職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-06-22 06:00
投稿日:2021-06-22 06:00
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な対応はできませんよね。
 仕事の延長のようでもありプライベートとも取れるLINEが来たら返信するだろうし、仕事帰りにご飯に誘われたら断りにくいもの。上司からの誘いを断れず、自分の意思に反してズルズルと男女関係に発展してしまうケースが実際にあるといいます。
 今回は、そんな仕事上の力がある男性からのパワハラとも取れる「パワハラ交際」を経験したことがある女性に、お話を伺いました。

断れなくて…上司と社内不倫

立場を利用した交際強要はやめて!(写真:iStock)
立場を利用した交際強要はやめて! (写真:iStock)

 新卒で入社した会社で、上司と不倫関係になってしまったというA子さん(26歳)は、入社当初から配属された部署のリーダーに気に入られていることを、入社2年目あたりから感じるようになりました。

「新社会人で仕事のイロハもわからず、必死に日々の業務に取り組んでいました。上司の下心には気づかなかった」とA子さんは言いますが、商談で上司と外出した際、アポの後に必ずお茶に誘われて「彼氏いるの?」「どんな男性のタイプが好み?」など、仕事とは無関係のことを聞かれていたそうです。

 また、二人でエレベーターに乗った時など、なんとなく“パーソナルスペースが近いな”と、上司の立ち位置の近さに違和感を覚えることも。スキンシップも普通の人よりちょっと多かったようです。

忘年会の後バーに呼び出され…

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 そして決定的だったのは、部署のメンバーで忘年会があった日のこと。

 一次会でお開きとなったのに、解散後すぐに上司からA子さんに電話がかかってきて、バーでもう一杯飲み直そうとしつこく誘われて、仕方なく付き合うことに。

 上司には妻子がいることも知っていたし、そもそもタイプの男性というわけではなかったので、不倫という大きなリスクを負うつもりは毛頭なく、A子さんは正直“いやいや”仕事の付き合いだと思ってバーへ行きました。

 ところがバーで待っていた上司は、まるで満月を見て吠える狼のように、激しい勢いでA子さんを口説いてきたといいます。

「僕のこと嫌いじゃないよね?」

「これからも仕事を一緒にしていくパートナーとして、たまには息抜きにも付き合ってよ」

「A子ちゃんは本当に可愛いし、信頼できるよ」

 このように、部下として「NO」とは言いにくい口説き文句が続きました。上司はだいぶお酒に酔っているようでしたが、しまいには、

「今日は疲れちゃったから、僕はホテルに泊まる。名残惜しいからエントランスまで一緒に行ってくれないか?」

 と甘えられて、結局A子さんは上司を部屋まで送ることに。その先は断れるはずもなく、男と女の一線を超えてしまったといいます。

 それからも上司との不倫関係は何回か繰り返されました。

 本当は、A子さんはその関係を続けたくなかったようですが、お人好しの性格が災いして断れず、無理して付き合ってしまったようです。

 いつしか「仕事の一環だと割り切るようになりました」と、A子さんは顔をしかめます。

不本意な不倫関係が終わったキッカケ

迷惑しています(写真:iStock)
迷惑しています (写真:iStock)

 しかし、その上司との関係も終わりを迎える出来事が起こったそうです。

 休日のある日、突然A子さんに上司から電話がかかってきました。出てみると、知らない女性の声が……それは上司の妻だったのです。

「あなたね、うちの旦那と付き合ってるの? 会社に言うわよ、この泥棒女」

 かなり怒っている様子。そこでA子さんはこう言い返しました。

「はい、おたくの旦那様にしつこく口説かれて困っておりました。仕事の上司なので断ることもできず、とても迷惑しています。奥様からも、もうやめてもらうように言ってもらえますか?」と。

 A子さんがこう言うと、急に妻の荒げた話し方から一転して、冷静な声のトーンに変わったそうです。

「そうでしたか……わかりました、主人に話を聞いてみますね」と言い、電話が切れたとのこと。妻としてプライドが傷ついたのでしょうか、はたまた恥ずかしかったのかもしれません。

 A子さんは上司の妻から電話がかかってきた瞬間から、「もう会社にバレても退職すればいい、この関係が終わりにできるならば」という気持ちだったそうです。

 結果的に、上司の妻は会社に二人の不倫関係を暴露することはなかったそうです。おそらく夫の仕事を守る方を優先したのでしょう。

 その後、職場では上司と気まずかったですが、A子さんは密かに転職活動を行い、退職したとのこと。

「もうパワハラ交際は絶対に受け入れない」という固い決意で、新生活をスタートしているようです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...