ハイスペ男子に多い 交際後に豹変するサイコパス男の特徴

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-09-09 06:11
投稿日:2019-02-20 06:00
 付き合うまでは良かったのに、付き合った後に豹変する「サイコパス男」にこれまで遭遇したことはありませんか? サイコパス男は、一度付き合ってしまうと大惨事を招いてしまう可能性が高いため、何としても避けなければならない婚活女子の“3大厄災”と言われています。
 しかしながら、サイコパス男は付き合う前まではとても素敵なハイスペック男子だったりするため、その見極めが難しく、警戒しすぎるとイイ男を逃す可能性も。今回は、そんなサイコパス男についてお話しさせていただきます。

本当にヤバいサイコパス男の話

外面はいいけれど…(写真:iStock)
外面はいいけれど… (写真:iStock)

 とある知人の30代後半の女性が知り合ったサイコパス男のお話しです。

 彼女は年齢は高いものの非常に美しく、自分でも会社を経営されています。そんな中、知り合ったのは、複数の会社を経営するという経営者の40代男性です。

 最初は経営者同士話も合い、彼からも仕事の紹介や受注もあったため、好感度は上々。デートでお誘いいただくお店も質が高く、マメにプレゼントなどもあったりと、積極的なお誘いがありました。

 そうして、お付き合いすることになったんですが、最初の旅行で態度が豹変。急に口調が荒くなったり、デート中にほかの人に紹介される時も、露骨に「俺の女感」を出してきたり。

 なんか変だなと違和感を感じ始めたところで、今度は依頼されてやっていた仕事の支払いを拒否してきたり。何度やりとりしても全く支払う気配がないため仕方なく裁判に。

 そこで判明したのは、ほかにも数億円レベルでの未払いや補助金の詐取、従業員のパワハラ訴訟などなど、これでもかってくらいの“伏魔殿”だったわけです。

 こうした男性の特長は、基本的には外面が良くて社交的。そのため、付き合う前まではとても魅力的に映るんですよね。

 結局、1年以上にわたる裁判の結果、彼女はなんとかお金を回収し、無事にお別れすることができましたが、裏ではさらに多くの被害者もいたことでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ