ルノルマン占い~11月の恋愛運~関係を整理するべき人は

七色翡翠 占い師
更新日:2021-11-02 06:00
投稿日:2021-11-02 06:00
 ルノルマンカード占いは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師、マダム・ルノルマンの占いから生まれたカードでトランプが起源です。日本では、タロットカードやオラクルカードに比べると知名度が低いものの根強いファンも多く、それぞれのカードに数字が割り当てられていることから、日にちを占うカードとしても適しています。複雑な展開法の解釈には高度なテクニックも必要ですが、展開されたカードの「正位置」や「逆位置」は問いません。

秋生まれ(9〜11月)のカード……「十字架」

まじめに人生に向き合って(写真:iStock)
まじめに人生に向き合って (写真:iStock)

 10月までの恋愛お祭りムードは、このあたりでいったん小休止に。ただし、秋生まれさんの運気が下がるわけではないので、ご安心あれ。

 恋愛以外に自分がやるべきことで後回しにしていたことがあれば、今こそが動き出すべきタイミングです。「片付けなくては」と感じていた“何か”に着手することが、恋愛にも好影響を与えてくれます。

 今月は、楽しいムードと言うよりも、まじめに人生に向き合ってみて。

ラッキーカラー……ゴールド

冬生まれ(12〜2月)のカード……「雲」

流れに身を任せて(写真:iStock)
流れに身を任せて (写真:iStock)

 先月までの微妙なムードは、今月も継続中。冬生まれさんは、楽しいはずなのに、なんとなく気分が晴れなかったり、意中の人とは曖昧な関係が継続したりと、もやもやした気持ちを抱える人も多そうです。

 無理に思い通りの方向に進めようとすると、かえって結果が悪くなりやすい時期なので、今月は流れに身を任せたほうが安心。また、信じていた恋人の裏切りなど、なんらかの「秘密」が暴かれる暗示も……。パートナーに少しでも疑いを持っている人は、勇気をもって真実に向き合わなくてはならなくなりそう。

ラッキーカラー澄んだ……ブルー

春生まれ(3〜5月)のカード……「子ども」

高すぎる理想にはご注意を(写真:iStock)
高すぎる理想にはご注意を (写真:iStock)

 新たな出会いに恵まれやすい先月までの流れは、今月も健在です。春生まれさんは、これまでの恋愛を忘れ、冒険に出るかのような交際に踏み込むのも吉と出そう。

 ただし、遊び目的の関係は、事情がどうであれタブーな暗示。真実の愛を求める人にだけ、恋愛の神様が微笑んでくれる流れです。

 今月は高望みをせず、身の丈にあった行動もラッキーのカギ。出会いを求めている人は、理想を高く設定しすぎないようご注意を。

ラッキーカラー……ブラック

夏生まれ(6〜8月)のカード……「雲」

直感を大切に(写真:iStock)
直感を大切に (写真:iStock)

 年明けに向けて、夏生まれさんの運気は少しずつ、のぼり調子に。今月は、まだ助走期間なので、無理をしてまで駆け出さないようにして。

 今年の秋までに出会った人の中で、いいなと思う相手がいる人は、曖昧な関係を終わらせるべき時期。停滞している関係を良くも悪くも整理することが、次のラッキー運気が訪れたときの恩恵を受けるために必要です。

 また、これまでは信頼できると感じていた異性に対して、何かのきっかけによって、不信感を抱く人も多そう。直感で「変だな」と感じたら、その感性を大切にして。

ラッキーカラー……ブルーグリーン

  ◇  ◇  ◇

 11月は、冬生まれさんと夏生まれさんが同じカード。全体的に、気持ちだけが明るく先走ってしまい、行動とのバランスが取れず、望んでいる通りにもならないことから、アンバランスな感覚になる人で溢れそうです。誰かにネガティブな気持ちをぶつけたら、その人からまたネガティブの連鎖が起きやすいため、できるだけ明るい気持ちで過ごすよう心がけてみて。

ライフスタイル 新着一覧


100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...