「激坂最速王決定戦2021」参戦レポ 2021.11.16(火)

コクハク編集部
更新日:2021-11-16 06:01
投稿日:2021-11-16 06:00
 緊急事態宣言も解除され、徐々にスポーツイベントも開催されるようになりましたね。マラソンが趣味の筆者は、11月13日に行われた「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」の登りの部に初参戦してきました!

「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」とは

このゲートからひたすら坂を登るのです(C)コクハク
このゲートからひたすら坂を登るのです (C)コクハク

 「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」登りの部は、アネスト岩田ターンパイク箱根の小田原料金所をスタートして、箱根大観山口にゴールするコースで13.5キロを走ります。

 注目すべきはその標高差。なんと981メートルもあるんです。つまり13.5キロずっと登り坂。行けども行けども登り坂。

 それゆえ、お正月に開催される「箱根駅伝」の仮想5区として、有力大学からの招待選手が多く参加するのも特徴です。さらに今回は「3代目山の神」こと神野大地選手も! そんな有名選手と同じコースを走れるなんて、夢のようです。

最愛シューズでいざ参戦!

4足目の「HOKA ONE ONE クリフトン7」(C)コクハク
4足目の「HOKA ONE ONE クリフトン7」 (C)コクハク

 大会当日はお天気に恵まれ、透き通るような青空。愛用のHOKA ONE ONEのシューズで挑みます。

 実はこのシューズ、4足目なんですよ。一番足に合うのでセールの時にまとめ買いしたっていうね。

 そしてまだ開封してないシューズがもう1足あるっていうね。

招待選手の肉体美にウットリ

みんな頑張れ!(C)コクハク
みんな頑張れ! (C)コクハク

 密を避けるため、参加者は複数グループ(ウェーブ)に分けてのスタート。筆者は第3ウェーブでした。

 招待選手のみなさんは、一番最初のスタート。スタート前にはフォトセッションが行われていました。みんなカッコイイ! 締まったいい体してる! 眼福、眼福♪

 この大会のキモは「最初の3キロ」なのだとか。ふむふむ、逆に考えればこの3キロさえクリアできれば流れが掴めるのかな? と思っていました。目標は2時間切り。足を傷めない限り、まあクリアできるだろうとタカをくくっておりました。

坂道が終わらない…過酷すぎるコースに悲鳴

逃げ場がない感がすごい(C)コクハク
逃げ場がない感がすごい (C)コクハク

 筆者のマラソン歴は13年ほど。決して早くはないのですが、ほぼ毎朝8キロ走っていますし、週末は15キロ以上走るようにしています。フルマラソン完走は10回。アラフォー女子としては頑張っているほうだと自負していたのですが……。

 キツイ!! の一言でした。

 まったく前に進まないのです。100メートルごとに標識があるのですが、感覚と数字が全然合わない。もう1キロ進んだかなと思ったのに、実際は100メートルしか走ってないという状態がずーっと続く。これには心が折れました。走ってるのになんで? っていうか走るとは? 足を交互に前に出せば、普通前に進むよね? なのになんで?

 さらにターンパイク箱根は一本道。見えるんですよ、ずーっと続く登り坂が。うつむけば全く進まない自分の足が、かといって、顔を上げれば終わりのない登り坂が見えるという……。絶望しかない。

 加えて、本来有料道路である場所を大会のために特別開放しているので、沿道の声援もなく、ただただひたすら黙々と走るのみ。

 こんな過酷な状況下なのに、自分以外の一般ランナーがすいすい坂を登っていくのです。70代くらいのおばあちゃまも軽々と、筆者の脇をすり抜けていきました。

景色の良さに救われる

ずいぶんと登ったもんだ(C)コクハク
ずいぶんと登ったもんだ (C)コクハク

 それでも登るにつれて、景色はどんどん美しくなっていきました。

 5キロを過ぎたあたりで、相模湾と市街地を一望できたし、

富士山を見るとテンション上がるよね(C)コクハク
富士山を見るとテンション上がるよね (C)コクハク

 きれいに冠雪した富士山も!

青空に紅葉が映える(C)コクハク
青空に紅葉が映える (C)コクハク

 紅葉もちらほら始まっていました。

 天気もいいし、絶景だけどさー。やっぱり、車で来たいよね。ドライブデートにピッタリだよね。普段ならカップルが車の中から「きゃーきれいな景色♡」とかなんとか言っちゃってるんだろうなあ。いちゃいちゃしてるだろうなあ。許せん、別れてしまえ……。

 空想のカップルに一方的に恨みを抱くくらいには疲れていました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...