民藝って? 井浦新にナビしてもらう幸福♡ 2021.11.10(水)

コクハク編集部
更新日:2021-11-10 06:00
投稿日:2021-11-10 06:00

「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」に行ってみた

東京メトロ「竹橋駅」1b出口から徒歩3分。設計は建築家の谷口吉郎氏。東宮御所、帝国劇場も手がけているそう(C)コクハク
東京メトロ「竹橋駅」1b出口から徒歩3分。設計は建築家の谷口吉郎氏。東宮御所、帝国劇場も手がけているそう (C)コクハク

 今年の抱負は?

 達成できたためしはこれっぽっちもないのに、新年になると懲りずに掲げるのは一体なぜでしょうか。私事で恐縮ですが、ここ9年ほど「一年365日、ていねいな暮らし」を目標としていますが、案の定、実現できず、2021年も残り2カ月足らずとなりました。。

 そんな“学びのない者”の荒みがちな心を癒し、寄り添ってくれるのが「民藝」だったりします。もっか、民藝運動の父とも呼ばれる柳宗悦(やなぎ むねよし)の没後60年を記念した「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」が東京国立近代美術館(千代田区)で開催されており、急行してまいりました。

「民藝(民衆的工藝)」ってなんですか?

見どころの一つ「羽前山形の羽広鉄瓶」は要チェックで(C)コクハク
見どころの一つ「羽前山形の羽広鉄瓶」は要チェックで (C)コクハク

 民藝とは平凡で当たり前に使う品に「美」を見出す思想のこと。民藝ということばを生み出した柳らは、民衆が日々の生活に必要とする品の美しさこそが美の本流ではないのかという考えのもと、ほれ込んだ各地の民藝品を多くの人々に伝える活動をしていました。すばらしい!

 その活動は今からおよそ100年前、1920年代(大正時代)に始まりました。この企画展では、宗教哲学の思想家だった柳宗悦が文芸誌「白樺」の同人となり、濱田庄司や河井寛次郎ら“粋な仲間”と日本全国を回り、その土地土地に根ざして生きる無名の人々の手でつくられた仕事を讃え、紹介していくさまを時系列で追っているわけですが。これがまた民藝の歴史的な変化と社会との関係が貴重な品々とともに解説されていて、とても分かりやすい。

 琴線に触れるものやコトは観る人によって異なりますが、筆者は仕事柄からか、第四章の「民藝は『編集』する」というコーナーに強く感銘を受けました。柳らは民藝運動の機関誌として創刊された「工藝」を発刊し、各地の工芸品を紹介していきます。そして彼らはそれらを身に付け、“歩く広告塔”としても注目を浴びていたそう。いまでいうところのインフルエンサー? その発信力とアイデア、漲るパワーがガンガン伝わってきます。

ナビゲーターは俳優の井浦新さん!

柳宗悦が実際に使用していた机や椅子を配した「書斎」は撮影OK(C)コクハク
柳宗悦が実際に使用していた机や椅子を配した「書斎」は撮影OK (C)コクハク

 美術館や博物館などでは音声ガイドも楽しみのひとつですが、同企画展のナビゲーターは俳優の井浦新さん。吉高由里子さん主演の話題作「最愛」では弁護士役を演じ、持ち前の演技力をいかんなく発揮されていますが、美術や歴史に大変造詣が深いかたでもありますよね。Eテレ「日曜美術館」のキャスターを長らく務め、「じゅん散歩」にゲスト出演した際には子どものように目を輝かせながら、はにわの魅力について力説する姿はチョーかわいらしかった(笑)。

 そんな井浦さんのナビに導かれるように鑑賞すると理解が深まり、より多くの知識が得られるかと。ここはぜひ音声ガイド(600円)を借りて、井浦さんに“教えてもらいながら”鑑賞することをオススメいたします。

 平日午後に訪れたのですが、感染対策で入場規制がなされていることもあり、過度な人混みはなく、2時間かけてゆっくりと回れました。が、気が付けば閉館の15分前……。同時開催の「MOMATコレクション」も同観覧料(一般1800円)で鑑賞することができたのに、あえなく“タイムオ―バー”となってしまいました。残念!

鑑賞後はお買い物タイム♡

戦利品のロックグラス(8800円税込み、フンパツ!)でゆるゆる酔ってみる(C)コクハク
戦利品のロックグラス(8800円税込み、フンパツ!)でゆるゆる酔ってみる (C)コクハク

 それでも駆け足で特設のポップアップストアをチェックし、小ぶりなロックグラスを購入しました。

 美術館の外に出ると、あたりはすっかり真っ暗。お堀に沿って有楽町方面まで散歩しながら帰ったのですが、ひんやりとした夜風がまあなんとも心地よく。

 そして懲りずに、2022年の元旦には少しずつ集めている民藝品に囲まれ、「一年365日、ていねいな暮らし」を抱負に掲げちゃったりするんだろうなあ、ワタシよ……(苦笑)。

 同企画展の会期は22年2月23日まで。ご興味のあるかたは足を運んでみてはいかがでしょうか。空気の澄んだ季節、天気のいい日は皇居付近のお散歩もセットでどうぞ。

(編集O)

東京国立近代美術館
address:東京都千代田区北の丸公園3-1

※「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」特設サイトはこちら

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...