恋愛タブーな取引先の男性に恋したら?社交辞令を見抜く方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-08-16 06:00
投稿日:2021-08-16 06:00
 取引先の男性との恋愛は「公私混同」と、タブー視する人が多いですよね。また、脈ありだと感じても「ただの社交辞令かも?」と、悩んでしまうことも多いでしょう。そこで今回は、彼の態度が社交辞令かどうかを見抜く方法や、取引先の男性との恋愛の注意点をご紹介します。

取引先の男性とのタブーな恋愛…社交辞令かを見抜く4つの方法

取引先の男性との恋愛はタブー(写真:iStock)
取引先の男性との恋愛はタブー (写真:iStock)

 それではさっそく、取引先の男性の態度が社交辞令か脈ありなのかを見抜く4つの方法をご紹介しましょう。

1. 連絡の取り方はどうか?

 取引先の相手と連絡先を交換した場合、その後の連絡の取り方が判断ポイントになります。もしも社交辞令なら相手からの連絡はなく、会話も世間話のみで発展しないでしょう。

 反対に、相手から連絡が来て、会話がどんどん広がるようなら、社交辞令ではなく脈ありの可能性があります。

2. 2人飲みに誘った時の態度はどうか?

 彼を2人飲みに誘った時「いいですね!」と言ってもらえるものの、具体的な日にちを決める前に話題を変えられてしまうなら、社交辞令かもしれません。反対に相手から「いつ頃にしますか?」と具体的な内容を話してくるなら、少なくとも好意があると考えられますね。

 ただし、取引先の男性を2人飲みに誘うのは、関係性がしっかりできてからのほうが良いでしょう。相手は断りづらい立場にあるので、慎重に行動してくださいね。

3. どんな部分を褒めてくるか?

 相手があなたのどんな部分を褒めてくれるかも、脈あり度を判断できるポイント。「素敵なスーツですね」など、表面的な部分を褒めるのではなく、「気遣い上手ですね」など、よく見ていないとわからない部分を褒めてくる場合は、脈ありサインかもしれません。

 また、「その髪型、似合っていますね」など、相手の主観的な意見の場合は、より好意を持ってくれている証拠になるでしょう。

4. プライベートなことを聞いてくるか?

 取引先の男性とプライベートな話題になることもあるでしょう。そんな時、社交辞令かを判断するポイントは、仕事以外の時間でも継続的にプライベートなことを聞いてくるかどうか。

 社交辞令であれば、仕事が終わった後に取引先の相手のことを積極的に考えることは少ないはず。継続して気にしてくれる様子があるのであれば、仕事相手ではなく、個人として興味があるのかもしれません。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


いま彼との恋愛、見切らないと時間の無駄かも?「損切り基準」6項目
 アラサー・アラフォーになると「今の彼を失ったら結婚できないかも……」と不安を抱えるときもあるでしょう。  でも彼との...
恋バナ調査隊 2023-12-04 06:00 ラブ
運が悪かっただけ? 私が出会ったクズすぎた九州の男の特徴
 九州の男といえば、豪快で男気があり、人情に熱いイメージがありますよね。男らしい人がタイプの女性にはたまらないでしょう。...
恋バナ調査隊 2023-12-04 06:00 ラブ
「今度は生ませるから」自分の元から去った元カノに再び妊娠を迫る40男
「冷酷と激情のあいだvol.171〜女性編〜」では、交際中のモラハラを理由として、ドロ沼の末に恋人と別れた明美さん(38...
並木まき 2023-12-02 06:00 ラブ
「中絶費用払って…」復縁を懇願するモラハラ元彼に38歳女の切ない願い
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-12-02 06:00 ラブ
あんた何様ですか? いい加減つら、理想が高い夫を持つ妻たちの愚痴5選
 夫の理想が高ければ高いほど、妻たちの不満は膨らむ様子。「なんなのコイツ!」と怒りがこみあげ、離婚を考えるようになる女性...
恋バナ調査隊 2023-12-01 06:00 ラブ
コロナ後のいま“レス不倫”増殖中! 2度目も3度目も食事だけデートのワケ
 コロナが5類に移行してから、くすぶり始めているのが、不倫です。濃厚接触を避けていたコロナ禍では自粛傾向にあった禁断の関...
内藤みか 2023-11-30 06:00 ラブ
不倫も人生経験、不倫してよかったと語るツワモノたち 一体何を学んだ?
 誰もが「不倫はいけない恋愛」と思っているでしょう。でも「不倫してよかった」「不倫も人生経験の1つ」と考えるツワモノもい...
恋バナ調査隊 2023-11-30 06:00 ラブ
あなたは何のため? 女性が入籍・結婚を望む5つの理由を考えてみた
「大好きな人とずっと一緒に過ごしたいから」「子どもが欲しいから」などなど、結婚したい理由は人それぞれ。あなたが結婚したい...
恋バナ調査隊 2023-11-29 06:00 ラブ
男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ
「入籍は餞別みたいなもん」30男が非モテ系彼女とのケジメ婚に悩むウラ
「冷酷と激情のあいだvol.170〜女性編〜」では、交際2年目で同棲をしている恋人が、風俗通いや浮気をすることに悩む理奈...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
風俗に職場女性とねんごろ…それでも年下男と別れられない34歳女の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ