70代女性の官能的恋愛小説「疼くひと」を読んでみた

内藤みか 作家
更新日:2021-09-09 06:00
投稿日:2021-09-09 06:00
 恋愛小説はこの世に山のようにあります。けれど、そのヒロインが70代女性というものは数少なく、ましてや性愛描写も含んでいるだなんてものは、国内ではほとんどないと言っていいでしょう。それを包み隠さず描いた『疼くひと』に、老年期の恋を学んでみました。

老いても恋をしたい

60代になっても…(写真:iStock)
60代になっても… (写真:iStock)

 ここ数年、女性たちの恋愛観に変化が起きています。今までは40代を迎えると「もう結婚は難しい」「子どもも産まずに人生を終えるのか」「このまま一生ひとりで過ごすのかもしれない」などという哀しみや不安を訴える人が多かったのですが、そうではなくなってきたのです。

 その原因は、近年、超高齢化社会となり人生100年と言われるようになったことも大いに関係しているのでしょう。女性たちは「人生これから。いつかはいい人に出会えるかもしれない」「もし子どもを自分で産むことができなくても、養子を迎えるなどして子育てを経験してみたい」などと希望を持つようになりました。ただし問題は「どうやってパートナーと出会うか」ということです。

60代女性の官能表現

 フランスの女性作家マルグリット・デュラスは60代の時に38歳年下の男性と知り合い、同棲生活を始めます。二人には体の関係もあり、その様子を『ヤン・アンドレア・シュタイナー』(河出書房新社・刊)でも描いています。そこには愛の国フランスだからこその、逃げも隠れもせず、堂々とした振る舞いがあります。

 女性が自分から相手を誘い、まだ若く見える私の脚を見て、と囁くシーンも出てきます。何歳になっても自分の美しい部分を見出し、プライドを持って生きるさまは羨ましくさえなります。日本人女性は老いに怯え、衰えた自分を見せたがらない傾向があります。まるで老けることが負けだと思っているかのようです。

文章で愛を語らう

SNSでの出会いから愛を深めていく(写真:iStock)
SNSでの出会いから愛を深めていく (写真:iStock)

疼くひと』(松井久子・著/中央公論新社・刊)は、70代の日本人女性が、15歳年下の男性と恋をする物語です。二人がどこで知り合うかというとSNS。最初はぎこちないメッセージのやりとりだったのが、次第に熱く互いの思いを文章で語り合うようになります。著者の松井久子さん自身も70代女性であるため、お話がなおさらリアルに感じさせられます。

 これは『ヤン・アンドレア・シュタイナー』も同じで、手紙を通してお互いに深く知り合っていくのです。高齢女性は言葉から恋に落ちるものなのかもしれません。文字のやりとりで相手を知ったうえで会う約束をするので、初対面であるにも関わらず、旧知の関係のように感じ、相手に愛おしさを感じることができるのです。

何歳になっても女でいたい

 70代の恋は、まだその年齢を迎えていない女性にとっては、未知の世界。けれど実際に読んでみると、何歳になっても女は女なのだということがわかります。閉経を迎えても、男性への肉欲もあるのです。そして彼に会いたい、抱きしめられたい、彼に見られるかもしれないしどんな下着をつけていこう、などという恋心も変わらずに存在しているし、ベッドシーンも違和感なくドキドキしながら読み耽ることができました。

『疼くひと』のヒロインである耀子の意識の高さにも学ぶところはたくさんあります。女性らしさを大切にしていて、自分自身のケアを怠らないのです。物語には女性器のお手入れシーンも出てきますし、良い食材を丁寧に調理して食べる様子もあります。美しく老いるためには手間隙も必要なのです。

ロマンス詐欺に注意

すべての人が善人とは限らない(写真:iStock)
すべての人が善人とは限らない (写真:iStock)

 物語は美しく、人生の折り返し地点を過ぎた恋愛ならではのせつなさも味わうこともできます。この本を読んで、私もまだまだ恋愛や性愛を愉しむことができると励まされる女性も多いでしょう。もしかしたらSNSで声をかけてきた男性にときめいてしまうかもしれません。

 けれどSNSで知り合った男性にお金を騙し取られる事例も多いのです。相手の巧みな口説きに熱くなってお金を貢いでしまう女性たちのなかには高齢の方もいます。SNSには「あなたの写真に一目惚れしました」などと甘いメッセージを送ってくる男性がいますが、すべてが善人とは限りません。相手の目的はなんなのかきちんと見定める眼を持つことが必要となるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...