ハイスペ男子に多い 交際後に豹変するサイコパス男の特徴

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-09-09 06:11
投稿日:2019-02-20 06:00
 付き合うまでは良かったのに、付き合った後に豹変する「サイコパス男」にこれまで遭遇したことはありませんか? サイコパス男は、一度付き合ってしまうと大惨事を招いてしまう可能性が高いため、何としても避けなければならない婚活女子の“3大厄災”と言われています。
 しかしながら、サイコパス男は付き合う前まではとても素敵なハイスペック男子だったりするため、その見極めが難しく、警戒しすぎるとイイ男を逃す可能性も。今回は、そんなサイコパス男についてお話しさせていただきます。

本当にヤバいサイコパス男の話

外面はいいけれど…(写真:iStock)
外面はいいけれど… (写真:iStock)

 とある知人の30代後半の女性が知り合ったサイコパス男のお話しです。

 彼女は年齢は高いものの非常に美しく、自分でも会社を経営されています。そんな中、知り合ったのは、複数の会社を経営するという経営者の40代男性です。

 最初は経営者同士話も合い、彼からも仕事の紹介や受注もあったため、好感度は上々。デートでお誘いいただくお店も質が高く、マメにプレゼントなどもあったりと、積極的なお誘いがありました。

 そうして、お付き合いすることになったんですが、最初の旅行で態度が豹変。急に口調が荒くなったり、デート中にほかの人に紹介される時も、露骨に「俺の女感」を出してきたり。

 なんか変だなと違和感を感じ始めたところで、今度は依頼されてやっていた仕事の支払いを拒否してきたり。何度やりとりしても全く支払う気配がないため仕方なく裁判に。

 そこで判明したのは、ほかにも数億円レベルでの未払いや補助金の詐取、従業員のパワハラ訴訟などなど、これでもかってくらいの“伏魔殿”だったわけです。

 こうした男性の特長は、基本的には外面が良くて社交的。そのため、付き合う前まではとても魅力的に映るんですよね。

 結局、1年以上にわたる裁判の結果、彼女はなんとかお金を回収し、無事にお別れすることができましたが、裏ではさらに多くの被害者もいたことでしょう。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ