ヤリモク男より危険 「すぐ付き合って系男子」の見分け方

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-09-15 06:57
投稿日:2019-02-18 06:00
「スグツキ男子」って?(写真:iStock)
「スグツキ男子」って? (写真:iStock)

 男性とのさまざまな出会いの中で、女子にとって避けなければならないのが“カラダ目当て”のヤリモク男子ですよね!?

 でも、そんなヤリモク男子より危険な男、それが「すぐ付き合って系男子」なのです。

「え、でも付き合ってくれるのならいいんじゃない?」って思った方、そんなあなたはすぐ付き合って系男子(長いので、スグツキ男子としましょう)の餌食になること間違いないし。
 
 今回は、スグツキ男子の恐ろしさと、その見分け方について解説させていただきます。

スグツキ男子とは何か?

私だけじゃなかったの?(写真:iStock)
私だけじゃなかったの? (写真:iStock)

 スグツキ男子とは、人を好きになる沸点が異常に低い男子です。彼らは基本的にポジティブ。

 会った女の子の良いところを非常にリアリティを持って褒めてくれ、共感し、好きと言ってくれます。

 え、こんなにフィーリングが合うなんて、運命かも!?って思ったら、それは落とし穴にまっしぐら。

 彼にとってそれは特別なことではなく、みんなそれぞれいい所あるよね!という、至極当たり前なことを恋心に転換することのできる“特殊能力”を持っているのです。

 ヤリモク男子の場合は、本命彼女 + 複数のセフレ という形になるので、本命の彼女とは真剣に恋愛し、それ以外の女性とはカラダの関係のみと非常に割り切った考え方をもっている場合が多いです。

 一方、スグツキ男子の場合は、「全員本命!」。付き合うハードルが低いため、どんどん彼女が増殖していきます。

 女性から見ると理想的な彼氏に見えてしまうため、女性側もどんどん本気になっていき、複数人彼女持ち、という事実を知ったときには、かなりの衝撃を受けることになってしまいます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ