錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)

コクハク編集部
更新日:2021-11-11 06:00
投稿日:2021-11-11 06:00
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入ってしまう「うっかりカレー癖」を持っています。そんな筆者を試すような「ものすごく入りにくいカレー屋さん」が錦糸町にあると聞いて、行ってみました。

え?本当にカレー屋さん?

情報量多すぎ! (C)コクハク
情報量多すぎ! (C)コクハク

 JR錦糸町駅の南口を出て徒歩約3分。こちらが「ワクワクカレー」さんです。

 お、おう……。どうみても無料案内所ですやん。いや、カレーの看板も出てるけども。完全にオトナのウフフ♡なお店を教えてくれるアレですやん。

 こちらの無料案内所を間借りして、平日昼間のみカレー屋さんを営業しているとのこと。

カレーのメニューはあるけども (C)コクハク
カレーのメニューはあるけども (C)コクハク

 カレーのメニューを記した看板が出ているとはいえ、これは確かに入りにくいっ! 学生時代の職員室の方がまだ入りやすいわ。

 入り口で怖気づいていたら「いらっしゃいませー」の声とともに、店内からコックコートを着た女性がニコニコと現れました。めちゃめちゃほっとしたのは言うまでもありません。カレーの女神かと思いました。

いざ、入店!

実は知る人ぞ知る名店なのです (C)コクハク
実は知る人ぞ知る名店なのです (C)コクハク

 こちらの「ワクワクカレー」のメニューは「岩城さん家のポークカレー」(770円税込み・以下同)と「アキールさん家のチキンカレー」(880円)のほかに、この2種類を一緒にいただける「あいがけ」(1200円)があります。

 せっかくなので「あいがけ」をチョイス。

エロエモい照明 (C)コクハク
エロエモい照明 (C)コクハク

 店内はカウンターとテーブル席だけのシンプルな作り。

 打ちっぱなしの天井とカラフルなライトのアンバランスさが、淫靡な印象でした。

カレーのご登場です!

こちらあいがけカレーです (C)コクハク
こちらあいがけカレーです (C)コクハク

 待つこと10分程度。出てきたカレーがこちらです。

 場所が場所だけに、2つのライスがオッパイに見えてきます。お椀型ですね。美乳やん。いや、ちょっと待て。カレーを食べに来たはずなのになんだこの感覚は。

 手前が「岩城さん家のポークカレー」、奥が「アキールさん家のチキンカレー」です。では早速、手前から食べていきましょう。

「岩城さん家のポークカレー」の懐かしさ

懐かしいお味 (C)コクハク
懐かしいお味 (C)コクハク

 ごろっとしたジャガイモに薄くスライスされた豚肉。辛さはまったくなくむしろほんのり甘いくらい。もったりと重量感のあるルーは、まさに「THE日本のカレー」といったところ。

 ああ、これ小学校の給食のカレーだわ。おかわり争奪戦になるやつだわ。ソフト麵と合わせてもおいしいんだよね。給食といえば、牛乳早飲みが得意だったS君元気かな……。

刺激的な「アキールさん家のチキンカレー」

骨付きチキンがコクをプラス (C)コクハク
骨付きチキンがコクをプラス (C)コクハク

 続いて奥の「アキールさん家のチキンカレー」。おっと、スプーンを入れた瞬間から、スパイスとガーリックの香りを強く感じます。まずは一口。飛び上がるほど辛いというわけではなく、じんわーりとしたスパイスの辛味が広がります。食べ進めるうちに、体がポカポカしてきました。

 具の骨付きチキンもホロホロとした食感。かなり長時間煮込んでいると思われます。

 チキンカレーの次はポークカレー、そしてまたチキンカレー……。やさしさと、スパイシーさの無限ループであっという間に食べ終えてしまいました。お腹がパンパンにならない、程よいボリュームなのが嬉しいです。

 オッパイに見えてしまった2つのライスは、日本米とインディカ米。カレーに合わせて2種類提供してくれているんですね。ポイント高し!

おわりに

 出入口の見た目に反して、とってもおいしいカレー屋さんでした。

 入るのにちょっと勇気がいるけどもね。でも、もう大丈夫! またお邪魔したいと思います。ごちそうさまでした。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「きんこうじ豚のロースト フォンドボー添え」週末の贅沢に!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
【つばめグリル】欲望のまま爆食いしてきた! 2022.7.5(火)
 みなさんは老舗洋食店「つばめグリル」をご存知でしょうか? 筆者は幼い頃からよく連れて行ってもらっていたので、親しみのあ...
「茶わん蒸し~コルビ風~」2層の味がクリーミーにとろける
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...