惚れっぽい女性必見!6つの特徴で診断&上手に恋をする方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-05-18 06:25
投稿日:2021-05-18 06:00
 出会ったばかりの男性を好きになったり、男友達と二人で遊んだだけで気になりはじめてしまったり……そんな惚れっぽい女性は、なにかと恋愛に苦労しがち。もちろん、惚れっぽいことは悪いことではありません! でも、そのせいで損をしたり、時間を無駄にすることもあるので、この機会に自分の性格と向き合ってみてはいかがでしょうか?

あなたも診断! 惚れっぽい女性に共通する6つの特徴

あなたは惚れっぽい?(写真:iStock)
あなたは惚れっぽい? (写真:iStock)

 まずは、診断してみましょう。惚れっぽい性格の女性に共通する特徴をご紹介します。

1. 一人でいられない寂しがり屋

 惚れっぽい女性は、一人でいることを嫌います。「誰かと一緒にいたい」という気持ちが強く、彼氏ができると依存してしまいがち。

 そのため、いつでも会えるような近い距離感での恋愛を好みます。仲間うちで付き合うことに抵抗がなく、次から次へと男性を乗り換えて付き合ったりもします。「彼氏の友人が元彼」という状況も珍しくなく、周りに気まずい思いをさせることもあるでしょう。

2. 人の長所を見つけるのが上手

 たとえば、その男性が99%悪いところばかりだったとしても、残り1%に良いところがあれば許せてしまうのが惚れっぽい女性。人の長所を見つけるのが上手なのです。相手が優しく良い人であれば問題ないですが、ダメ男を好きになってしまった場合、ドツボにはまってしまいがち。

 また、見て見ぬふりをしているだけで、実は男性の悪いところを把握している人もいます。しかし、自分が惚れている間は「この人を変えてみせる!」と、妙な使命感で行動してしまうこともあるでしょう。

3. 好奇心旺盛で試さずにいられない

 好奇心旺盛で試さずにはいられない性格なのも、惚れっぽい女性の特徴です。気の向くままに行動するアクティブさがあるため、興味が湧いたら最後、近づかずにはいられません。

 そのため、相手が彼女持ちであっても、既婚者であっても、自分の好奇心が失われるまで追い求めてしまいます。その結果、身を滅ぼす事態に陥ることもあるでしょう。

4. ストライクゾーンが広く恋愛対象になる男性が多い

 多くの女性は理想の男性像を持っているものですが、「好きになった人がタイプ♡」と思っているのも、惚れっぽい女性の特徴。

 生理的に受け付けないなど、どうしてもダメな相手以外はすべての男性が恋愛対象です。ストライクゾーンが広いため、性格が悪くてもルックスが好みではなくても、あまり気にしません。自分の恋愛スイッチさえ入れば、OKなのです。

 また、優柔不断な一面もあるため、相手からアプローチされたら「とりあえず付き合う」というスタンスの人も多いです。

5. やけにポジティブで飽き性

 惚れっぽい女性は恋愛で何度失敗しても、持ち前のポジティブさで乗り切る強さを持っています。過去は振り返らないうえ、すぐに惚れてしまうので、好きな人がいないという状況がありません。基本的には、追う恋愛が好みです。

 しかし、飽き性ですので、一人の人とじっくりと付き合うことが苦手。熱しやすく冷めやすく、さらに反省しないため、同じような失敗を繰り返してしまいがちです。

6. 純粋で男性からの優しさに弱い

 惚れっぽい女性というと、「彼氏が途切れない男慣れした女性」というイメージがあるかもしれませんが、実は純粋で控えめな女性の中にも惚れっぽい人はいます。

 男性経験が少なかったり、男性に優しくされたことがなかったり……など、要は男性慣れしていないからこそ、男性のちょっとした優しさに弱いのです。たとえ、社交辞令の言葉であっても真に受けてしまい、好きになってしまうこともあるでしょう。

惚れっぽい性格はどうしたらいい? 上手に恋をする4つの方法

ときめいたらすぐ付き合うはNG(写真:iStock)
ときめいたらすぐ付き合うはNG (写真:iStock)

 いかがでしたでょうか? 意外と当てはまっていた女性は多いはず。そんな惚れっぽい性格をなおして、「今度こそは一人の男性とじっくり付き合いたい!」と思っているのなら、次の4つの方法を試してみてください。

好きなタイプをはっきりさせる

 結婚相談所などで出会いを探そうとすると、「年収は700万以上」「身長は175cm以上」「喫煙者はNG」「長男はNG」など、自分の好みのタイプをもとにマッチングが行われます。

 このように、一度自分がどんなタイプが好きなのかをはっきりさせてみるのも、惚れっぽさをなおすためには有効。理想の相手に当てはまらない人をふるいにかけることができるため、「とりあえず付き合ってみる」という曖昧な恋のはじまりが少なくなるはずです。

ドキドキ感にまかせてすぐに付き合わない

 惚れっぽい女性が恋愛で失敗する大きな理由が、ドキドキ感に身をまかせて、すぐに惚れてしまうこと。出会う人すべてにときめく性格が邪魔をして、本当に好きな人とのタイミングを逃してしまう可能性もあります。

 ドキドキする相手を見つけたら、まずは時間を置きましょう。その間、友達に相談してみたり、客観的に自分を見つめることで、本当に必要な相手かを見極めることができると思います。

ダメになった過去の恋愛を振り返ってみる

 過去の恋愛を振り返ってみるのもおすすめです。「二股された」「連絡のしすぎで重い女だったかも」など、別れの原因や、自分の悪かった部分を確認してみましょう。

 惚れっぽさは、なかなか意識して改善できるものではありません。というより、「惚れっぽい=悪い」というわけでもないのですから。

 大切なのは、同じような失敗を繰り返さないことでしょう。過去の恋愛に学ぶことで、「すぐに付き合わない」「前の恋を精算してからアプローチする」など、ルールを決めることができるはずです。

相手の悪いところに注目する

 一般的には、「相手の良いところに注目する」というのが恋愛のセオリー。しかし、惚れっぽい女性の場合には、「相手の悪いところに注目する」ことをおすすめします。

 人の長所を見つけるのが上手な惚れっぽい女性は、男性のちょっとした行動にも「すごい! かっこいい!」と心から感動してしまうため、無駄モテする確率も高いはず。これが、「なんとなく付き合う」につながってしまうのです。

 まずは、男性と出会ったら「自慢が多い・ケチ・時間にルーズ」など、3つ悪いところを見つけてみましょう。こうすることで、急激に盛り上がったドキドキ感をクールダウンさせることができますよ。

惚れっぽさは長所のひとつ! 上手に恋愛を楽しんで♡

上手に恋を楽しもう(写真:iStock)
上手に恋を楽しもう (写真:iStock)

 何度か書きましたが、惚れっぽいことは悪いことではありません。そのぶん、誰かの良いところを発見できたり、経験を積むことができるのです。

 大事なのは、いざ運命の人と出会った時、邪魔にならない「惚れっぽさ」を身につけることでしょう。せっかく見つけた大事な人がいるのに、次々と瞬間的に誰かを好きになってしまうと、トラブルの原因になりかねません。

 自分でしっかり選ぶ心意気、NOが言える勇気を持っていれば、良い出会いを見逃すこともなくなるはず。ぜひ、惚れっぽさを長所のひとつにして、上手に恋愛を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ