裏の顔にドン引き…女友達から届いたマウンティングLINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-09-18 06:00
投稿日:2021-09-18 06:00
 上から目線でものを言ったり、自分のほうが優位であることを示そうとする「マウンティング女子」。でも、本人には悪気がないことも多く、迂闊に指摘もできないから厄介なんですよね。今回は、そんなマウンティング女子から届いたドン引きLINEをご紹介します!

女友達から届いたドン引きマウンティングLINE5選

1.「独り身で自由だからいいなー」

 こちらの女性は、女友達をLINEで遊びに誘ったところ、「彼氏がずっと一緒にいたいと束縛するから、遊べない。自由な独り身が羨ましい」との返信がきたそう。一見、悩み相談のような顔をしていますが、本心では「彼にこれほど思われていて羨ましいでしょ?」というマウンティングにも感じますね……。

「羨ましいなら、さっさと別れたらいいじゃん!」という心の声を必死の思いで堪えて、このマウンティングLINEを既読スルーしたそうです。

2.「彼氏がイケメンだと結構辛いよ」

 文面全体に、嫌味が散りばめられているこちらのLINE。「彼氏は浮気できるタイプではないから、疑っていない」という会話に対して、「あなたの彼はお顔が癒し系だもんね」と一言。これはつまり、「顔が残念だから、そもそも女性にモテないでしょ」という意味合いに捉えられますね……。

 極めつけに、「うちの彼はイケメンだからモテるので心配」と。これは「ブサイクでモテない彼のいるあなたは心配事がなくていいよね」という意味にも取れます。女性の裏の顔が垣間見えるLINEでした。

3.「なんでかな? 普通にやればできるはずだけど…」

 こちらの女性は、会社の同僚の女性に、「会社の新しいシステム、難しくない?」と伝えたところ、「普通にやったらできるはず」との返信がきたそうです。「私でもできたんだから、絶対できる!」というのは、一見励ましのようにも聞こえますよね。

 でも、LINEを受け取った女性からすると、「多くの人にとっては難しいだろうけど、私にとってはすごく簡単なこと」というように聞こえたそうです。相手がどう捉えるのかをよく考えながら、慎重にLINEを送りたいものですね。

4.「こうしたらもっと可愛くなれるよ! もったいない!」

 こちらのLINEにあるような、悪気のないマウンティング女子も、結構多いんですよね。合コンの待ち合わせについて連絡しただけなのに、「洋服のコーデをしてあげる」「私が洋服を選べばもっと可愛くなる」と、頼んでもいない余計なお世話をしてしまっています。

 さらに、「顔はいいのにもったいない」ということは、「今のあなたは全然魅力的ではない」と言っているのと同じこと。こちらの女性も、とても嫌な気持ちになったそうです。

5.「メイク上手でいいなー! 私なんてこれすっぴんだよ」

 こちらの女性は、善意で「おすすめのファンデーションのサンプルがあるからあげる」という話をしたところ、「私なんか“これで”すっぴんだよ。」「私も上手に素顔を隠せるようになりたい」とマウンティングの嵐で返されてしまいました。

 これは、「素顔からよくそこまでメイクで盛れたよね。私はすっぴんでもこんなに肌綺麗だよ」という意味にも聞こえます。この女性は、「親切心からファンデのサンプルをあげるなんて言わなければよかった!」と、後悔したそうです。

女友達のマウンティングLINEは既読スルーでOK

 マウンティングLINEが送られてきても、相手に悪意があるかどうかはわかりません。でも、受け取ったあなたはきっと嫌な思いをしていることでしょう。ここは、相手に気づいてもらうためにも、そして自分を守るためにも「既読スルー」でOKなのではないかと思います。

 そして、あなたはマウンティングなんてしなくても、魅力がみんなに伝わるような素敵な人になってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...