「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ

内藤みか 作家
更新日:2021-08-19 06:00
投稿日:2021-08-19 06:00
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテクは上達したとも言えるでしょう。浮気を見破った女性たちはどういうところに目をつけていたのでしょうか。

チェックすべき3つのポイント

そのアイコンはもしかして…(写真:iStock)
そのアイコンはもしかして… (写真:iStock)

1. スマートフォンのアイコンで

 多くの浮気は、スマートフォンから発覚します。といっても、最近は男性のガードも固く、スマートフォンにはロックがかけられていることが当たり前。けれど、肌身離さずスマホを持ち歩くようになったり、影でこっそりメッセージを送っていたりする時は、浮気をしているのでは? と女の直感が働くものです。そんな時はまずはアイコンをチェックしてみましょう。

 ある女性は、男性がよく使っているアプリのアイコンを覚え、それが出会い系アプリのものだということを知り、がく然としました。そして「私がいるのにどうして出会い系をするの?」と追及したところ、彼が平謝りしてきたそうです。その場でアプリを消去させ、次にこういうアプリを使ったら別れるからね!ときつく叱ったのだとか。

2. 財布チェックで発覚

 また、財布をチェックして浮気を確信した人も意外と多いものです。特に縁のない住宅地のスーパーのレシートが出てきて、その近くに住む女性と一緒に買い出しをしたものだと判明したこともありました。

 また、財布に残されたATMの利用明細で不審な引き出しを見つけて追及した女性もいます。

「このあいだ急に出かけた時に、3万円引き出してたみたいだけど、どこで何に使ったの?」などと質問され、逃げきれず白状してしまう男性もいたのです。こうしたことが発覚した場合、既婚者であれば、彼が自由に使えるお小遣いを大幅に減額して浮気を防止する女性も少なくありません。

3. 見慣れぬ品物を怪しむ

このネクタイどうしたの?(写真:iStock)
このネクタイどうしたの? (写真:iStock)

 見たことがない品物を彼が持っている時も、浮気の可能性が疑われるケース。浮気相手が本気の場合は、自分の存在を主張するようなアイテムを、彼がよく使うシーンに忍ばせてくることが多いのです。例を挙げればボールペン、ネクタイ、バッグ、財布、名刺入れ、下着、Tシャツなどです。

 特に少し高価そうなブランド品や、女性が選んだのではと感じる可愛らしいアイテムには注意が必要です。この品物どうしたの? と尋ね、怪しいと判断した場合は没収してしまう女性もいます。アイテムは、使うたびにその女性のことを思い出すきっかけとなるので、封印してしまうのは浮気対策としては間違ってはいません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


眞子さまのご結婚問題に思う…結婚を反対してはいけない理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年...
山崎世美子 2021-09-25 06:00 ラブ
結婚を望まれても…半同棲中の恋人との別れを意識する男性
「冷酷と激情のあいだvol.57〜女性編〜」では、恋人がおかした過去の過ちをどうしても許せずに苦しむ女性・Eさんの胸中を...
並木まき 2021-09-25 06:00 ラブ
過去の浮気は許せないけど…彼のプロポーズを待つ女性の胸中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-25 06:28 ラブ
不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接...
恋バナ調査隊 2021-09-25 06:28 ラブ
結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ