大きすぎた火遊びの代償…夫に離婚を決断させた1枚のはがき

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-10-30 06:00
投稿日:2021-10-30 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい出会いを探すメインツールとしてマッチングアプリ(出会いアプリ)は利用者も増え、定着の兆しです。昔のテレクラ(テレフォンクラブ→見知らぬ男女が電話で知り合うシステム)とは違い、コソコソとした後ろめたさはなくなり、友達とオープンに近況を報告し合っています。しかし、不特定多数の異性との出会いは楽しいことばかりではありません。今回は知らない人物と知り合う危険性についてお話ししたいと思います。

寂しさからマッチングアプリに登録

家庭を壊すつもりはなかった(写真:iStock)
家庭を壊すつもりはなかった (写真:iStock)

 結婚15年目の主婦A子さん(41)は小学生の二人の子供がいました。

 夫(43)は自営業で、地元の駅前で工務店を営んでいます。端から見るとごく普通の幸せそうな家庭に見えていましたが、夫婦仲は冷え切っていて喧嘩は絶えなかったそうです。

 原因は“性の不一致”。

 性欲旺盛な妻A子さんの要望に応えられないご主人さんは、寝室を別にして夫婦生活を拒否するようになりました。

 A子さんは抑えきれない性欲から、自分を女性として受け入れてくれる男性をマッチングアプリで探し始めたのです。家庭を壊すつもりはなく「割り切った関係」を望み、自分のプロフィールを隠し、次々と男性と体を重ね、欲求を解消していました。

 A子さん曰く「男性には、たくさんその手の風俗店ってあるじゃないですか。女性ってどうしたらいいんですか」と。自分のような女性は少ない、とも語られていました。

遊びだけの特定のパートナーは安心?

この選択が思わぬ悲劇を生むことに(写真:iStock)
この選択が思わぬ悲劇を生むことに (写真:iStock)

 性の不一致で夫婦仲が冷え切っていたA子さん(41)が、マッチングアプリで性欲を解消できる相手と遊ぶこと2年。

 さすがに毎回違う相手と出会うことには「性病の危険」も伴うと心配していたころ、あと腐れのなさそうな既婚者で、相性のいい男性を性のパートナーに選びました。

 半年ほど関係を続けていましたが、相手の既婚男性がしきりに映画や食事に誘ってくるようになり、A子さんは一度は食事に付き合いました。

 ただ、本来の目的は性欲解消だったので、外で会うということに抵抗があり、面倒くさくなったA子さんはLINEと電話番号を削除して、新しい電話番号のスマホに変えたのです。

 こうして音信不通にしたことが、のちの不幸の始まりでした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ