姑vs嫁で因縁バトル勃発! 女性同士の“壮絶LINE”の内容5選

コクハク編集部
更新日:2021-08-28 06:00
投稿日:2021-08-28 06:00
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の数ほどあるでしょう。さらに現代では、今まで家で起こっていたバトルが、LINEに舞台を変えて繰り広げられています。今回は、そんな嫁姑の壮絶なLINEバトルの内容を5つご紹介します!

ドロドロ…姑VS嫁の壮絶なLINE内容5つ

1.「夫が帰るまでに夕飯を食べたんですって!?」

 こちらの女性は、夫が仕事で帰宅時間が遅いため、夜はワンオペで子どもの面倒を見ているそうです。ある日、近くに住む姑から届いたLINEには「孫から夫よりも先に夕飯を食べていると聞いたわよ!
だから夫が家庭から遠ざかるの!」といった内容が書いてありました。

 夫が帰宅するのは21時過ぎ。子どもと先に食事をするのは、仕方ないことにも思えます。でも、昔ながらの考えが譲れない姑には、夫より先に食事することが許せなかったようですね。それにしても「以上です。」という、強気な締めくくりで返信する嫁。負けていないですね!

2.「幼稚園は決まったの?」

 こちらの女性は、教育熱心な姑に悩んでいるそうです。毎日、孫の幼稚園受験について、意見をぐいぐい主張してくるLINEに心底困っているのだとか。女性が教育方針について伝えても、姑はどうしても意見を譲らないようですね。

 さらに、「あなたもあまり学歴がね……」「あなたの人生ではないの」といった発言も、嫁に敵対心むき出しな様子が感じられます。嫁姑問題はさておき、お孫さんにはドロドロした嫁姑関係に巻き込まれず、のびのびと育って欲しいものです。

3.「最近、味付けが濃いわよ」

 姑と同居中のこちらの女性。家事全般を女性が担当しているのですが、姑はとにかく味付けに厳しく既製品嫌い、すべて手作りすることを要求してくるそう。この日は、買い出しに出かけたタイミングを狙って、和食中心のイメージで買い物するようにと連絡してきたそうです。

 やってもらっていることに感謝もなく、文句や要望ばかりでは、こちらも辛くなりますよね。女性も腹が立ってしまったようで、姑への返信も「高齢のお年寄りがいる家」「年金暮らしで時間のあるお義母さんと違って」など、かなりトゲトゲしていますね。

4.「素敵なカーテンを買ったの」

 こちらの女性も姑と同居中なのですが、姑が家のインテリアを勝手に変えてしまうことが悩みの種なのだとか。女性はインテリアにこだわりがあり、全体的におしゃれにまとめたいのに、カーテンやソファ、小物などを勝手に購入してくるのだそうです。

 これは、かなりのストレスですよね……。特に、カーテンは部屋の印象をガラッと変えるものなので、気に入らないものだと毎日嫌な気分になってしまうでしょう。嫁姑の同居の厳しさを感じたLINEでした。

5.「私が憎いから?」

 こちらの女性は、同居の姑の被害妄想に悩んでいるそうです。朝早く出かける日、冷蔵庫にお昼ご飯を入れておいたことを伝えると、「私が憎いから体に悪いものを食べさせる気でしょ!」というLINEが届きました。

 専業主婦のこの女性、自宅ではずっと姑と一緒なのですが、常に嫁からいびられているという被害妄想のせいで夫との関係も悪くなってしまったのだとか。周囲のサポートも上手に受けながら、心が折れないようにしてほしいですね。

嫁姑の関係は程良い距離感で解決して!

 嫁姑のLINEのやりとりを見ていると、嫁姑の距離が近過ぎてしまうことも要因の一つだと感じました。違う時代に生まれ育った者同士は、やはり相手のやり方を尊重することや、相手をコントロールしようとしないことが大切ですね。

 ぜひ、ほど良い距離感を大切にしながら、少しでも仲良くなれるように、嫁姑関係を築いていってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...
「エシカルな暮らし方」って何?知ったかぶりしそうな貴女へ
 近年、リサイクルや自然保護といった活動が当たり前になってきましたよね。その中のひとつでもあるのが、「エシカル」です。言...
 “たまたま”天気予報!「猫が顔洗うと雨になる」は万国共通
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
イライラしやすい人、読んで! 簡単「ストレスリセット」8選
 日常生活の中で、誰だって多かれ少なかれストレスを抱えているでしょう。でも、ストレスはデメリットばかりではなく、ストレス...