この子しかいない♡ 男性が惚れ直した彼女からの愛情LINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-08-15 06:00
投稿日:2021-08-15 06:00
 女性の中には、いつも彼氏に愛されて大切にされる人と、そうでない人がいますよね。この違いがなぜ生まれるのかというと、男心を掴むポイントを押さえた対応ができているかどうかの違いなのかもしれません。そこで今回は、男性が「やっぱりこの子しかいない!」と惚れ直してしまう彼女からのLINEをご紹介します。

男性が惚れ直す♡ 彼女からの心を奪われたLINE5選

1. 既読スルーでも責めない

 こちらの男性は、朝早く彼女から届いたLINEに気づいたものの、仕事が忙しくて返信が夜になってしまったようです。過去の彼女たちは、こんなに長い時間既読スルーすると、決まって怒り爆発の長文LINEを送りつけてきたり、電話をかけてきたそう。

 それが、今の彼女は怒るどころかLINEの返信をじっと待ち、機嫌良く返信してくれたのです。数々の女性の性格に悩まされてきた男性は、「結婚するならこの子しかいない!」と思ったそうです。

2. 一人になりたい時にそっとしておいてくれる

 女性は悩み事があった時、人に話して解決する人が大多数。その点、男性は一人になってじっくり考え、解決したい人が多いようです。こちらの男性は、プライベートで辛いことがあり、翌日のデートをドタキャンしたそう。

 彼女に怒られることを覚悟で「もうどうにでもなれ!」という気持ちで断ったら、彼女からの返信には、こちらを気遣う優しい言葉と「何かできることがあったら言ってね」というセリフが。辛い時だったからこそ、男性にはこのLINEが心に刺さり、心底惚れ直したそうです。やっぱり、相手を気遣う優しさが大事なんですね!

3. たくさん褒めてくれる

 こちらの男性は、とにかく褒め上手な彼女のLINEを見るたびに、惚れ直してしまうそうです。このLINEでは、「仕事の帰りが終電になって疲れた」という愚痴を入れただけなのに、「毎日頑張っていて偉い!」「必ず誰かが見ている!」「頑張りは無駄じゃない」と、とことん励まして、前向きな気持ちにさせてくれていますね。

 確かにこんな彼女なら、男性が惚れ直してしまう気持ちもよくわかります。厳しくされて伸びる男性もいると思いますが、やはり多くの男性は甘えん坊なんです。優しさや包容力を求めている気持ちを満たしてあげられるこの彼女は、末長く愛されることでしょう♡

4. 成功をお祝いしてくれた

 こちらの男性は、彼女からのこのLINEに心を奪われたそう。数日前、軽いノリで昇進したことを伝えた男性。その時もたくさん喜んでくれたので嬉しかったそうなのですが、後日、きちんと美味しいディナーを予約し、お祝いをしてくれたのです。

 そんなに大きな昇進ではなかったものの、人の成功を自分のことのように喜べる彼女を見て、一生大切にしたいと思ったとか。男性にとって「彼女」は、仕事を頑張るモチベーションであるのかもしれません。こちらの男性も彼女の応援を受け、きっとこれからも順調に昇進していくことでしょう♡

5. デートの後に必ずLINEをくれる

 男性が惚れ直すLINEとしてとても意見が多いのが、デートの後に必ずLINEを入れてくれること。男性としては、デートでいかに彼女が楽しんでくれたかが気になるようです。「楽しい、美味しい、嬉しい」など、ポジティブな感想を交えて送ってくれると「もっとこの子を幸せにしてあげたい!」と思うのだとか。

 喜び上手な女性って、愛され上手でもありますよね。ぜひ参考にしたいLINEテクニックでした。

男心を理解して男性が惚れ直すLINEを送ろう!

 男性が惚れ直すLINEを送ることができる彼女の共通点は、「男心がよくわかっている」ということなのかもしれません。女性とは違う考え方や価値観をもった男性の心をしっかり理解して、ほどよく放置し、ここぞというポイントで励まし、喜びを伝える……真似したいものですよね。

 ぜひ、自分の彼氏をよく観察して、彼がしてほしいことにLINEで応えてあげましょう。きっと、今よりさらに愛してくれるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


眞子さまのご結婚問題に思う…結婚を反対してはいけない理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年...
山崎世美子 2021-09-25 06:00 ラブ
結婚を望まれても…半同棲中の恋人との別れを意識する男性
「冷酷と激情のあいだvol.57〜女性編〜」では、恋人がおかした過去の過ちをどうしても許せずに苦しむ女性・Eさんの胸中を...
並木まき 2021-09-25 06:00 ラブ
過去の浮気は許せないけど…彼のプロポーズを待つ女性の胸中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-25 06:28 ラブ
不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接...
恋バナ調査隊 2021-09-25 06:28 ラブ
結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ