錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)

コクハク編集部
更新日:2021-11-11 06:00
投稿日:2021-11-11 06:00
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入ってしまう「うっかりカレー癖」を持っています。そんな筆者を試すような「ものすごく入りにくいカレー屋さん」が錦糸町にあると聞いて、行ってみました。

え?本当にカレー屋さん?

情報量多すぎ! (C)コクハク
情報量多すぎ! (C)コクハク

 JR錦糸町駅の南口を出て徒歩約3分。こちらが「ワクワクカレー」さんです。

 お、おう……。どうみても無料案内所ですやん。いや、カレーの看板も出てるけども。完全にオトナのウフフ♡なお店を教えてくれるアレですやん。

 こちらの無料案内所を間借りして、平日昼間のみカレー屋さんを営業しているとのこと。

カレーのメニューはあるけども (C)コクハク
カレーのメニューはあるけども (C)コクハク

 カレーのメニューを記した看板が出ているとはいえ、これは確かに入りにくいっ! 学生時代の職員室の方がまだ入りやすいわ。

 入り口で怖気づいていたら「いらっしゃいませー」の声とともに、店内からコックコートを着た女性がニコニコと現れました。めちゃめちゃほっとしたのは言うまでもありません。カレーの女神かと思いました。

いざ、入店!

実は知る人ぞ知る名店なのです (C)コクハク
実は知る人ぞ知る名店なのです (C)コクハク

 こちらの「ワクワクカレー」のメニューは「岩城さん家のポークカレー」(770円税込み・以下同)と「アキールさん家のチキンカレー」(880円)のほかに、この2種類を一緒にいただける「あいがけ」(1200円)があります。

 せっかくなので「あいがけ」をチョイス。

エロエモい照明 (C)コクハク
エロエモい照明 (C)コクハク

 店内はカウンターとテーブル席だけのシンプルな作り。

 打ちっぱなしの天井とカラフルなライトのアンバランスさが、淫靡な印象でした。

カレーのご登場です!

こちらあいがけカレーです (C)コクハク
こちらあいがけカレーです (C)コクハク

 待つこと10分程度。出てきたカレーがこちらです。

 場所が場所だけに、2つのライスがオッパイに見えてきます。お椀型ですね。美乳やん。いや、ちょっと待て。カレーを食べに来たはずなのになんだこの感覚は。

 手前が「岩城さん家のポークカレー」、奥が「アキールさん家のチキンカレー」です。では早速、手前から食べていきましょう。

「岩城さん家のポークカレー」の懐かしさ

懐かしいお味 (C)コクハク
懐かしいお味 (C)コクハク

 ごろっとしたジャガイモに薄くスライスされた豚肉。辛さはまったくなくむしろほんのり甘いくらい。もったりと重量感のあるルーは、まさに「THE日本のカレー」といったところ。

 ああ、これ小学校の給食のカレーだわ。おかわり争奪戦になるやつだわ。ソフト麵と合わせてもおいしいんだよね。給食といえば、牛乳早飲みが得意だったS君元気かな……。

刺激的な「アキールさん家のチキンカレー」

骨付きチキンがコクをプラス (C)コクハク
骨付きチキンがコクをプラス (C)コクハク

 続いて奥の「アキールさん家のチキンカレー」。おっと、スプーンを入れた瞬間から、スパイスとガーリックの香りを強く感じます。まずは一口。飛び上がるほど辛いというわけではなく、じんわーりとしたスパイスの辛味が広がります。食べ進めるうちに、体がポカポカしてきました。

 具の骨付きチキンもホロホロとした食感。かなり長時間煮込んでいると思われます。

 チキンカレーの次はポークカレー、そしてまたチキンカレー……。やさしさと、スパイシーさの無限ループであっという間に食べ終えてしまいました。お腹がパンパンにならない、程よいボリュームなのが嬉しいです。

 オッパイに見えてしまった2つのライスは、日本米とインディカ米。カレーに合わせて2種類提供してくれているんですね。ポイント高し!

おわりに

 出入口の見た目に反して、とってもおいしいカレー屋さんでした。

 入るのにちょっと勇気がいるけどもね。でも、もう大丈夫! またお邪魔したいと思います。ごちそうさまでした。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...