70代女性の官能的恋愛小説「疼くひと」を読んでみた

内藤みか 作家
更新日:2021-09-09 06:00
投稿日:2021-09-09 06:00
 恋愛小説はこの世に山のようにあります。けれど、そのヒロインが70代女性というものは数少なく、ましてや性愛描写も含んでいるだなんてものは、国内ではほとんどないと言っていいでしょう。それを包み隠さず描いた『疼くひと』に、老年期の恋を学んでみました。

老いても恋をしたい

60代になっても…(写真:iStock)
60代になっても… (写真:iStock)

 ここ数年、女性たちの恋愛観に変化が起きています。今までは40代を迎えると「もう結婚は難しい」「子どもも産まずに人生を終えるのか」「このまま一生ひとりで過ごすのかもしれない」などという哀しみや不安を訴える人が多かったのですが、そうではなくなってきたのです。

 その原因は、近年、超高齢化社会となり人生100年と言われるようになったことも大いに関係しているのでしょう。女性たちは「人生これから。いつかはいい人に出会えるかもしれない」「もし子どもを自分で産むことができなくても、養子を迎えるなどして子育てを経験してみたい」などと希望を持つようになりました。ただし問題は「どうやってパートナーと出会うか」ということです。

60代女性の官能表現

 フランスの女性作家マルグリット・デュラスは60代の時に38歳年下の男性と知り合い、同棲生活を始めます。二人には体の関係もあり、その様子を『ヤン・アンドレア・シュタイナー』(河出書房新社・刊)でも描いています。そこには愛の国フランスだからこその、逃げも隠れもせず、堂々とした振る舞いがあります。

 女性が自分から相手を誘い、まだ若く見える私の脚を見て、と囁くシーンも出てきます。何歳になっても自分の美しい部分を見出し、プライドを持って生きるさまは羨ましくさえなります。日本人女性は老いに怯え、衰えた自分を見せたがらない傾向があります。まるで老けることが負けだと思っているかのようです。

文章で愛を語らう

SNSでの出会いから愛を深めていく(写真:iStock)
SNSでの出会いから愛を深めていく (写真:iStock)

疼くひと』(松井久子・著/中央公論新社・刊)は、70代の日本人女性が、15歳年下の男性と恋をする物語です。二人がどこで知り合うかというとSNS。最初はぎこちないメッセージのやりとりだったのが、次第に熱く互いの思いを文章で語り合うようになります。著者の松井久子さん自身も70代女性であるため、お話がなおさらリアルに感じさせられます。

 これは『ヤン・アンドレア・シュタイナー』も同じで、手紙を通してお互いに深く知り合っていくのです。高齢女性は言葉から恋に落ちるものなのかもしれません。文字のやりとりで相手を知ったうえで会う約束をするので、初対面であるにも関わらず、旧知の関係のように感じ、相手に愛おしさを感じることができるのです。

何歳になっても女でいたい

 70代の恋は、まだその年齢を迎えていない女性にとっては、未知の世界。けれど実際に読んでみると、何歳になっても女は女なのだということがわかります。閉経を迎えても、男性への肉欲もあるのです。そして彼に会いたい、抱きしめられたい、彼に見られるかもしれないしどんな下着をつけていこう、などという恋心も変わらずに存在しているし、ベッドシーンも違和感なくドキドキしながら読み耽ることができました。

『疼くひと』のヒロインである耀子の意識の高さにも学ぶところはたくさんあります。女性らしさを大切にしていて、自分自身のケアを怠らないのです。物語には女性器のお手入れシーンも出てきますし、良い食材を丁寧に調理して食べる様子もあります。美しく老いるためには手間隙も必要なのです。

ロマンス詐欺に注意

すべての人が善人とは限らない(写真:iStock)
すべての人が善人とは限らない (写真:iStock)

 物語は美しく、人生の折り返し地点を過ぎた恋愛ならではのせつなさも味わうこともできます。この本を読んで、私もまだまだ恋愛や性愛を愉しむことができると励まされる女性も多いでしょう。もしかしたらSNSで声をかけてきた男性にときめいてしまうかもしれません。

 けれどSNSで知り合った男性にお金を騙し取られる事例も多いのです。相手の巧みな口説きに熱くなってお金を貢いでしまう女性たちのなかには高齢の方もいます。SNSには「あなたの写真に一目惚れしました」などと甘いメッセージを送ってくる男性がいますが、すべてが善人とは限りません。相手の目的はなんなのかきちんと見定める眼を持つことが必要となるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ
長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいま...
田中絵音 2021-09-14 18:11 ラブ
恋愛にドライになりたい…真似したい性格の特徴&恋愛傾向
 恋愛に依存してしまうと精神的に追い詰められてしまうことも多く、疲れてしまいますよね。恋愛にドライな友人を見て、「あんな...
恋バナ調査隊 2021-09-14 06:00 ラブ
“好きな人ほど連絡しない”のはなぜ? 男性心理4つ&対処法
 普通、付き合っている相手とは少しでも長くつながっていたいと思うもの。でも、中には「好きな人ほど連絡しない」男性もいるよ...
恋バナ調査隊 2021-09-13 06:00 ラブ
マンネリを解消できないカップルの特徴5つ&上手な乗り越え方
 どんなに仲の良いカップルでも、ある程度の交際期間が過ぎるとマンネリ化を感じるケースが多いようです。そんな危機を上手に乗...
恋バナ調査隊 2021-09-12 06:00 ラブ