「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ

内藤みか 作家
更新日:2021-08-19 06:00
投稿日:2021-08-19 06:00
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテクは上達したとも言えるでしょう。浮気を見破った女性たちはどういうところに目をつけていたのでしょうか。

チェックすべき3つのポイント

そのアイコンはもしかして…(写真:iStock)
そのアイコンはもしかして… (写真:iStock)

1. スマートフォンのアイコンで

 多くの浮気は、スマートフォンから発覚します。といっても、最近は男性のガードも固く、スマートフォンにはロックがかけられていることが当たり前。けれど、肌身離さずスマホを持ち歩くようになったり、影でこっそりメッセージを送っていたりする時は、浮気をしているのでは? と女の直感が働くものです。そんな時はまずはアイコンをチェックしてみましょう。

 ある女性は、男性がよく使っているアプリのアイコンを覚え、それが出会い系アプリのものだということを知り、がく然としました。そして「私がいるのにどうして出会い系をするの?」と追及したところ、彼が平謝りしてきたそうです。その場でアプリを消去させ、次にこういうアプリを使ったら別れるからね!ときつく叱ったのだとか。

2. 財布チェックで発覚

 また、財布をチェックして浮気を確信した人も意外と多いものです。特に縁のない住宅地のスーパーのレシートが出てきて、その近くに住む女性と一緒に買い出しをしたものだと判明したこともありました。

 また、財布に残されたATMの利用明細で不審な引き出しを見つけて追及した女性もいます。

「このあいだ急に出かけた時に、3万円引き出してたみたいだけど、どこで何に使ったの?」などと質問され、逃げきれず白状してしまう男性もいたのです。こうしたことが発覚した場合、既婚者であれば、彼が自由に使えるお小遣いを大幅に減額して浮気を防止する女性も少なくありません。

3. 見慣れぬ品物を怪しむ

このネクタイどうしたの?(写真:iStock)
このネクタイどうしたの? (写真:iStock)

 見たことがない品物を彼が持っている時も、浮気の可能性が疑われるケース。浮気相手が本気の場合は、自分の存在を主張するようなアイテムを、彼がよく使うシーンに忍ばせてくることが多いのです。例を挙げればボールペン、ネクタイ、バッグ、財布、名刺入れ、下着、Tシャツなどです。

 特に少し高価そうなブランド品や、女性が選んだのではと感じる可愛らしいアイテムには注意が必要です。この品物どうしたの? と尋ね、怪しいと判断した場合は没収してしまう女性もいます。アイテムは、使うたびにその女性のことを思い出すきっかけとなるので、封印してしまうのは浮気対策としては間違ってはいません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ