この子しかいない♡ 男性が惚れ直した彼女からの愛情LINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-08-15 06:00
投稿日:2021-08-15 06:00
 女性の中には、いつも彼氏に愛されて大切にされる人と、そうでない人がいますよね。この違いがなぜ生まれるのかというと、男心を掴むポイントを押さえた対応ができているかどうかの違いなのかもしれません。そこで今回は、男性が「やっぱりこの子しかいない!」と惚れ直してしまう彼女からのLINEをご紹介します。

男性が惚れ直す♡ 彼女からの心を奪われたLINE5選

1. 既読スルーでも責めない

 こちらの男性は、朝早く彼女から届いたLINEに気づいたものの、仕事が忙しくて返信が夜になってしまったようです。過去の彼女たちは、こんなに長い時間既読スルーすると、決まって怒り爆発の長文LINEを送りつけてきたり、電話をかけてきたそう。

 それが、今の彼女は怒るどころかLINEの返信をじっと待ち、機嫌良く返信してくれたのです。数々の女性の性格に悩まされてきた男性は、「結婚するならこの子しかいない!」と思ったそうです。

2. 一人になりたい時にそっとしておいてくれる

 女性は悩み事があった時、人に話して解決する人が大多数。その点、男性は一人になってじっくり考え、解決したい人が多いようです。こちらの男性は、プライベートで辛いことがあり、翌日のデートをドタキャンしたそう。

 彼女に怒られることを覚悟で「もうどうにでもなれ!」という気持ちで断ったら、彼女からの返信には、こちらを気遣う優しい言葉と「何かできることがあったら言ってね」というセリフが。辛い時だったからこそ、男性にはこのLINEが心に刺さり、心底惚れ直したそうです。やっぱり、相手を気遣う優しさが大事なんですね!

3. たくさん褒めてくれる

 こちらの男性は、とにかく褒め上手な彼女のLINEを見るたびに、惚れ直してしまうそうです。このLINEでは、「仕事の帰りが終電になって疲れた」という愚痴を入れただけなのに、「毎日頑張っていて偉い!」「必ず誰かが見ている!」「頑張りは無駄じゃない」と、とことん励まして、前向きな気持ちにさせてくれていますね。

 確かにこんな彼女なら、男性が惚れ直してしまう気持ちもよくわかります。厳しくされて伸びる男性もいると思いますが、やはり多くの男性は甘えん坊なんです。優しさや包容力を求めている気持ちを満たしてあげられるこの彼女は、末長く愛されることでしょう♡

4. 成功をお祝いしてくれた

 こちらの男性は、彼女からのこのLINEに心を奪われたそう。数日前、軽いノリで昇進したことを伝えた男性。その時もたくさん喜んでくれたので嬉しかったそうなのですが、後日、きちんと美味しいディナーを予約し、お祝いをしてくれたのです。

 そんなに大きな昇進ではなかったものの、人の成功を自分のことのように喜べる彼女を見て、一生大切にしたいと思ったとか。男性にとって「彼女」は、仕事を頑張るモチベーションであるのかもしれません。こちらの男性も彼女の応援を受け、きっとこれからも順調に昇進していくことでしょう♡

5. デートの後に必ずLINEをくれる

 男性が惚れ直すLINEとしてとても意見が多いのが、デートの後に必ずLINEを入れてくれること。男性としては、デートでいかに彼女が楽しんでくれたかが気になるようです。「楽しい、美味しい、嬉しい」など、ポジティブな感想を交えて送ってくれると「もっとこの子を幸せにしてあげたい!」と思うのだとか。

 喜び上手な女性って、愛され上手でもありますよね。ぜひ参考にしたいLINEテクニックでした。

男心を理解して男性が惚れ直すLINEを送ろう!

 男性が惚れ直すLINEを送ることができる彼女の共通点は、「男心がよくわかっている」ということなのかもしれません。女性とは違う考え方や価値観をもった男性の心をしっかり理解して、ほどよく放置し、ここぞというポイントで励まし、喜びを伝える……真似したいものですよね。

 ぜひ、自分の彼氏をよく観察して、彼がしてほしいことにLINEで応えてあげましょう。きっと、今よりさらに愛してくれるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ