これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ

コクハク編集部
更新日:2021-07-23 06:00
投稿日:2021-07-23 06:00
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流行りは常に移り変わっていくもの。常にアンテナを張っていないと、それまで当たり前だった言動が「古い」「おばさん」のカテゴリになってしまうことも多いんです。そこで今回は、年下におばさんLINEだと思われてしまう内容を5つ、ご紹介しましょう!

年下に「おばさんLINE」と思われる内容5選

1. 送られてくる文章が長すぎる

 LINEは本来、短い文章を手軽にテンポ良くやりとりできるというアプリです。でも、メール世代の女性たちは、どうしても一文一文が長くなってしまいがち。改行を多めに入れても長い文章は若い人から「おばさん」のレッテルを貼られてしまうため、LINEの一文は短くテンポ良く、意識して送ったほうが良いかもしれません!

2. あえて“おばさん感”を出して否定待ちする

 こちらのLINEのように、見た目より若く見えたり、そこまで老けていない女性に限って、「最近、体が痛い」「お肌がボロボロ」「年だから」ということを言います。本人は、場を和ませるための自虐ネタのつもりでも、若い人からすれば「そんなに老けてないですよ」としか言えませんよね。

 つまり、「若いですよ」の言葉を引き出すための“フリ”として捉えられてしまうのです。こんなLINEを送っているなら、要注意!「おばさんLINE」と、思われているかもしれません。

3. 母音を小文字で送ってくる

 一昔前、ギャルたちの中で、文中の「あいうえお」を「ぁぃぅぇぉ」と小文字にして送るのが流行っていましたよね。でも、今やこれは過去の産物。「おはよー」を「ぉはよー」なんて送っていませんか? 若い友達に、冷めた目で見られているかもしれませんよ。

 それに、ある程度年齢を重ねた人が、こういった文字を送るのも不自然ですよね。昔の流行りが今、どんな鮮度になっているのかを時に見返すことも大切です。

4. 語尾がカタカナ

 文章の語尾がカタカナという人も、少数派ですが生き残っています。「楽しみにしてるネ」「いいカナ?」など、かなり昔に流行ったカタカナ文字ですが、習慣になってしまっているのでしょう。

 実際、今の時代の若い人でこういった文字の打ち方をしている人はいないので、LINEを送る時は、避けるようにしたほうが無難かもしれません。

5. 赤い「!」「?」を多用する

 これ、意外にやってしまっている人多いんですよね。 スマホにデフォルトで入っている絵文字の記号で、真っ赤な「!」と「?」を多用してしまう人です。この真っ赤で目立つマークを文中にやたらと使っていると、「おばさんだなぁ」と思われてしまうそう。

 若い人からみると、必死な感じがして引いてしまうようです。これを機に、新たにダウンロードした可愛くておしゃれな絵文字に変えてみましょう。

おばさんLINEかどうかは自覚できないので要注意!

 こんな記事を読んでいても、自分のことを「おばさん」と思っていない人は、他人事に感じてしまう人もいるかもしれません。でも、流行りはだんだんと変わっていくもの。「まだ大丈夫」と思っているうちに、気づけば「おばさんLINE」になっている可能性は十分あります。

 この機会に、自分のLINEを客観的に観察してみてください。自覚していないだけで、実はイタいLINEを送ってしまっているかもしれませんよ。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...