大きすぎた火遊びの代償…夫に離婚を決断させた1枚のはがき

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-10-30 06:00
投稿日:2021-10-30 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい出会いを探すメインツールとしてマッチングアプリ(出会いアプリ)は利用者も増え、定着の兆しです。昔のテレクラ(テレフォンクラブ→見知らぬ男女が電話で知り合うシステム)とは違い、コソコソとした後ろめたさはなくなり、友達とオープンに近況を報告し合っています。しかし、不特定多数の異性との出会いは楽しいことばかりではありません。今回は知らない人物と知り合う危険性についてお話ししたいと思います。

寂しさからマッチングアプリに登録

家庭を壊すつもりはなかった(写真:iStock)
家庭を壊すつもりはなかった (写真:iStock)

 結婚15年目の主婦A子さん(41)は小学生の二人の子供がいました。

 夫(43)は自営業で、地元の駅前で工務店を営んでいます。端から見るとごく普通の幸せそうな家庭に見えていましたが、夫婦仲は冷え切っていて喧嘩は絶えなかったそうです。

 原因は“性の不一致”。

 性欲旺盛な妻A子さんの要望に応えられないご主人さんは、寝室を別にして夫婦生活を拒否するようになりました。

 A子さんは抑えきれない性欲から、自分を女性として受け入れてくれる男性をマッチングアプリで探し始めたのです。家庭を壊すつもりはなく「割り切った関係」を望み、自分のプロフィールを隠し、次々と男性と体を重ね、欲求を解消していました。

 A子さん曰く「男性には、たくさんその手の風俗店ってあるじゃないですか。女性ってどうしたらいいんですか」と。自分のような女性は少ない、とも語られていました。

遊びだけの特定のパートナーは安心?

この選択が思わぬ悲劇を生むことに(写真:iStock)
この選択が思わぬ悲劇を生むことに (写真:iStock)

 性の不一致で夫婦仲が冷え切っていたA子さん(41)が、マッチングアプリで性欲を解消できる相手と遊ぶこと2年。

 さすがに毎回違う相手と出会うことには「性病の危険」も伴うと心配していたころ、あと腐れのなさそうな既婚者で、相性のいい男性を性のパートナーに選びました。

 半年ほど関係を続けていましたが、相手の既婚男性がしきりに映画や食事に誘ってくるようになり、A子さんは一度は食事に付き合いました。

 ただ、本来の目的は性欲解消だったので、外で会うということに抵抗があり、面倒くさくなったA子さんはLINEと電話番号を削除して、新しい電話番号のスマホに変えたのです。

 こうして音信不通にしたことが、のちの不幸の始まりでした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...