職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-06-22 06:00
投稿日:2021-06-22 06:00
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な対応はできませんよね。
 仕事の延長のようでもありプライベートとも取れるLINEが来たら返信するだろうし、仕事帰りにご飯に誘われたら断りにくいもの。上司からの誘いを断れず、自分の意思に反してズルズルと男女関係に発展してしまうケースが実際にあるといいます。
 今回は、そんな仕事上の力がある男性からのパワハラとも取れる「パワハラ交際」を経験したことがある女性に、お話を伺いました。

断れなくて…上司と社内不倫

立場を利用した交際強要はやめて!(写真:iStock)
立場を利用した交際強要はやめて! (写真:iStock)

 新卒で入社した会社で、上司と不倫関係になってしまったというA子さん(26歳)は、入社当初から配属された部署のリーダーに気に入られていることを、入社2年目あたりから感じるようになりました。

「新社会人で仕事のイロハもわからず、必死に日々の業務に取り組んでいました。上司の下心には気づかなかった」とA子さんは言いますが、商談で上司と外出した際、アポの後に必ずお茶に誘われて「彼氏いるの?」「どんな男性のタイプが好み?」など、仕事とは無関係のことを聞かれていたそうです。

 また、二人でエレベーターに乗った時など、なんとなく“パーソナルスペースが近いな”と、上司の立ち位置の近さに違和感を覚えることも。スキンシップも普通の人よりちょっと多かったようです。

忘年会の後バーに呼び出され…

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 そして決定的だったのは、部署のメンバーで忘年会があった日のこと。

 一次会でお開きとなったのに、解散後すぐに上司からA子さんに電話がかかってきて、バーでもう一杯飲み直そうとしつこく誘われて、仕方なく付き合うことに。

 上司には妻子がいることも知っていたし、そもそもタイプの男性というわけではなかったので、不倫という大きなリスクを負うつもりは毛頭なく、A子さんは正直“いやいや”仕事の付き合いだと思ってバーへ行きました。

 ところがバーで待っていた上司は、まるで満月を見て吠える狼のように、激しい勢いでA子さんを口説いてきたといいます。

「僕のこと嫌いじゃないよね?」

「これからも仕事を一緒にしていくパートナーとして、たまには息抜きにも付き合ってよ」

「A子ちゃんは本当に可愛いし、信頼できるよ」

 このように、部下として「NO」とは言いにくい口説き文句が続きました。上司はだいぶお酒に酔っているようでしたが、しまいには、

「今日は疲れちゃったから、僕はホテルに泊まる。名残惜しいからエントランスまで一緒に行ってくれないか?」

 と甘えられて、結局A子さんは上司を部屋まで送ることに。その先は断れるはずもなく、男と女の一線を超えてしまったといいます。

 それからも上司との不倫関係は何回か繰り返されました。

 本当は、A子さんはその関係を続けたくなかったようですが、お人好しの性格が災いして断れず、無理して付き合ってしまったようです。

 いつしか「仕事の一環だと割り切るようになりました」と、A子さんは顔をしかめます。

不本意な不倫関係が終わったキッカケ

迷惑しています(写真:iStock)
迷惑しています (写真:iStock)

 しかし、その上司との関係も終わりを迎える出来事が起こったそうです。

 休日のある日、突然A子さんに上司から電話がかかってきました。出てみると、知らない女性の声が……それは上司の妻だったのです。

「あなたね、うちの旦那と付き合ってるの? 会社に言うわよ、この泥棒女」

 かなり怒っている様子。そこでA子さんはこう言い返しました。

「はい、おたくの旦那様にしつこく口説かれて困っておりました。仕事の上司なので断ることもできず、とても迷惑しています。奥様からも、もうやめてもらうように言ってもらえますか?」と。

 A子さんがこう言うと、急に妻の荒げた話し方から一転して、冷静な声のトーンに変わったそうです。

「そうでしたか……わかりました、主人に話を聞いてみますね」と言い、電話が切れたとのこと。妻としてプライドが傷ついたのでしょうか、はたまた恥ずかしかったのかもしれません。

 A子さんは上司の妻から電話がかかってきた瞬間から、「もう会社にバレても退職すればいい、この関係が終わりにできるならば」という気持ちだったそうです。

 結果的に、上司の妻は会社に二人の不倫関係を暴露することはなかったそうです。おそらく夫の仕事を守る方を優先したのでしょう。

 その後、職場では上司と気まずかったですが、A子さんは密かに転職活動を行い、退職したとのこと。

「もうパワハラ交際は絶対に受け入れない」という固い決意で、新生活をスタートしているようです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...