付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-10-17 06:00
投稿日:2021-10-17 06:00
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合ってしまい、傷ついてしまう女性も少なくないんです……。そこで今回は、ダメ男たちが送るLINEの特徴を紹介! 出会った当初のLINEから、付き合うとヤケドしかねない男性を見抜いていきましょう!

付き合ってはいけない!? ダメ男のLINE5つ

1.「会いたいんだけど今月お金が厳しくてさ…」

 このLINEをもらった女性は、出会った当初から彼にかなり強くアプローチされたそう。「遊び慣れている?」と思いながらも好きになり、付き合ってみると、最終的にはヒモ男に……。そんな彼の付き合いたての頃のLINEがこちら。

 この頃から、「今月お金が厳しい」「少しだけ貸してくれる?」と言っていたようです。そして、お金を出すよと言うと、躊躇なく甘えてきたとか。さらに、少額からだんだん金額が大きくなり……。お金についての話題をちょこちょこ話す男性には、要注意です。 

2.「こんなこと◯◯ちゃんにしか話せないよ」

 こちらの女性は、飲み会で知り合った初対面の男性と意気投合。帰ってからLINEを送ると、突然、辛い身の上話をしてくれて「君にしか話せないよ」と一言。とても嬉しくなって、その話を女友達にしたところ「私も言われた!」という友達が3人も!

 どうやら、このダメ男、心を開いたフリをして身の上話をして、引っかかってくれる女性を物色していた模様。まだ信頼関係ができあがっていないうちから、こういったセリフを言う男性は、ほかの女性にも同じことを言っている可能性があります。用心しましょう!

3.「愛に付き合ってるかなんて関係ある?」

 遊び人で、何股でもかけるダメ男が使う言葉がこちら。「愛に付き合っているかなんて関係ある?」というもの。体の関係をもっても、デートを繰り返しても、決して付き合っているとは言わないのです。そして、関係を問い正すと「愛に形は関係ない」と……。

 結局、この女性も3股をかけられていたことが発覚。気持ちを曖昧にごまかすことで、女性を利用してキープするという、ひどい手口ですね。誠実な男性であれば、付き合っていることや自分の愛情ををきちんと明確にしてくれるでしょう。

4.「勘違いさせちゃったかな、ごめんね」

 こちらは、先ほどのケースの男性の進化版ともいうべきLINE。お互いの関係を明らかにしないまま付き合っておいて、都合が悪くなったり、女性の気持ちが重たく感じて面倒になったりした時に「そもそも付き合っていないけど?」という言葉で逃げるケースです。

 たとえ、薬指に指輪をはめてあげても、手を繋いでいても「友達としてだけど?」と言い訳で逃げようとする、ひどいダメ男のLINEですね。こういった男性と付き合うのは、時間の無駄になるため、すぐに諦めて次の恋へと進みましょう!

5.「本当ごめん。俺こういう男なんだよ」

 ダメ男は、最終的に開き直るというのが共通点。都合が悪くなって付き合えなくなったら、平気で約束を破り、突然別れを告げるのです。こちらの女性も、付き合っている時点ですでに二股をかけられていたようで、1カ月足らずで振られてしまったよう。

 それについて問い詰めると、最終的には「ごめんな、こんな男で」と、いかにもモテる罪深い男気取りで返信をしてくるのです。

ダメ男のLINEに漂う違和感を感じ取ろう!

 本当の愛をくれる男性のLINEには、言葉の裏にたくさんの愛情を感じたり、ほっとする感覚があったり、とにかく“違和感”がありません。でも、ダメ男たちのLINEには、心がざわっとするような感覚があるはず。

 その感覚を「気のせい」「きっと彼だけは違うはず」と無視してしまうと、結局痛い目に遭ってしまうかもしれません。違和感を感じたら、ぜひ、自分の心の声を信じて慎重に行動するようにしてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ