「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)

コクハク編集部
更新日:2021-07-26 06:00
投稿日:2021-07-26 06:00

材料はコチラ!

材料はこれだけ!(C)コクハク
材料はこれだけ! (C)コクハク

 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなので、ちょっぴり不器用な方でもハードルが低いですし、お子さまとのお菓子作りにも最適だと思います♪

■材料
・牧場の朝ヨーグルト 3個
・Kiriのクリームチーズ 3個
・粉ゼラチン 6~7g
・水 大さじ2
・ビスケット 3枚

 材料も手軽に買えるものばかりで助かる~! TikTokで他の人が作った工程をチェックしてみると、マリーのビスケットだとヨーグルトの容器にピッタリ合うサイズらしいです。筆者が買い出しに行ったコンビニには、マリーが売ってなかったので、リッツで挑戦します!

 まず、粉ゼラチンに水を加えて5~10分ほどふやかします。作業中はあっという間に10分過ぎるので、最初にふやかしておくと時短になります。

ヨーグルトの上にクリームチーズをのせる(C)コクハク
ヨーグルトの上にクリームチーズをのせる (C)コクハク

 次に、ヨーグルトにクリームチーズをひとつずつ入れていきます。そして、ヨーグルトとクリームチーズをよく混ぜていきます。ダマにならないように、丁寧に……。スプーンよりも小さな泡立て器のほうが混ぜやすいと思います!

 この時点でカップの容量がパンパンになって混ぜづらいので、中身をボールに移し替えて3つ分を一度に作業すると効率がいいかもしれません。

ゼラチンがダマにならないように注意

溶かしたゼラチン(C)コクハク
溶かしたゼラチン (C)コクハク

 混ぜ終わったら、ゼラチンをレンジで溶かします。500Wで10~20秒ぐらい温めたら、ヨーグルトに加えてよく混ぜてください。ゼラチンがダマにならないように、素早く混ぜるのがポイントです! 最後にクッキーで蓋をして作業終了。ラップをして、冷蔵庫で3時間ほど冷やしたら完成です! おつかれさまでした!

完成♡(C)コクハク
完成♡ (C)コクハク

 牧場の朝ヨーグルト風味のチーズケーキに! さっぱりしていておいしいです。しっかりとクリームチーズの濃厚さを感じます。混ぜるだけで、とても簡単なので、気になった方はマネしてみてくださいね♪

(編集S/コクハク編集部)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...