“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-10-24 06:00
投稿日:2021-10-24 06:00
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少なくなく、中には「コロナ破局」をしてしまうカップルも……。そこで今回は、コロナ破局してしまったカップルの価値観の違いや、破局を避けるポイントをご紹介します。

コロナ破局したカップルの5つの価値観の違い

コロナ破局してしまうカップルの特徴は?(写真:iStock)
コロナ破局してしまうカップルの特徴は? (写真:iStock)

 当然ですが、価値観は人それぞれ。しかし、コロナ禍になって、彼との価値観のズレにあらためて気づいた人も多いようです。まずは、コロナ破局したカップルの価値観の違いを見ていきましょう。

1. 感染対策などによる意識の違い

 コロナ禍は、誰も経験したことがない状況。何が正解なのかいまだに分からないことがたくさんあるため、人によって意識が違います。

 しかし、たとえば自分は「感染対策が必須!」と徹底して気を付けているのに、彼は「感染なんてしないし、大丈夫だろう」と軽く考えて行動しているなど、感染対策への意識の違いから価値観の違いに愕然としている人は少なくありません。そして、これがコロナ破局へとつながるきっかけになるケースもあります。

2. 大切な存在か分からなくなった

 同棲しているカップルの場合、コロナで在宅ワークになり、一緒にいる時間が増えた人も多いでしょう。本来であれば、四六時中一緒にいるのは嬉しいはずなのに、次第に話すことがなくなり、相手の存在意味が分からなくなる人もいます。

 また、一緒に暮らしていない人は、「会わなくても意外と平気」ということに気づき、彼の存在価値をあらためて考え、別れを選ぶ人もいます。

3. ストレスをぶつけられた

 コロナで生活が変わったことでストレスを抱える人は多いですが、これも価値観の違いが大きく現れるところでしょう。

 環境の変化をあなたがプラスに捉えてがんばっているのに、彼はマイナスにばかり捉えてストレスをぶつけられるようになれば、「一緒にやっていけない」と感じるのは仕方のないことかもしれません。

4. 一緒にいる時間が増えて嫌なところが目につくようになった

 一緒に暮らしているカップルは、コロナ禍で二人の時間が増えたはず。良くも悪くも、今まで気にならなかったことに気づきはじめた人も多いのではないでしょうか。

 他人同士が生活していれば、価値観のズレがあるのは当然のことですが、長い時間一緒にいることで嫌なところが過度に目につくようになってしまい、それが許せなくなる人もいるでしょう。

5. 会えない不安

 一緒に暮らしていないカップルの多くは、さまざまな事情でコロナによって会う機会が減っているようです。会いたいのに会えない状況というのは、なかなか辛いものでしょう。

 しかし、自分はそんなふうに思っていても相手はそんな素振りもなく連絡もなかなか来ないとなると、「会いたいと思わないの?」と、恋愛に対する価値観や気持ちのズレを感じ、別れを考える人もいるようです。

コロナ破局しないための3つのポイント

しっかりとした感染対策があなたと彼を守る(写真:iStock)
しっかりとした感染対策があなたと彼を守る (写真:iStock)

 生活が変わったことで二人の関係がギクシャクしている人は、コロナ破局しないために以下のポイントを押さえておきましょう!

1. 感染対策は必須!

 お互いに元気で楽しく過ごすためには、何よりも感染しないことが重要です。そのため、相手がどう考えていようと、自分はしっかりと感染対策をすることが必須! それが、自分自身や、彼を守ることにもつながりますよ。

2. 常にポジティブで支えられる存在になる

 女性は「男性に守られたい」と思っている人が多いですが、恋人、夫婦はお互いに支え合うのが理想的です。特にコロナ禍の今、生活や仕事にネガティブな影響が出ている人も多いため、男性だって「頼りたい」と思うこともあるはずです。

 そんな中、関係をうまくいかせるためには、どんな状況でもポジティブに考えること。お互いに支え合える関係性を築けたら、より絆が深まっていくはずですよ。

3. 臨機応変に行動できるフットワークの軽さ

 コロナでさまざまな変化があったように、今後も私たちの生活はどんどん変化していくでしょう。それを上手に乗り越えるためには、臨機応変に対応できるフットワークの軽さが必要。柔軟性を身に着けておくことで、慌てずに対応できるようになりますよ。

コロナになんて負けない! 絆の強い関係を目指そう♡

変化に負けない強い絆を(写真:iStock)
変化に負けない強い絆を (写真:iStock)

 私たちの生活や価値観は、コロナウイルスにより大きく変わりました。これから先、もっともっと変化が起こる可能性もあります。それを大切な人と乗り越えるためには、絆を強くし、自分自身変化することが必要かもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ