰などで、サイズが小さい傾向があります。スイカ&メロンバーも発売当初と比べると、多少は小さくはなっているのですが、それでもなお、満足できる大きさなのが嬉しいポイントです。

セブン-イレブン「シャリっと食感 まるですいか」138円

がっつきすぎて写真を撮る前に開封してしまいました……すみません(C)コクハク
がっつきすぎて写真を撮る前に開封してしまいました……すみません (C)コクハク

 もっとジューシー感がほしい! という方はコチラ♪

 セブン-イレブンの“まるで”シリーズ。マンゴー、パイン、メロンなどなど、コンビニに行くたびにまたふえた? と思うほど色んな味が展開しています。商品名のとおり、本物のすいかを食べているようなリアルな味を楽しめるんです。ジューシーかつ、なめらかでおいしいです。今度食べるときは、塩をふって食べてみようと思いました!

夏限定!「PARMジェラート ミックスベリー」152円

パルム史上初のジェラート!(C)コクハク
パルム史上初のジェラート! (C)コクハク

 甘酸っぱいなめらかジェラートは感動のおいしさ! ベリー好きの筆者には、まさにストライクの味だったので買い溜めしてしまいました。コンビニで本格的なジェラートが食べられる……なんて良い時代なのでしょうか! 想像以上にクオリティが高く、思わず学生時代に食べたイタリアのジェラートを思い出しました(遠い昔)。真っ赤な見た目は、ストロベリー果肉のコーティングがされており、中身はラズベリーとストロベリーのジェラート。ベリー系のスイーツがお好きな方に試して欲しいです♪

「アイスの実 和梨」152円

ちゃんと“和”の梨でした!(C)コクハク
ちゃんと“和”の梨でした! (C)コクハク

 果汁65%で、みずみずしい味わいが魅力のアイスの実。今や従来のシャリシャリ食感はなく、トロトロ食感へと進化しているんです! 2層仕立てで、外側は氷でコーティングでされていて、中身はジェラート。冷凍庫から出して7分ほど置いておくと、ひやとろ食感になるのでオススメです。

まとめ

 皆さんが一度は食べたことのあるアイスが、密かにバージョンアップしているかも! コンビニやスーパーに並ぶアイスは、たくさんの種類の中から激戦を勝ち抜いた精鋭たち。ぜひ自分へのご褒美アイスをみつけて、夏を満喫してくださいね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...