不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-09-25 06:28
投稿日:2021-09-25 06:00
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接対決するのではなく、LINEがきっかけで不倫が発覚したり、LINE上で不倫相手と対決する妻も少なくないのだとか……。そこで今回は、不倫相手と妻の生々しいLINE対決をご紹介します。

怒り心頭!! 不倫相手からの図々しいLINE内容5つ

1.「待ちくたびれたので早くしてください」

 旦那の不倫にまったく気付いていなかったという、こちらの女性。ある日、旦那のスマホを使って「不倫相手」と名乗る女性から連絡が来たそう。5年間も不倫していた事実にも驚いたそうですが、「待ちくたびれたから早く離婚して。ねばりすぎ」という図々しい発言に、正気を失ってしまったといいます。

 人の旦那を奪っておいて、「待たせすぎ」とは本当に驚愕発言ですね! 宣戦布告とも取れる、生々しいLINEでした。

2.「私のほうがいいお母さんになれると思うけど」

 こちらは、子供を持つ女性からしたら許せないようなLINEです。旦那が寝ている間に連絡先を調べて、勝手にLINEを送ってきた不倫相手を名乗る女。寝耳に水なうえ、子供の写真まで見せていた事実にショックを受けたそう。

 そして、「イライラして子供に当たらないで。私のほうがいいお母さんになれると思う」という発言に、我を失ってしまったそうです。子供のことを平気で言ってくるようなデリカシーのない不倫相手に、正気でいられないのは当たり前ですよね。

3.「不倫の原因は厳しくしすぎたあなたにあるのに」

 こちらの女性は、旦那の不倫に気づいていて、LINE上の証拠もしっかり撮影。そのうえで、不倫相手にLINEで宣戦布告したといいます。それに対する返信が「なんで慰謝料が必要なの? 不倫の原因は全てそっちにあるから、慰謝料はそっちこそ払って」というなんとも自分勝手な言葉でした。

「なぜ不倫相手に慰謝料を払わなければいけないの?」と、図々しすぎる言葉に「言い返す労力すらも無駄」と思ったそうです。

4.「趣味悪いパンツ履かせないであげて」

 こちらの不倫相手は、旦那のスマホを使ってある日突然連絡してきたといいます。しかも、「彼に趣味が悪いパンツを履かせないであげて。可哀想」という挑発的な言葉に、震えるほど怒りを感じたそう。

 帰宅した旦那には、「本気ではなく遊びだった」とすがりつかれたそうですが、きっぱりと別れを伝え、現在も離婚調停中だそうです。しっかり慰謝料をもらって、1日も早く心の傷を癒せると良いですね……。

5.「年収高いんだから養育費いらないでしょ」

 こちらの女性は、旦那の不倫に薄々気づいていたそう。残業が続いた日に、旦那に連絡をしてみたところ、不倫相手から返事がきたそうです。そこまでは、ある程度想定内だったそうなのですが、なんと不倫相手はこの女性の年収まで知っていて「この額なら慰謝料や養育費はいらないでしょ」と言い出したのだとか。

 不倫相手に妻の年収まで話して、慰謝料や養育費の心配を打ち消していたとは、本当にひどい旦那ですね。そして、それに同意する不倫相手も同レベルといって良いでしょう。

図々しい不倫相手からのLINEは既読スルー&冷静に撮影して

 不倫相手からの図々しい発言をご紹介してきましたが、関係ない第三者から見ても腹が立ってくるので、本人の気持ちは計り知れないでしょう。こんなひどいLINEは既読スルーして、冷静に画面を撮影して証拠を押さえてくださいね。

 1日も早く、辛い日々が穏やかな笑顔の毎日に変わりますように!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ