大きすぎた火遊びの代償…夫に離婚を決断させた1枚のはがき

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-10-30 06:00
投稿日:2021-10-30 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい出会いを探すメインツールとしてマッチングアプリ(出会いアプリ)は利用者も増え、定着の兆しです。昔のテレクラ(テレフォンクラブ→見知らぬ男女が電話で知り合うシステム)とは違い、コソコソとした後ろめたさはなくなり、友達とオープンに近況を報告し合っています。しかし、不特定多数の異性との出会いは楽しいことばかりではありません。今回は知らない人物と知り合う危険性についてお話ししたいと思います。

寂しさからマッチングアプリに登録

家庭を壊すつもりはなかった(写真:iStock)
家庭を壊すつもりはなかった (写真:iStock)

 結婚15年目の主婦A子さん(41)は小学生の二人の子供がいました。

 夫(43)は自営業で、地元の駅前で工務店を営んでいます。端から見るとごく普通の幸せそうな家庭に見えていましたが、夫婦仲は冷え切っていて喧嘩は絶えなかったそうです。

 原因は“性の不一致”。

 性欲旺盛な妻A子さんの要望に応えられないご主人さんは、寝室を別にして夫婦生活を拒否するようになりました。

 A子さんは抑えきれない性欲から、自分を女性として受け入れてくれる男性をマッチングアプリで探し始めたのです。家庭を壊すつもりはなく「割り切った関係」を望み、自分のプロフィールを隠し、次々と男性と体を重ね、欲求を解消していました。

 A子さん曰く「男性には、たくさんその手の風俗店ってあるじゃないですか。女性ってどうしたらいいんですか」と。自分のような女性は少ない、とも語られていました。

遊びだけの特定のパートナーは安心?

この選択が思わぬ悲劇を生むことに(写真:iStock)
この選択が思わぬ悲劇を生むことに (写真:iStock)

 性の不一致で夫婦仲が冷え切っていたA子さん(41)が、マッチングアプリで性欲を解消できる相手と遊ぶこと2年。

 さすがに毎回違う相手と出会うことには「性病の危険」も伴うと心配していたころ、あと腐れのなさそうな既婚者で、相性のいい男性を性のパートナーに選びました。

 半年ほど関係を続けていましたが、相手の既婚男性がしきりに映画や食事に誘ってくるようになり、A子さんは一度は食事に付き合いました。

 ただ、本来の目的は性欲解消だったので、外で会うということに抵抗があり、面倒くさくなったA子さんはLINEと電話番号を削除して、新しい電話番号のスマホに変えたのです。

 こうして音信不通にしたことが、のちの不幸の始まりでした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ