惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-09-24 06:00
投稿日:2021-09-24 06:00
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましがられるものの、惚れっぽいゆえの失敗も……。そこで今回は、惚れっぽい人の特徴をチェックするとともに、惚れっぽい性格を直す対処方法をご紹介します。

あなたはどう? 惚れっぽい女性の5つの特徴

私、惚れっぽいから…(写真:iStock)
私、惚れっぽいから… (写真:iStock)

「惚れっぽい」かどうかというのは、意外と自分で自覚できないもの。自分がこれからご紹介する特徴にいくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね。

1. 純粋でロマンチスト

 惚れっぽい女性は、純粋な性格でロマンチストという特徴があります。ちょっと優しくされただけで心惹かれたり、ロマンチックな場所での出会いに運命を感じてしまうこともあるでしょう。

2. 理想の男性のストライクゾーンが広い

 男性に対して、誰しも「こんな人がいい」という理想があるはず。実は、惚れっぽい女性はこのストライクゾーンが広いのも特徴的。ある意味、男性すべてが恋愛対象となっているため、対男性となるとすぐに恋愛を意識してしまう傾向にあります。

3. 切り替えが早い

 惚れっぽい女性は、別れてもまたすぐに新しい彼氏ができます。本来であれば、別れたことで落ち込んだりするものですが、惚れっぽい女性は切り替えが早いため、終わった恋を引きずることなく新しい恋に没頭することができるのです。

4. 寂しがり屋

 惚れっぽい女性は、寂しがり屋なのも特徴のひとつ。「常に誰かと一緒にいたい」という気持ちが強いため、優しくしてくれる男性が現れるとすぐに惚れてしまいます。どっぷり恋愛に浸かって、彼氏に依存してしまうこともあるでしょう。

5. 自分に自信がない

 惚れっぽい女性というと恋多きイメージが強いため、「自分に自信がありそう」と思われがち。しかし、実際には自己肯定力が低く、自分に自信がない人が多いのです。だからこそ、認められたくて次々と新しい恋をしてしまうのかもしれません。

惚れっぽい性格を直したい! 5つの対処方法

すぐにOKしちゃダメ(写真:iStock)
すぐにOKしちゃダメ (写真:iStock)

 惚れっぽい女性は、今まで恋愛で痛い目に合ってきた人が多いでしょう。同じ失敗をしないためには、その性格を見つめ直すことが必要ですよ。

1. 理想の男性像を固める

 ストライクゾーンが広いことは決して悪いことではありませんが、ぴったりの人を見つけにくくなります。そのため、あらためて自分の理想の男性像を考えてみましょう。過去の失敗から、どんな人が合うか合わないかが見えてくるはずです。

2.「いいなぁ」と思っても先走らず、相手を見極める

 惚れっぽい女性の多くは、「素敵な人だな」と思うとすぐにアプローチしてきたはず。でも、まずはこの行動を我慢してみましょう。

 素敵だと思っても、相手がどんな人なのか、じっくりと見極める癖をつけることが大切です。

3. アプローチされても、すぐにOKしない

 惚れっぽい女性の中には、男性からアプローチされると相手に好意を持っていなくてもOKしてしまう人がいます。でもこれでは、うまくいくはずがありません。

 まずは、友達付き合いをして相手のことをちゃんと知り、"好き"という感情が芽生えるのを待ちましょう。

4. 付き合うかどうかの判断に時間をかける

 本来、恋愛は考えてするものではありませんが、惚れっぽい性格を直したいなら、考えることが必要。ノリや直感で付き合ってしまえば、失敗するリスクは高くなってしまいます。

 相手と付き合うかどうか、時間をかけて判断するようにしましょう。

5. 信頼できる友達に相談してみる

 惚れっぽい性格の女性は、自分で男性を見極めたり、好きかどうか判断できないこともあるでしょう。そんな場合は、第三者に相談するのがおすすめ。

 信頼できる友達に「あの人どう思う?」と相談することで客観的な意見が聞けて、恋に活かせますよ。

惚れっぽい性格を直して、自分にぴったりの彼を見つけよう!

惚れっぽい性格を見直してみて(写真:iStock)
惚れっぽい性格を見直してみて (写真:iStock)

 人を好きになれるのは、とても素敵なことです。しかし、惚れっぽい性格だと相手を見極める前や、好きになる前に交際がスタートすることが多いため、後悔や失敗につながることも多いのです。

 それをなくすためには対処方法を取り入れて、惚れっぽい性格を見直してみることからはじめてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ